• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
やっぱり引き裂かれているのは、『文芸部は眠らせない』と『百瀬探偵結社綺譚』で、参照する文献も、思考法も全然違うということです。いやー、作者としてはきついっすよ、かなり。で、次に更新するのは文芸部の方になる予定です。ちょっち時間かかりそうだけどねー。よろしくだよー。ひっさしぶりに西洋哲学な本読んだりして、ウォームアップしてる。百瀬探偵結社綺譚の方は、頭の中で育ててる。どうなるか、まだわかんないな。この物語、別に怪異譚てわけでもないので、違う方向にも向かいたいかなぁ、とは考えてる。今日、これからシャワー浴びて仕事場に行って、帰宅後、なにか執筆できたらいいなぁ、と考えています。うひー。連載滞るって、ヤバいよなぁ、と。無責任なひとみたいに感じる。でもまあ、頑張るんで。いや、頑張ればいいという問題でもないのだが。だが。だがだがだが……。文芸部、6月に更新してしばらく休んで、8月に2話くらい更新して、それが続き物で、それを書いてない、という状態なので、そりゃまずい、ということで、話をキリのいいとこまで持っていこうと考えています。やっと、「夏休み編」が始まった、というところだからね。物語としても読めなきゃならない地点ですよ。人物がいろいろ絡み合ってきてね。しばらくは文芸部に力、入れようかなぁ。とにかく、楽しく執筆がしたいです。では、今はここで筆を置いて、シャワー浴びますかー。

2020/09/21 07:10

今日、更新の2020年3月10日の珈琲フロート・ダークリー【アーカイヴ】、読んでみたら「だいしゅきホールド」論争を語っていて、大爆笑してしまった、自分で。全く、もう。僕はだいしゅきホールド大好き侍ですよ!! 「おっさん、なに言ってんや」って感じなので深くは語らないが。忙しくなって「小説書けないよー」と思ってたら、書いてた、小説を! 連載が滞っているだけやで、自分。今月は『NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「恋愛小説」』書くって決めているので、すべては保留中なのでした。パワーアップして『文芸部は眠らせない』とか、書きたいですなー。来月もどうせお題小説のコンテストあるだろうし、あまり飛ばして書かないで、連載との兼ね合いも考えようと思います。その前に、自分でも読み直しだなー。やっと涼しくなって、気持ちいいんだけど、力が尽きて。今、サロンパスめっちゃ貼ってる。今日は朝まで作業してから、仕事に行こうと思います。

2020/09/20 23:23

『NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「恋愛小説」』も、僕はついに四作目を投稿しました。『ずっと雨の夜でいいのに』というタイトルです。今回はまっさらな新規キャラクター二人によるストーリー。もちろんガールズラブです。GL書くのたのしー!! やっぱ百合は最高ですよね。今回はちょっとアダルティなストーリーになっています。まあ、たまにはいいかな、って。そして、昨日のこの『珈琲フロート・ダークリー』の内容なんですが、漫画雑誌の某編集者さんが僕がV系を総括した話を聴きたいとおっしゃるので、書いてみたものです。褒められたので、よかったよかった。褒めてくれた部分は、zilchを起点に書いたことと、昔だったらV系が担っていたことの一側面を、今は2.5次元演劇(イケメン舞台)が担っている、ということに関してでした。その編集者さんが先に書いたV系の論考は、バンド名がたくさん出てくるタイプの論考だったので、僕からはもうちょっと、軽くなるように、固有名詞をあまり使わないタイプの論考に仕上げました。それにしてもここ数日の僕はアクティヴだったなぁ。今日は仕事でした。5連勤です、普通に。4、5日は、早朝仕事もあるので、気をつけねばなりません。今日も、もう眠いです。アニメでも観ながら眠ろうかな、と。Web小説も読みたいのですが、うーむ、眠い。読むだけでも大変だが、特にこの眠さでレビューを書いたらヤベぇな。あ、あくびしてたらちょっと眠気回復。どーすっかな、これから。

2020/09/19 18:04

深夜帯にV系について語りました! 

以下はそのツイートです。



成瀬川るるせ


ROCKIN'ON JAPANではじめてビジュアル系が掲載されたのは記憶によるとhideの生前最後のインタビューで、zilchを結成してマリリン・マンソンと対バンやる予定があったとき。マリスミゼルを大きく取り上げた最初はクイック・ジャパンでした。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

〈バンドの醸すストーリー〉を見せたい部分があるV系は、ロキノンとの合流で、醸したものでなく〈バンドの結成からのストーリー〉を語りだし人間味を出しはじめる。ラルクとか。一方、クイックジャパンのようなサブカルにも対応出来るバンドだってあったわけです。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

それでも、ロキノンで一万字インタビューなんかするようになって、バンド雑誌バンやろでキッズたちのアイドルになってシグネイチャーのギター売る方向とは別のルートができたのは事実。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

そのV系の偶像は剥がれるメッキだけど、メッキを〈ネタとして〉出す風潮がバンド側にもファン側にもいつの間にか出てきたように思います(その後継はイケメン演劇、イケメン舞台だと僕は考えます)。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

関係者に聞いたらV系は内部事情はかなり体育会系で、上下関係が厳しかったらしい。でも、ネタとして消費されるに足る方向性、お茶の間だったり、逆に演劇性だったりを強化していくことで、(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

バンドマン特有の体育会系とは違う意味での体育会系、つまり〈芸能人化〉をしていったようにも思えます。クスッと笑えるような。それは世間一般に認知されたことと同義で。V系の〈種族としての〉牙が抜かれたのかもしれない。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

今は、ビジュアル系の雑誌SHOXXは休刊しました。先鋭的、尖ったパフォーマンスが世間と迎合してしまい、アングラで尖った小劇場演劇系の劇団を追うのと同じような快楽を提供できなくなったのかもしれない。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

「V系に音楽性なんてない」と言われた時代から、逆に今は「V系の音楽性だけが残ってしまった」時代になってしまい、ビジュアル自体は〈添え物〉や様式美として残ってるのではないか、と。(つづく)

成瀬川るるせ

@rulerse

·

11時間

それは90年代に出版社が主導して〈J文学〉というのを売り出したその顛末と、どこか似ているようにも思えるのです。(おわり)




2020/09/18 15:12

昨日は、土浦のIMAXの映画館に行き、映画『インターステラー』のレイトショーを観てきました! IMAXということで大迫力だったし、ストーリーはやっぱ最後目がうるうるしてしまいました。『2001年宇宙の旅』を理系SFにして重力と多次元(高次元)なんかの力を加えると出来る映画、と言わんでもないが、そこに家族愛などの愛と、孤独のお話が絡まって、極上のエンタメになっていました。よかったよぉー。

友達の自動車で土浦まで行ったんだけど、片道三時間くらいかかりました。帰ってきたのは午前一時半。ほうじ茶ラテ飲んだり、スタバでアイスコーヒーを「ベンティ」で頼んだり、おろしロースカツを食べたり……。気合いは充電出来たので、朝起きたら頑張ります!!

2020/09/17 03:47

映画『プロメア』を、友達の家のホームシアターで観てきました!! 大迫力でした!! 帰りに『プロメア』のBlu-rayを借りてきましたよ。帰宅後はiPodにプロメアのサントラを入れました。めっちゃ観直したいと思います、プロメアを! 塞ぎ込んでいたので、気晴らしにもなって、観てる間にNOVEL DAYSにレビューもいただき、回復しました。ありがとうございます。ホームシアターでプロメアが最高だったので、今度家で借りたBlu-rayを観るときはストーリー精査していこうと思います。ああ、もう、最高だったのですよ、プロメア。プロメア観るとプロメアの話しか出来なくなるという、この状態で、駆け抜けたいと思います。さて。今から眠ると仕事行けなくなるので起きていようと思います。アイディア降ってこないかなぁ。あ、今、そういうわけでプロメアのサントラを聴いているのでね。聴き終えたあとに動こうと思います!!

2020/09/15 21:50

おはようございますの時間帯ですな。今日は涼しい!! そして僕は喋りすぎた。地味に『るるせミキサー計画』更新しましたよー。「第29話 のがさないように」です。即興で深夜、曲をつくって字幕動画を作成しました、超高速で。今回はそのお話です。もう29話なんですねぇ。よく続いたもんだ。下手の横好きとはまさにその通りで、曲をつくるの、大好きなんですよ、曲とは言えないかもしれないけども。とはいえ、今日は休日で涼しいので、執筆に時間を費やしたいところです。作曲モードから執筆モードに戻るの、これがまた大変なんですよね。頭の切り替えをしっかりしなくちゃ。昨日は仕事、眠くて仕方なかったです。蚊に刺されるし。むしろ今頃の方が蚊に刺されること多いんだな、と思った次第です。小説のアイディア、今現在、頭が真っ白でなにも浮かびません! そんな感じで、今日もゴー!!

2020/09/14 06:43

『NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「恋愛小説」』、三作目『わたしだけが貴女の騎士でありますように』を、投稿しました。えーっと、あと少しで9/13だから……まだ時間はありますね! 諸々の合間を縫って書いていきたいです。今日は、投稿したあとに仮眠して仕事に行ったので、眠かった一日でした。帰ってきて、眠ったのですが、1、2時間で目が覚めて、今、こうして珈琲フロート・ダークリー書いてます。

Twitterでの宣伝用カード、久しぶりにつくりましたよー。これで終わりにはならない予定なのですが、まあ、つくっておこう、と。こういうの、つくるの、楽しいよね。僕は楽しい。関係ないけど、今、ROUND TABLEのAppleMusicプレイリスト聴きながらこれ書いてます。いいね! いい! すごくいい!! あ、日付が変わった……。うっひょう、頑張るぜ。さぁて、今日の仕事をこなしたらまた書けたら書くぞー。おー。

2020/09/12 23:30

『NOVEL DAYS × tree 2000字文学賞「恋愛小説」』ですが、昨日2作品投稿して、正攻法で書いた小説自体が久しぶりだったので、勘を取り戻したような気分になりましたねぇ。週末なので仕事は建物の中の作業や接客などに戻るので、疲れて書けないかもしれないけど、できれば、書けるうちに次の投稿もしたいと思っています。そういえば、『百瀬探偵結社綺譚』て、現在5000PVもないのですよ。気合い入れすぎてしまったかもな、と少し反省していたりもしてます。いや、5000PVって僕にとっては凄いけどね! 前にまきえ肴さんと話したんだけど、サイトがなくなっちゃったら元も子もない、というか、僕ら自身(ノベルデイズ民)としても、サイトが活性化することが大事だよねー、って話だったんだけど、ほんと、僕もNOVEL DAYS以外にはほとんどいないし。頑張らなくちゃな、と思ったのでした。

2020/09/11 22:15

2000文字恋愛短編のコンテストに2作品、エントリーしました! 一般小説の『愛されキャラは誰かしら』と、チャットノベルの『「乗り遅れたのです」』の2作品ですよー。久しぶりにみっしーやコノコたちを書けて楽しかったです。これで終わりにしないで、月末が締め切りなので、まだ書こうと思います。いや、編集部としてはきっとキャラ物よりも文芸テイストのものを欲しがっているんだろうけど、今後どういうの書いていくかはわからないです、自分でも。そういうわけで、今日投稿の2作品、よろしくお願いします。こういうタイプの作品も、今後は増やしていきたいです。そうそう、数年ぶりに百合作品を書いたよ、ということでもあるのです、今回。僕、百合作家だ、ってことを自分でも忘れていたような感じです。あ、去年の年末はモダン天鵞絨で百合長編書いたか。でも、恋愛ではなかったからなぁ、あの作品は。今日の2作は、百合ですよー。恋愛と言えるかは……うーむ。恋愛の小説コンテストだから恋愛だけどさ。でも、ちょっと変化球かなぁ。直球を投げつけたい気持ちもありつつ、でも、どうだろうなぁ。僕は僕なりに書いていきますね。締め切りまであと20日ある! 頑張るぞー。

2020/09/10 12:55

と、いうわけで。レビューの返信を転載です。





皐月原圭さん、レビューありがとうございます



丁寧なレビュー、ありがとうございます!! これから僕がどう動けばいいかの指針にもなりました。この作品の前半、「柳下鬼女の怪」と「玉藻香炉」は、(今はなくなってしまったのですが)友人たちと〈電子文芸部〉というslackを使ったグループを結成、そこでの〈企画小説〉として書かれたものだったのです。だから、実際にいる作家さんの名前が、この二話には何人も登場します(特に旭山リサさんのその後の活躍はめざましく、日本チャットノベル大賞を受賞することになります)。その二話のあと、企画から独立して小説を連載していくにあたり、考え抜いて方向転換し出来たのが、中盤からのストーリーです。この作品の舞台化……ぜひ、していただきたいものです。オファー、いつでもお待ちしております! と、いうのも、僕は高校時代、演劇部だったのです。県3位になりました(2位までが関東大会に行けて、3位の僕らは県大会で終わりました)。演劇部で「読み合わせ」とエチュードを重点的に行った経験が、僕の大きな宝物になっています。小劇場演劇、大好きでした。ひょんなことから歌舞伎町のコマ劇場で働くことになった僕は、同じ建物にある演劇集団キャラメルボックスの方々と鉢合わせすることが何度もあり、舞台袖から捌けてエレベータを使って違うところから出てくる演出のときのそのエレベータに、息を切らせて女優さんが乗ってきて、僕と二人きりになったときなどはドキドキしたものです(笑)。そして圭さんの「一杯飾り」の演出方法の提案、熱く感じました!! 舞台にできるだけなにも置かない美学もあれば、転換をなくすために舞台全体に飾り込んだ舞台装置をつくる美学もある!! そういえば、言及のあった「劇団☆新感線」ですが、見方によっては僕のこの作品、「いのうえ歌舞伎」の影響を受けてそうですよね。と、意図せずして小劇場演劇〈第四世代〉の話になりました。書きたいことはたくさんありますが、それはまた次の機会に!! 研究すべきものがたくさん見えてきましたよー! 頑張ります。これからもよろしくお願いします!!


2020/09/08 22:08

今日はつぶやく奴で「とてもつらい」と書いてしまい、すみませんでした。そしてRTなど、ありがとうございました。思いやりに涙が出そうでした。少しメンタルがヤラれていたのですが、眠ったら回復しました。弱音吐いてないで頑張らなくちゃ、と思った次第。レビューをもらって、課題が見えてきました。ああ、お返事書かなくちゃ。次、どう動くか、そこから考えている。おなかが痛い。最近、NOVEL DAYSでもヘヴィーなこと多かったからさ、体力を殺がれてしまっていました。ひとのせいにするのはよくない。僕も悪いよ。前に進まなくちゃ。いまのところ、執筆をしていない状態。なにか、書きたいです。

2020/09/07 22:51

帰宅。集中が途切れるのでなにもできない。昨日、デレステで杏の新衣装のガシャが出たので、杏ちゃんをお迎えしました。今の編成は、杏、りあむ、森久保、志希、桃華、というメンバー。『鳥の詩』とか『Tulip』とか、プレイしてますよ。楽しい。昨日は『文芸部は眠らせない』の「第104話 恐るべき子供たち【第一話】」を更新しました。また、『百瀬探偵結社綺譚』も、次回、ダキニ編が最終回です。明日、更新ですので、よろしくお願いします。文芸部、今のお話が終わったら百瀬の方の執筆に戻る感じになると思います。意外と大変なんですよー、時間の使い方。そりゃ誰でも同じといやそうだけども。重く動いて行くしかないのがかなしいです。が、ゆっくりですが、執筆していきますからねー。焦っているのはほかならぬ作者だけなのかもですが。

2020/09/06 17:28

仕事の帰り、ボールペンを買ってきました。uniのジェットストリームっていうのを愛用しているので、それを。コンビニに置いてあって良かった。ボールペンで、本に付箋を貼った箇所を写し書きしたり、構想を練ったりネタストックしたりしてますよ。ジェットストリームは、僕が大怪我をして入院していたときに差し入れで雑記帳と一緒にもらって使い始めたのが最初で。書き心地がよくて、裏移りしない。そして、シェア的にも大きいので、どこでも売ってるっていうのが、魅力だったりする。そんなわけで使ってます。次の『百瀬探偵結社綺譚』は、さらにヘヴィーにしたいなぁ、と思っています。今やってる「南方に配されし荼枳尼の法」は、あと二回で終わるから、次も考えなきゃなぁ、と思っています。『文芸部は眠らせない』、準備が整ってなくて、それを言うと百瀬探偵結社もそうなんだけど、ゆっくりやっていくしかないよね。


では、昨日の僕のツイートから抜粋。


江戸時代、朱子学のフィールドでは孟子を学ばせないようにしていたそうだ。何故ならば孟子は庶民のための思想で、要するに革命思想なので学ばせるとお上にとって不都合が生じるからなのであったという。あと、今でも論語の本は売れるけど孟子は全く売れないそうな。

午後5:57 · 2020年9月3日·Twitter for iPhone


ヘーゲルが「カントを乗り越える」っつって頑張って、その後出てきた現代思想の奴らが今度はアンチヘーゲリアンになった、っていうのがあるけど、結果派大事だけどその試み、心意気を買って欲しいよな。古いとか新しいとか、そんなインスタントなもんじゃないわけ。流れだけ見ると逃すものがある。

午後6:10 · 2020年9月3日·Twitter for iPhone

偉そうなこと書いてしまったけど、思考法や方法論、使えるのたんまり蓄積されていってんだから、使えるものは使いたいと僕は思う。


批評なんかありがたいわけねーだろ。こちとらWeb作家だぞ。邪魔にしかならないと自分でも思うしたくさんの方から小説書くのに批評を覚えると邪魔になって書けなくなるよ、って言われつづけて、実際にプロになってく奴は大抵感覚と気分で書いてる。あきらかにありがたくない。

午後6:41 · 2020年9月3日·Twitter Web App



2020/09/04 16:33

病院から帰宅しました。Radioheadを弾いていこう、と思った次第です。身体ボロボロじゃき。治していかねば。小説、次に移るまで、時間が欲しい。だいぶ悩んでいる。読んでくれる読者さんのおかげで、僕は生きています。が、読んでいただいているんだ、こっちも本気ださなきゃ! と思うわけです。歌でもうたいながら、小説を書いていきます。写真は自作のコード譜。

2020/09/02 18:39


体力が限界を迎え、もうダメだー、と思って、旭山嬢に「精力的に執筆し続けるコツは?」と尋ねてみたところ「歌う」との返答が返ってきて。なるほど、と思った僕は愛機のひとつ、タカミネのエレアコをハードケースから取り出し、ジャカジャカ弾きながらRadioheadの『Creep』を歌った。元気が出た。アレだ、たまにはギター抱えて歌わなきゃダメだ。弾いて歌ったらすっきりしたよ。久しぶりにギターの練習、したくなりましたよー。で、写真は、そのタカミネ。ステッカーがたくさん貼ってある。側面にはアーバンギャルド、ガルパン、ゲンロンのステッカー。全面には奥田民生とフジツボマシーン(いとうのいぢ)ステッカー。このギター、高校卒業と同時に買ったから、ずいぶん長い付き合いになる。これはこれでもう年代物だ。どうも、材質に使われている木が伐採禁止になっちゃったとかで、新品でのこのモデルはつくられないそうだ。オベーションと比べて、当たり外れが大きいと言われているタカミネだが、弾き込んだからね、良い音は出るようになってるよ。当たりの一品だね。

2020/09/02 02:04

今日は涼しい。気が抜けたのか、なにもやる気が起きない。ずっと眠っていたい。限界だよー。夏、大変だった。こんなにボロボロになるとは思わなかった。疲れたなぁ。どうすればいいのかな。もう体力が残ってないや。眠って過ごそう。僕は結局はなにも成し遂げられずに死んでいくのかな。つらいな。

2020/09/01 09:13

遠い異星の革命の魔女

と、いうわけで、書いたファンレターからの抜粋です。


遠い異星の革命の魔女


この作品は、SFファンタジー作品である。神学的なSF的設定で世界観が出来ている。その上で、ダークファンタジーである。ファンタジーは大別するとハイファンタジー、ロウファンタジー、ヒロイックファンタジー、ダークファンタジーの四つがあり、ファンタジーのサブジャンルの人気はその四つをぐるぐると周回することになる(なお、ロウファンタジーとは僕、成瀬川るるせが書くタイプの作品などを指す)。その中の、正真正銘のダークファンタジー。ただ、そのSFやファンタジーというのはカテゴリでしかない。とよねさんの描く小説の特徴は、世界観を踏まえた上で〈末端/現場〉を丹念に描くのに重きを置くという点にある。設定も世界観も練り込まれているので、上層の諍いで終始しても小説は成り立つが、とよねさんは〈市井の人々に寄り添った〉視点の描写をしつつ、且つ、彼ら彼女らは各々〈ハードボイルドな価値観〉でその世界を時に残酷にサヴァイヴする。この、作者の視線・目線をロバート・A・ハインライン風に呼称すれば〈月は無慈悲な夜の女王〉となるだろうか。男性の僕が読んでも登場人物に痺れるのは、人物同士のやりとりの軋み合いが、最高にポリフォニーを奏でているからだ。文学は人間を描き、SFは人類を描く。この作品は、SFでありファンタジーであり、同時に文学である。信念を持った理想主義の作者は、モノローグでも十分通用しそうな強度(インセンシティ)を持ったこの作品群を、パイプオルガンのように重層的に、しかし冷徹に奏でる。未読の方は、ぜひとよねさんのアースフィアシリーズに触れてみて欲しい。

2020/08/31 21:26

映像作品を僕はほとんど摂取していないため、映画なども観よう! と思ったのです。観てないアニメもずいぶんたまっているし、海外ドラマも中途半端なので、気合い入れなきゃなぁ、というところです。そのために環境を揃えたりしたのですよ? 観ていくのだー! 僕はなにか一点突破で詳しいわけでもなく、だらだら小説を書いているのですが、なんかね、それはコンプレックスだな。まあ、だらだら頑張りますよー。昨日は夕飯食べてすぐに眠ってしまった。眠かったのだ。で、こんな時間に起きてる。今日は歯医者だ。体力を使うからな、気をつけなくちゃ。僕、かなり迷走してる。「おまえはなにがしたいんじゃ!」っていうね。おっと。宣伝を。『文芸部は眠らせない』の「第103話 視野狭窄」を投稿しました。夏休み編が、始まります。よろしくです。って、内容、そんなに変わらないと思うけども(笑)。

2020/08/31 01:15

水着殺生院さあんと水着アビーちゃあんを手にした僕は、マギレコにも課金し月夜さあぁんの魔力を最大解放し、ふはははははあああああああああああ、ああああああああああなにやってんだああああああああああ!!!!!!!! と苛まれているのでした。だいたいそんなにソシャゲ出来ないよぉ。と、いうわけで帰宅しました。あー、疲れた。今日は友達が仕事場に遊びに来てくれました。うっれしいいいいいい!! すっかりしゃべログを住処としている僕ですが、そんな奴はほかにいるのだろうか。いないような気がする。仕事場、資料館なんでね、来てもらえると嬉しいものです。今日は早く眠ろう。明日も頑張ろう、と思ったのでした。って、めちゃ日記ですな。はい、これは日記なんですよー、でもたまにエッセイが入るから注意ですよー。あと、ついったぁには極力いないで、こっちに書きたいのですよ。数日前、URLのリンクが張ってあるツイートはあまり読まれず、ページ移動をしないで済ますひとがほとんどだ、って記事を読んで、そうだよなぁ、と思って。この隠れた場所に僕はひっそりといます。いやはや。

2020/08/29 16:56

プロフィール

NOVEL DAYS → https://novel.daysneo.com/author/rulerse/
Twitter → @rulerse
...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

アーカイブ

ページトップへ