• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
皆様、ありがとうございます、今後もよろしくお願いします!

皆様、遅ればせながら、今年も『淳虎』さんをよろしくお願いいたします。

それでは、またご一緒に冒険の世界で遊びましょうね。


ごきげんよう。

うん。

と、いうわけで、『淳虎』は、これからも、『地味な作風』ではありますが、ひそかに活動をつづけていきたいと思っておりますので、皆様、よかったら、見守ってやってください。

それでは、また、作品と、この『小部屋』でお会いしましょう!

そうですねー、やはりたまには、こちらで皆様でおしゃべりをしましょうね。

いろいろな活動方針の告知などもありますし。……ということで、彪君、今回の終わりのごあいさつをお願いします。

でも、やはり、この『小部屋』に来るのは、私は楽しいです!

時々は、呼んでいただきたいです。

……という、今後の方針みたいなものを、告知したかったわけね。

久々に俺たちを呼んだのは、そういう理由か。忙しかったのがひと段落したということでもあり。

ま、そんなわけで、『~Age13~』シリーズの改稿ができ次第、徐々にアップしていこうと思っておりますよ。まあ、読んでくださる方がもしいらっしゃれば、とてもうれしい、という感じで、ですが。
……こういってはなにですが、私もそんな気が・・・・・。
それは言えるかも……。

そうなのです、どうもあの方には、個性が、マイペースさしかなくて、作者である私自身も、『何考えているんだろう』という男なのですよ。あの方の内面だけは、さっぱりです。

でも、あの性格から考えて、暗い過去とかはなさそうですなー。

ナイトさんの話だけは、なにも思いついていないんだよね、淳虎さん。

ご心配なく、暎蓮様。暎蓮様のイメージを壊すような作風にはしないつもりですので。

そんなことより。

な、なんだか、恥ずかしいです、……と、いうより……。

心配です!

そうです。この前、みそぎの途中で、唐突に思いついたのです。

暎蓮様の内面をも書いてみたい、と。

王音様の話は、実はまだストーリーが思いついていないのですよ。断片的なシーンだけで。

えっ?

わ、私の話、ですか?

王音姐さんのスピンオフもあるって言ってたけど、それより先に、お姫様の話を書きたいんじゃなかったっけ?

彪君と扇賢様、もはやどっちが主役なのかわからなくなってきましたなあ、本当に。

でも、ま、いずれこの二つのシリーズは、一体化する、とは、以前にも申し上げたと思いますが。

……あんた!

俺で遊んでいるだろう、絶対!!おかげで俺は扇様に……。

彪君が『仰向けに気絶する』シーンは、もはやこのシリーズにはつきものですからねえ。でも第1作目には、そんなシーンは入れていないので、ご安心を。……改稿途中の、今の段階では、ですが、ひひ。

な、なんでもないよ、お姫様。

……淳虎さん!!あんた、あれ、どう責任取ってくれるのさ!改稿後のほうがひどくなっているじゃない!

ページトップへ