• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

izuru_s

2017/11/11 17:32

固定されたセリフ
ヒトデ観察日記
今朝はまともに動けるようになるまで二時間ほどかかったが、なんとか回復方向に。寝ている間に喉鼻にダメージが出るので、まずそれを戻さないといけない。大量に水分を摂取したり、粘度が高まった鼻の粘液を排出したり、口腔の衛生状態を復旧させたり、体温を上げたり……といった処置である。一昨日より鼻水の粘度が上がって、量も減少している。ゆるゆる鼻汁ダダ漏れ状態よりは格段に症状はマシになっている。


やはり鼻水が治まったのはQOLな意味でとても大きい。恐らく熱も下がってきているのだろう。(測っていない)鼻が詰まっているとか、鼻水が出まくる状態プラス発熱のコンボは、とにかくものを考えることが出来ないし、気力もMPも、熱で揮発する水分や流れる鼻水と供に失せていく。それが収まるということは、より知的生命体に戻っていることに他ならない。

しかし依然として作業カロリーの高い行為はまるまる不可能である。出来ることといえば、ネットサーフィンや駄文の書き散らし、既存素材でスタンプやカードを作って遊ぶことぐらいである。とにかく生産性のある行為はほぼ不能。(それでも文を書く程度には回復しているのが、我ながら本当に素晴らしい)


咳は、出ると相変わらず激しいが、回数は軒並み減少している。やはり咳き込むとHPのダメージが大きいのでせっかく回復してもごっそり削られてしまう。その回数が減るということはHPを持ち越せる量が増えるということである。


現状でスタックしている作業は、ほぼ高カロリーのものばかりとなっている。

各方面には相変わらずご迷惑をおかけしているが、回復の暁にはチョッパヤでお届けする所存なので、もうしばらく生暖かい目で監視してやって頂きたい。

ヒトデ観察日記
昨日は食欲があまりなく、TKGで晩を済ます。

アミノバイタルのスポドリを1Lほど飲み干す。多少具合がよくなっている気がする。

咳はたまに出ると連射するのでHPをごっそり持っていかれる。まるで闇系魔法や呪術でも行使したかのようである。

鼻水は治まった……というか粘度がはるかに高くなったので、脳がやっと使えるようになってきたが、HPとVITが低いので相変わらず集中力を維持出来る時間はとてもとても少ない。

昨日の爆弾低気圧でかなりやられたが、今日は気分がだいぶ良いのでこのまま体調も上向きになることを願うばかりである。

近況。

かなりダメです。

食欲が下がってるって、俺的にはかなりアレ。

なろうのトレンドがなぜ高速で変化するのか問題
これについて少々気付いたことがある。

鶏と卵の話になるので、どっちが先かは一旦おいといて。


トレンドとコンテンツ提供は相互に追いかけっこをしながら、螺旋軌道を描いて時間軸を未来に進んでいる。


さて、ある新トレンド作品が投下され、人気が出たとしよう。

大勢の読者がその作品を消費し、次にそのトレンドを消費しはじめる。

同じく大勢の作者がそのトレンドの作品を大量に投下する。


娯楽として、高速で消費されていくトレンドは、同時に高速で飽きられる運命を持つ。

大量投下と大量消費により、高速でそのトレンドが飽きられ、飽きた読者は新たなトレンドへと群がっていく。

読者の群がる場所に作者達はあらたなトレンドに即した作品を投下し、読者を奪い合う。

トレンドの移り変わりが激しい、までは理解できても、なぜ激しいのかまで考察している人をあまり見た記憶がない。そういうものだ、と思考停止しているのではあるまいか。そして、移り変わりが激しいことそのものをブランド視しているとさえ感じる。


なろうという場だからトレンドの移り変わりが激しい、というのは△であり、正確には流行(トレンド)を食い尽くすイナゴと、流行(トレンド)に群がるイナゴを収穫しようとする狩人(作者)がそこに存在するだけで、それは同じ規模であれば別になろうでなくても同じ現象が発生している、と思われる。

これをして、なろうを特別視、神格化することを私は疑問視している。


旧年中はいろみなありあけまし今年もおねます!!
先日こんな話を聞いた。
最近はノベルゲーよりも、ストーリーつきCG集の方が売れるとか。

ノベルゲーは一部の好事家のものになってしまったという……。

文字も面倒、選択肢を選ぶことすら面倒なんて、世も末だなあ。

トークメーカー一周年゚゚*。★おめでとうございます★。*゚(*V_v艸)

ページトップへ