創作

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
このところ、よく二足のわらじとか、二刀流とか言われるんだけど、実はちがうんです。僕の前職は、服飾のアトリエ主催。洋裁も出来るので二刀流じゃないよ、というかそっちで大成したかったんだけど……という話で。

ぶっちゃけ換金性の低いものなら、他にもまだ特技はあるのです。それがたまたま、ジャンルが隣接していて複合すると換金出来そうな「イラスト」と「小説」がたまたま今はピックアップされているだけで、将来どちらも無用になれば、別のスキルを換金することになるかもしれません。

芸はいくらあっても、換金出来ないものは持ち腐れです。でもそういう持ち腐れなスキルというのは、誰でも多かれ少なかれあるんじゃないかと思うわけで。

たとえば、僕からしたら自動車運転や乗馬もスキルなら、農業や木工、魚の調理もスキル、複雑な折り紙とか書道、歌唱、ひよこの雄雌見分けるのも皆スキルなわけです。そしてその多くは、数ヶ月~数年の訓練期間で身に付けることが可能なものも多い。

洋裁もそうだし、デザインやライティング、イラストなどのクリエイティブ職ですら、そのほとんどは訓練で身に付けられる「技術」です。

こうして考えていくと、一人の人間が複数のスキルを持つことは、そう特異なことでもないのではないでしょうか。

だから、受賞インタビューで僕は、そうした見方をされることに困惑している、と言ったのです。

2017/10/31 13:04

ページトップへ