ドリームキャッチャー

ドリームキャッチャー2
6/20に見た夢


悪夢ではないのですが、妙に具体的で記憶に残ったので、書き留めておきます。


ーーーーーーーーーーーーー


一人称視点(視点人物はわたし)

どこか大きな座敷にいる。温泉施設の無料休憩用の大広間のような場所。

となりに中年の男性がいて、わたしはそのおじさんに本を手渡す。

表紙には『鉱山(ヤマ)の社会史』と書かれている。

おじさんが本を開くと、見返しにびっしりとメモが書きこまれていて、おどろいた。

「図書館で借りた本だから書き込みが……」とか、わたしが言っている。

本を読み始めたおじさんは、うなずいたり、「そんな事件あったか……?」とぶつぶつ言いながら、真剣な表情で本に没頭していた。


そのとき、隣の部屋から大音量の歌謡曲が聞こえてきた。

隣の大広間では、「徳光和夫トークショー」が始まった様子だ。

わたしは音漏れがうるさいと思いつつ、「徳光さんって歌もお上手だったんだなぁ」とかおじさんとのんきに話している。

しばらくすると静かになり、歌謡ショーからトークタイムになったようだ。


こちらの部屋ではラジオからJ-WAVEの番組が流れている。

わたしはそなえつけの大きな木製の棚のなかにある木材(棚板の一部?)をあれこれ組み替えたりしている。

わたしの足元にスプレー缶やマジックペンがばらばら散らばっていて、「これらも持ち帰んなきゃ」と、リュックサックに詰め始めたところで暗転。



ーーーーーーーーーーーーー

【考察】

目覚めてから思ったのは、徳光和夫トークショーってなに? ということであった。

思い返してみると、テレビで「徳光和夫さんのトークショーやります、観覧ご希望のかたは……」というCMを見た覚えがある。

テレビCMって基本的に聞き流していて、真剣に見ているつもりはないが、こうやって記憶に残っているものなのだなぁ。


夢に出てきた本は『芦別 炭鉱〈ヤマ〉とマチの社会史』という本が元ネタだと思う。

最近、読友さんの口コミを読んで、読みたいと思っていた本だ。

じゃあ、夢の中に出てきたおじさんは誰なんだ?

話しぶりから鉱山出身者っぽい感じであった。


そう言えばだいぶ前に、松尾鉱山資料館に足を運んだとき、閉山前の松尾を知るという男性がちょうど来館していた。

かつて日本中にあった鉱山は、1970年代までに多くが閉山し、そこで働いていた大人たちやその子供たちは、全国に散らばっていったらしい。

松尾鉱山資料館の一室では、かつての「鉱山の子供たち」が年輩になってから再び松尾を訪れた様子が記録されている。来館者が記帳するノートには、「すべてがなつかしい。ヤマこそがふるさと」といった熱いメッセージがたくさん綴られていた。

歴史を学習する資料館というよりも、思い出のメモリーを保管しておく場所という感じで、同窓会的な独特の雰囲気があった。


松尾鉱山跡地は廃墟アパート群が有名で、映画やドラマで廃墟の映像が使われたり、廃墟マニアが勝手に足を踏み入れてはネット配信している。

しかし、鉱山出身者にとっては、そこは単なる廃墟ではなく、思い出の家なのだ。その資料館に来館していた男性も、思い出のエリアに行ってみたが、そこはすでに建物が取り壊され、更地になっていたと言っていた。

全国に散らばった鉱山出身者が、どんなライフヒストリーをたどったのか、書いてある本があれば読んでみたいと思ったのだった。


すっかり忘れていたけど、そういう記憶の断片が、『芦別 炭鉱〈ヤマ〉とマチの社会史』という本の口コミを見たことがきっかけになって思い出され、夢に出てきたのかな。


2024/06/22 10:58

ドリームキャッチャー1

わたしは朝起きたとき、夢の内容を覚えていることが多いです。

夢の話をすると、夫は自分が見た夢の内容を覚えていないと言います。


夢というのは、脳が睡眠中に断片的な記憶を整理しているのだそうです。

脳がディスクデフラグしているのですね。

なので、悪夢でも良い夢でも、そこに意味を見出すのは不毛なことなのだとか。


とは言え、悪夢を見ると、どうしてだろうとつい考えてしまいますよね。

ネイティブ・アメリカンの文化で、ドリームキャッチャーは悪夢から守ってくれるお守りです。

「ドリームキャッチャー」と題して、網目に引っかかった夢を書き留めておきます。



ーーーーーーーーーーーーー



三人称視点、映画を見ているような夢。(自分は登場しない)


ある獣医師のもとに見知らぬ少年が来る。少年は慌てている。

少年はじつは犬。

犬が人間に変身していたのだった。ライカンスロープではなく、完全な人化。

一緒に連れられて、獣医師は少年の家へ行く。

そこには飼い主夫婦が住んでいた。

家の中に入ると、老夫婦は二人ともすでに死んでいた。

死因は外的なもの。首を切られた?

気が付くと少年の姿も消えていた。犬に戻った?

獣医師は病院に戻り、友人の警察官に連絡する。

それから遺体を思い出して、ひどく嘔吐する。

【暗転】


朝起きて鏡を見ると、眉間にしわがくっきり。

今夜は良い夢を見たい。


2024/02/18 20:42

プロフィール

ロシア文学が大好きです。 2012年2月からロシア語を勉強しています。

NOVEL DAYSで活動中です。
...

更新中のテーマ

完成テーマ

アーカイブ

ページトップへ