創作論

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
物語構造「旧日常→非日常⇛新日常」の発展2

非日常から新日常への遷移。
ここに必要なのは事件の解決である。
そこで主人公の日常がどう変わったのか(もしくはどう変わっていないのか)を表現することで、結末となる。
ではそれを簡単にわかりやすく作るにはどうしたらいいかというと、「世界に虐げられる物」と「世界に反逆する物」を作るとわかりやすく作れる。

「世界に虐げられる物」は平たく言えば「不幸になる人」だ。
ここでは仮に「悲劇のヒロイン」と仮称するが、悲劇でなくてもいいし女性でなくてもいい。(ただそういう立ち位置として、わかりやすい呼称をしている)
悪人がいたらそれに虐げられるヒロインでもいいし、悪人がいなくても生贄が必要だとか、ともかく「放っておいたら不幸になる存在」だ。(不幸の価値基準については、納得できる前提を用意できるかにかかっている)

つまり「誰(何)かが(受け手の目線で)不幸になる話(世界)」をまず作れば良い。

そしてそこにヒーローとして主人公を配置すれば完成だ。
主人公はその理不尽な不幸に対して、何らかの対抗手段を持つ、もしくは手に入れる。
そうなれば後はその配置を考えるだけで「物語」が完成するのではないだろうか。

2017/11/05 19:01

プロフィール

滝口流です。滝口、たきぐち等という名前で活動している事もあります。
Twitter @TakigutiR

...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

アーカイブ

ページトップへ