『頭狂ファナティックス』に登場するコンプレックスの名前の元ネタ紹介

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
園城ゆゑ(そのしろゆゑ)

コンプレックス:『アナベル・リー』

 アメリカの作家、エドガー・アラン・ポーの詩から。

 ポーはアメリカ文学創成期において多彩な才能を発揮し、SFとミステリーの草分け的存在と見做されている。

 詩の分野においても、独自の理論を展開し、これがフランスのシャルル・ボードレールらに受け入れられ、象徴主義に繋がったとされる。

 ポーはウォルト・ホイットマンやマーク・トウェインとともに、アメリカ文学の礎を築いた。ポーの作品は本人が雑誌編集者だったこともあり、芸術性よりも娯楽性が強いものであり、その息吹は現代アメリカ文学にも息づいている。

プロフィール

株式会社アウフェンギ 代表取締役
1993年生まれ。千葉県千葉市出身。



好きなアニメ:「がくえんゆーとぴあ...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ