『頭狂ファナティックス』に登場するコンプレックスの名前の元ネタ紹介

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
森重義生(もりしげよしお)

コンプレックス:『ミリオンダラー・ベイビー』

 アメリカの映画監督クリント・イーストウッドの作品から。

 イーストウッドは今作で第77回アカデミー賞作品賞、監督賞、主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)を受賞した。

 イーストウッドは映画監督としてだけでなく、映画俳優、映画プロデューサーなど幅広く活躍しているため、非常に人気が高い。その作品も『許されざる者』『ミスティック・リバー』など多くのヒット作がある。

 『ミリオンダラー・ベイビー』について言えば、「アメリカン・ドリーム」をメイン・テーマに置いた堅実な作りをしているのだが、政治や宗教のデリケートな部分にも多少なりとも触れていたため、論争を巻き起こした。

『カッコーの巣の上で』が許されて、これが許されないのはなぜだ

プロフィール

株式会社アウフェンギ 代表取締役
1993年生まれ。千葉県千葉市出身。



好きなアニメ:「がくえんゆーとぴあ...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ