• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
コヨーテ
五条竜也さんの作品。数もpv数も星の数もすごいのにファンレターが1通もない。なぜ? ファンレター欄は大勢に読まれるから、文章を気にして、失礼にならないか? などと考えてしまう。だから大半のファンレターは出せないでいる。

『コヨーテ』面白いです。特に……【検閲により削除】がいい。

2022/01/21 08:08

すごいです。pv数103。実質アクセス1。記録更新。2話目を読んでくださった方がひとりだけ。

2022/01/19 06:35

汝、知らざる裏側を知って、絶望するコトなかれ

楠本 恵二さんの、削除された2000字お仕事、コンテスト参加作品だった "『○○牧場』汝、知らざる裏側を知って、絶望するコトなかれ"は、ガイドラインに抵触するとかで非公開(削除)になりました。


その前に読んでいました。ラッキー……ではありません。いまだに忘れられない。詳細は忘れても、完全に忘れることはできない。

動物虐待のニュースを聞くたび、思い出す。猫が穴に落ちた、鳥に矢が刺さっている。それがニュースになる。保護されて拍手。

じゃあ、豚はどうなの? と。自分に問う。食べられるために産まれ、食べられるために産まされる。何度も何度も……


「あれでも少し抑えて書いたんだそうで、読者からネット炎上しそうなネタは外した」と。(いきなり座談会より)


読まなければなかった。あとの祭り。しかし、読んだほうもしぶとい。平気で食べています。おいしい豚肉を残さずに食べています。

せめて、残さずに。

2022/01/15 04:58

『海辺のカール』と『隻眼の牙』

以前読んだ『海辺のカール』を再読しました。銀狼さんの新作『隻眼の牙』に既に読んだ記憶が……こういうのを連作小説というのでしょうか? 同じお題で別の話、みたいな? と思ったら全面改稿? 

iPhoneとiPadで比べ読み。前回は恐る恐る読んでいました。犬が出てくる話は泣けるから敬遠してしまう。感情移入したくない、と。

『海辺のカール』は銀狼さんにしては短い8000字。読めば、あっという間。

健気な犬。忠実なシェパード。犬は最初の飼い主を親と思うらしいです。

犬との別れはきつい。物語でも。でも、ここからがいいんです。私は社宅に入るため飼えなくなった犬をもらいました。女将の立場です。最期まで看取りました。最初の飼い主に会うことはなかったけど、会いたかったのかしら?


『隻眼の牙』源蔵さんのシェパードが産んだ子犬の、もう1匹も買い手が決まっていたのだから、『海辺のカール』と兄弟にしたらいいのに。主人公の姓はどちらも北見。北見姓が多い地方ということで。

『隻眼の牙』は倍以上長い。親を射殺された幼い子熊を北見とカールが助け見守る。長年の情。イワナの差し入れが何匹? 小熊にはかわいそうな試練。猛禽に襲われ隻眼に。それを知ったカールの慰め。そのまま成長しなければいいのに。

やがて成長したヒグマは親を殺したマタギを覚えていた。北見とカールのことは?

そして歳を取ったカールの決断とヒグマの……映画を観ているようでした。

私は5時間そばにいて最期は抱き上げましたよ。最期って大声でひと泣きして、わかるんです。


韓国映画の『隻眼の虎』を思い出しました。老狩人と人を襲う虎。隻眼とは? と調べたことがあります。

関係ないけどピーター・フォークも隻眼だった。知らなかった。何度も刑事コロンボ観たのに気がつかなかった。


最後の行、感情移入した読者にも見えるのでは?


2022/01/14 18:06

交響曲第5番
(三・四)第三ラウンド2分

青大井空さん、やってくれましたね。マーラーの交響曲第5番。そのタイトルに惹かれ読み始め、毎日の更新を楽しみにしていたのに。ついに出ました。交響曲第5番。それが特○浴場の店の名前で、かかっている曲が第4楽章のアダージェットとは。『ベニスに死す』のテーマ曲ですよ。思い入れのある曲が……ショック。

でも、青大井空さんの小説、4作目ですが好きです。すべてに繋がりが。面白いです。温かいです。ホームレスではなくハウスレスに納得。出てくる曲も、花も。着ぐるみマンの『フォローミー』の口笛も。今回は着ぐるみマンは出てこない? 友情出演させてくださいませ。

2022/01/14 06:51

走馬灯からの景色
四阿 壮さん、あずまやさんとお読みするのでしょうか? 『走馬灯からの景色』はNOVEL DAYSにきてから、1番読み返した作品です。ミステリーはしばらく読んでいないのですが、こういう動機、方法は初めてでした。短いのに鮮烈。彼女の声が聞こえてきそうな……

実は作者さんと主人公が重なって、少し心配したのです。だって『ウェルテル効果』

でも、ゲーテは書くことによって免れたから……

でも『夢の仕事』では励まされ、『マスク症』では安心しました。どの主人公も好きです。作品すべて読んでいます。

2022/01/09 02:09

世界で1番美しい少年

かつて『世界で1番美しい』と謳われ、人々を魅了した少年がいた。映画『ベニスに死す』タジオ役のビョルン・アンドレセン。彼はその後どうなったか──。このほどドキュメンタリー映画が公開される。ベネチアを舞台に、初老の男性がタジオという少年の美しさの虜となり、身を滅ぼすというトーマス・マンの短編小説『ベニスに死す』1971年、映画界の巨匠ルキノ・ビスコンティ監督が映画化し、世界的なヒットとなった。タジオを演じたのが当時15歳のビョルン・アンドレセン(66)だ。彼は『世界で1番美しい少年』と評され、無数のファンが夢中になった。

特に日本での人気は爆発的で、来日してテレビCMに出演したり、日本語のレコードを出したり。漫画家・池田理代子の代表作の一つ『ベルサイユのばら』の主人公オスカルは彼に触発され誕生した。ビョルンは時の人となった。

この少年が、その後どうなったのか? 映画『世界で一番美しい少年』は、ビョルンの波瀾万丈の半生を追ったドキュメンタリー作品だ。(週刊朝日より)

観たいような観たくないような……パソコンが家にきて、ホームページで最初に検索したのがビョルン・アンドレセンだった。Windows95……全然ヒットしなかったが、今では変貌した写真まで載っている。

2021/12/18 04:18

異邦人論争というものがあったみたいです。検索しても難しい。たけくらべ論争というものもあった。これは面白い。いや悲しい。

ブティックの店長が言ってたな。金持ち喧嘩せず。

金持ちは利にさとく、喧嘩をすれば損をするので、人と争うことはしない。有利な立場にあるものは、その立場を失わないために、人とは争わないようにする。

2021/12/17 16:35

 お久しぶりです。地震、大丈夫でしたか? ご家族の皆様も、ご無事でしょうか。

 チョット、リアルで忙しくしてましてご無沙汰しています。

 そのうち、時間を作って、コメントもお返ししようと思っています。

2021/10/08 07:25

lone_wolfさんの小説を連日読んでいる。1話完結40000字とか。どんどん字数が増える。なぜ分けないのだろう? pv数などどうでもいいのか?

長いものを一気に読ませる。すごいなあ。相当下調べをしているのだろう。暴力は嫌いなのに。動物ものも泣かせるからいやなんだけど……

実は、最初は間違えて開けちゃったの。偶然に感謝!

2021/09/09 17:13

久々のお客様。材料探しは歩きながらね。今晩も行きますよ。

2021/07/28 18:24

昨日と違うエピソードが今日も起こる。いや、起きているはず……

そう言う目で前日を振り返ると、材料は無限大にあると思うのです。少なくとも私はそう思いながら続けています。


いつも私の方ばかりに来て頂いているから、今日は遊びにきました。

2021/07/28 15:17

『材料集め』公開中。エピソードをいくつも作ってある。仮のタイトルと本文を少しずつ。

それを加筆修正して上書き保存すると……その都度ランキングが上がる。すごいシステム。まだ未公開の下書きなのに。

初めは読まれていると思っていた。読まれているからランキングが上がるのだと。

しかし、PV数は評価されていないようだ。表に出ているPV数は当てにならない。実質PV数は本人のみぞ知る。2分の1か3分の1か、それ以下か。


2021/07/21 01:39

『恩人』を投稿した。昨日のpv数14。読んでくれた人3人。『ブティックの客』のときは4人だった。

でも、朝「作者お気に入りに登録されました」メールがきた。ふたり目だ。作品お気に入りより嬉しい。

2021/07/16 10:56

昨日『異邦人のように』の最終話を41人の方に読んでいただいた。いつも、他の話は1、2、3人くらいなのに??

表紙開けただけの方はふたり。ということは、最終話2度目を読んでくださった方が41人?

「ブティックの客』の瑤子が出てくることを知ってる人たちかな?

ゼロ続きの『迎えに来て』にもPVが。

嬉しい朝です。


2021/07/14 05:34

昨日は『作者お気に入り』をいただいたので5作品に星が2ずつ増え、トップページに。嬉しかった……けど、PV数はそれほど増えず。

私もトップページ独占する作品は読まなかった。作品数多い方が何ページも独占するのは、『作者お気に入り』をいただいたからなんですね。

2021/07/13 04:29

今見たら『ブティックの客』がジャンル別で1位になっていた。星が7個増えていた。誰かがお気に入りにしてくれたらしい。

どこのどなただろう? 嬉しい。嬉しい。

2021/07/01 02:26

『ブティックの客』を投稿した。5話連続。16000字。

登場人物は『異邦人のように』の悪女の瑤子。

ひとまわり年下の男の名は……いただきましたよ。Hさん。戸板康二さんの康二です。

読んではくれないだろうけど。

客の名前もすべて使わせていただいた。こっちは了解得てないけどね。偶然です。姓だけだもの。怒るかしら?

2021/06/27 15:07

PV数が5000を超えた。意味があることなのか? 表紙を開けて読まずに閉じられた数がどれほどあるか? 

各話へのアクセスは合計で3400強。

投稿してからもうすぐ半年になる。500位以下に埋もれたものを、まだ開いてくれる人がいる。読んでくれたら嬉しいが……

2021/06/22 05:07

櫟 茉莉花さんの『羊の瞞し』をお気に入りにしたから毎日お知らせがくる。ピアノが好きだから読み始めた。こういうものをただで読ませていただけるなんて。

うちのピアノ、2年調律してないわ。

櫟さん、コメディーも書いてる。同じ作者だとは思えない。すごいなあ。

2021/06/19 05:24

プロフィール

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ