• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
『機巧姫流離譚』発売しました
今さらかよ!?って気がしないでもないですが、1月18日に本が発売されました。

献本もいただいたのにその報告もろくにできてませんでした。

いろいろすみません……。


発売の前後一週間ぐらい、風邪でひっくり返っていたのですよよよ。

治ったかななーと思ったんだけどいまだに喉が痛いし、鼻水が出てます。

おかしいなー、なんでかなーと思ったんですが、この季節はいつも花粉症の始まるタイミングなんですよね。

花粉症の疑いが濃厚なので月曜日に耳鼻科へ行ってきます。

2020/01/25 21:57

ゲーム公開です
去年からずっと作っていた小説の冒頭をRPGツクールでゲーム化する企画ですが、ようやく公開できました。

こちらのサイトから該当ページに飛ぶことができます。



ニコニコ動画のRPGアツマールというサイトなので、インターネットブラウザであればパソコンやスマホでもプレイできると思います。



2020/01/10 19:54

期間限定試し読み
アークライトブックスさんで試し読みが始まりました。

第一章をまるまる公開です!

2020/01/10 19:52

画像の使用

RPGツクールで小説の冒頭を再現しよう企画ですが、画像の使用にOKをいただいたので、冬野さんに描いていただいた清正や葵のアイコンが表示されることになりました。



作中一日目の再現はほぼ終わっており、あとはおまけやらデバッグやらをやっています。

年末年始の時間があるときにじっくりやれたらなあと思ってますけど、そうそううまくはいかないんでしょうねー。

公開は年明けの早いうちにと考えていますので、もう少しお待ちください。

2019/12/29 12:40

RPGツクール企画
RPGツクールで小説の冒頭を再現する企画ですが、目標だった作中一日目まで一通りつながりました。



このブログはGIFファイルで700kbまでしかダメなんですね。

あんまり動きのないところだけど、画面はこんな感じです。


2019/12/23 17:10

見た目が随分と変わりましたねー。

さっきまでアクセスできなくて何事かと思ってました。

2019/12/23 17:07

葵デザイン

最近、RPGツクール触ってばかりでブログ更新してませんでした。

『機巧姫流離譚』の葵のデザインの流れです。



結局、服の調整ぐらいでした。

冬野さんは優秀なイラストレーターさんで本当に助かります。

2019/12/17 23:33

清正デザイン

『機巧姫流離譚』の不吹清正のデザインの流れです。

基本的に外見は一発OKだったので衣装の調整をお願いしています。



ラフよりもシャープな印象の顔つきになりました。

クセのないデザインでいいなーと思います。

2019/12/09 22:29

女子制服デザイン

『機巧姫流離譚』の女子制服デザインです。

当初、制服は詰襟とセーラー服っぽいものを想定していたのですが、作者も女子のセーラーをどうやって実現するのかイメージがしっかり持てていませんでした。


冬野さんから羽織にセーラーをつけるというデザインをいただき、「これだ!」となって大枠が決まったのでした。


前の紐をどうするのか、セーラーのラインをどうするのかぐらいしか話し合っていません。


内着と下着も設定画があります。

2019/12/06 14:01

注文用紙
こちらの画像を印刷したものやスマホで表示したものを本屋さんに見せると注文ができるそうです。

よろしくお願いします!


2019/12/04 11:26

男子制服デザイン

『機巧姫流離譚』の男子制服デザインです。

こちらのテキストは資料としてお渡ししたものになります。


当初は狩衣をベースにイメージしていました。

なので作者の用意したラフもこんな感じに。


そうしたらイラストをお願いした冬野さんが陣羽織風のアイディアで応えてくださいました。

(女子の制服をセーラー風にしたいという要望からのアレンジだと思います)


「これはいいね!」となったので、この陣羽織風のデザインをベースに細部を詰めていきました。

縁の線や前を留める紐の数で格を示そうかという話をしつつ最終的にはシンプルな形に収まりました。

ちなみに 家紋は前に二つ、後ろに一つ入ります。

2019/12/02 12:47

ゲーム開発:志野城

関谷国の志野城です。

まずはお城の全景から。


山を削って建てられた平山城なので坂道を登っていく感じを出したかったのですが、上手い表現方法が見つからずにこんな感じとなりました。

もう少しアップダウンがあるとよかったかなあと思うのですが、なかなか難しいですね。


お城と聞いて思い浮かべるような天守閣といったものはない設定です。

その代わりに遠くを見るための櫓があります。

頂上にはお屋敷があり、塀や堀で囲んで防御力を高めています。

敷地内には侍たちが住む長屋もあります。

お城の北から東にかけては明科川がぐるりと取り囲んでおり、こちらからの進入は容易ではありません。



志野城内部のマップです。


外観にもあった塀や堀に囲まれています。

主人公がお殿様と初めて会った場所の謁見の間は一番奥まった場所にあります。

左側には厨、その下にはお風呂(サウナ風)があります。

2019/11/29 20:29

予約サイト

各種予約サイトはこちらです。


e-hon


オムニ7


Yahoo!ショッピング


Amazon


2019/11/27 19:15

Amazonで予約できます
Amazonで予約できるようになっていました!



2019/11/26 15:25

最近、絵まわりについてあれこれやっていて落ち着かなかったのですが、やっと書影を公開することができました。


2020年1月18日発売です。

皆さま、よろしくおねがいします!


2019/11/25 22:06

書影公開

アークライトブックス様で公式サイトが公開されました。


書影はこちらです。


イラストは冬野ユウキ様です。

表紙は葵です。すっごく美人さんに描いていただきました! ありがとうございます!

ネットで予約も始まると思いますので、ぜひお買い求めください!



2019/11/25 20:28

編集さんから、週明けぐらいには刊行案内を出せると思いますという連絡をいただいたので、ワクテカしながら待つことにします。

2019/11/25 00:45

ゲーム開発:店舗外観
美形からくり人形と行く異世界見聞』(書籍版タイトル『機巧姫流離譚』)のゲーム版の進捗状況です。


写真と模型による再現です。



これらを参考にしながら、ゲームではこのようになりました。

2019/11/22 23:14

ゲーム開発:銭湯
美形からくり人形と行く異世界見聞』(書籍版タイトル『機巧姫流離譚』)のゲーム版の進捗状況です。


1500年ごろを描いた絵にお風呂に入っている様子があります。

この時代は湯舟にお湯をはるのではなく、サウナ式が一般的だったようです。

それだと今ある銭湯のイメージとズレてしまうので、今作では入口が男女で別れていて、中に入ると洗い場があって……という作中の描写になりました。


こちらがゲームでの銭湯の外観です。

表現の限界もあるので、あくまでこんなイメージなんだなと思ってください。

二階建てになっているのも作中で描写されているとおりです。


銭湯の一階になります。

入口は二つあり、それぞれ二階へ行く階段があります。

入ってすぐは土間でここで履き物や武具を預けます。少し高くなっている番台にいる人にお金を払い、脱衣所へと進みます。

脱衣所の先は流し板という板張りの体を洗う場所です。壁際には銭湯から出る時にかける上がり湯があります。

一番奥に湯船があります。石榴口は低く、屈まないと湯船のある部屋には入れません。理由は作中でも触れているとおり、お湯を冷めにくくするためです。


銭湯の二階です。

こちらは男性側の入口から入れる場所です。銭湯に入るのとは別料金が必要になります。

ここではお茶を飲んだり菓子を食べたり、囲碁や将棋を楽しむ社交場として利用されていました。(囲碁や将棋に似た遊戯もあるということで)


2019/11/13 19:56

ゲーム開発:町並み資料
美形からくり人形と行く異世界見聞』(書籍版タイトル『機巧姫流離譚』)のゲーム版の進捗状況です。


町並みをゲーム画面で表現するためにまずは資料にあたろうと考え、千葉県にある国立歴史民俗博物館であれこれ撮影してきました。



屋根は板葺きで石を置いて重しにしていたり、お店の様子が見て取れます。

長屋の裏側もわかるので、このあたりは上手に再現したいところです。

2019/11/11 22:21

プロフィール

フキダシ形式がよく遊んでいた人狼BBSのようでなんだか懐かしいです。

別サイトでも公開している作品を掲載していきたいと思います。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ