プロフィール

初めまして。淳虎です。

ライトノベルではない、一般文芸ファンタジー小説を書いています。ちょっとした摩訶不思議と、アクション、バトル、ロマンスを盛り込んだ、エンターテインメントとして楽しめる作品を書いていきたいです。
そういう作品がお好みの方は、是非、宜しくお願いいたします。

今回こちらのサイトに載せた作品は、既に書籍化されている(アマゾンで『淳虎』と検索していただけると嬉しいです。ゴマブックス様とサグーワークス様のキャンペーンで、佳作を受賞しました。)『玉雲国物語(第2作はまだ出版未定ですが、第1作の改訂版も書いてあります)』のスピンオフ作品です。今回の主人公『彪』は、この作品の第2作目から出てくる予定なので、『玉雲国物語』の続きが出たら、是非そちらもよろしくお願いします。

コメント、感想などいただけると、励みになりますので、いただけたら嬉しいです。
今後も『天地界』シリーズ、頑張って書き続けます!ありがとうございました。

サブキャラクター

白点 彪
『天地界』、『玉雲国』の宮廷『巫覡』。13歳。
強力な『術』を使える、『術者』。素直で、明るく、かわいいが、ちょっと大人っぽいところもある。憧れの『お姫様』、暎蓮を守ることに一生懸命。

甦 暎蓮
『天地界』、『玉雲国』の『巫覡』の最高位、『斎姫』を務める、王妃。24歳。
『傾国の斎姫』と呼ばれるほど美しいが、世間と隔絶されて育ったため、まだ精神的に子供。周りの男性をことごとく惹きつけているが、夫の扇賢一筋に愛を注いでいる。彪が大のお気に入りで、いつも一緒にいたがっている。

桐 扇賢(とう せんけん)
十七歳。暎蓮の夫にして、『玉雲国王』。若いが、統率力があり、常にリーダーシップをとるタイプ。しかし、単純な性格でもある。生涯の女性は暎蓮一人と心に決めている一途な面も。
剣技、格闘技が得意だが、半面、音楽や舞楽など芸術を好む一面も。彪を弟分としてかわいがっている。

関 王音(せき おういん)
二十代後半。扇賢のもと・師で、宮廷武術指南役。『天地界』中に名の知れた武術家で、抜群のプロポーションを持つ美女。

ウルブズ・トリッシュ・ナイト
二十代後半(王音よりは年下?)。
扇賢のしもべで、『玉雲国』唯一の『騎士』を名乗る。人間界の西方の出で、今でも彼の地を熱く愛している。暎蓮に懸想しており、扇賢と彪とは、友であり、またライバルでもある。マイペースな性格。

作品

ページトップへ