創作論

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
面白さとは、期待の充足と予想の裏切りである。


そこからもう一歩、面白さに踏み込む。


読者は作品タイトル(もしくはそれに準ずる情報)から、その作品に対して予想と期待を抱く。

その末、「期待は充足されたか」「体感したいベクトルは保たれたまま、物語の展開は予想の範疇より上を維持しているか」を精査する。


このとき、物語に馴れた者は後者のハードルが上がる傾向にある。

ただ実際にライトユーザーと呼ばれるような大多数の読者のハードルは低い。


それよりも重要なのが前者の期待の充足。

物語が読者の求める楽しさを充足したとき、それは王道ストーリーとして容認される。


予想の裏切りはおまけ程度で考えて良い。

2017/12/21 03:32

ページトップへ