日々ログ

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
第4回座談会の準備おーけー。

次は企画大賞、それから第5回座談会。それからそれから……。

ダンゲロスSS 1969レギュレーションとか
顧客アンケートで「健康志向のハンバーガー」が求められていることがわかり、販売したところまったく売れなかった、というエピソードを思い出す。
【重要】特定エピソードを中心としたアクセス急増につきまして。 (2018.01.30)
これに従って、タグとか思いつく限りに増やしてみたら(1個から最大枠まで)アクセス数が一気に増えていた。
セリフごとに詳細ページを作るとか、トークメーカーの中の人すごくない?
知識のない私には、そのすごさがよくわからないのですけども。
寝る前にこつこつと進めていたドラクエ11(PS4)を、昨晩ようやくクリアしました。やったぜ。
メダルとか素材とかを集めるのは苦手なので、レベルを上げて物理と魔法で押し切る形となりました。
ベロニカかわいか。
明日はダンゲロスSS、相手は如月真琴さん。
楽しみである。時間までに帰宅しなければ。
ダンジョン屋のおしごと、募集方法がほぼ固まってきた。
ひとりのクリエイターを選ぶためのイベントにはしない。
トークメーカーならではの可能性を発揮できるようにしたい。
ちょっと書き込んでいないと思ったら、もう一週間以上が経っているとか恐ろしい。

ダンゲロスSSに八白嘘さんと戌井猫太郎さんをお呼びすることになった。
ふたりとももちろん初参加なので、丁重にボコ……お迎えしなくては……。
トークメーカーボードゲーム部に参加してきた!

ボードゲームは初めてだったけど、みんな親切で楽しく遊べました。

ダンゲロスボードゲームはめちゃおもしろかったです。

座談会の電子書籍化も進んでいる。

座談会ならではの気安さがある一方で、実用書としてどうしても手薄になる部分がある。

しかし、そこをケアしていてもキリがないもので、何かしらの「読んでよかった、おもしろかった」というものさえ提供できていれば、OKとするべきだろう。


もっとも著者(パネリスト)さんが、物足りないから完成度を高めたいと希望してきた場合は、可能な限りそれに沿いたいとは思う。

でも、それは座談会形式ではない形で出版したり、さらにその分野に詳しいゲストを呼ぶなどして議論を深めればいいのかなと。


どうしてもパネリスト側になると、「これで満足してもらえるかな。まだ語れることはあるんだけど」となってしまうよね。

わかる。

ダンゲロスSS大賞は、著者さんが加筆修正を受け入れてくれることで、ウメハナさんの挿絵とアイコンがついてのリリースとなる。

ウメハナさんは遠くない未来に人気漫画家になるはずだ。現代異能力ものが得意で、動きのある絵が上手く、女の子も可愛い。横田卓馬さんに続いて欲しい。


「出版レギュレーションを明らかにしては」と言われたこともあるけど、わざわざ言うほどのことではないかなと思っていた。

要は魔人であって、妄想から生まれた能力を持っているということ。

登場人物のどちらかが、この設定を外れてしまうと、どれだけおもしろくても声をかけにくい。

企画大賞のクリエイター募集は、発表のあとの反応を見ながら検討する。


特定のクリエイターを選出するためにトークメーカーを使うのか。

それともトークメーカーを使って企画を育てていくのか。


前者は普通、後者はリスクが未知数。

共著や著作権放棄(ダンゲロスみたいな)といったパターンが考えられる。

それらはトークメーカーの特性を活かせるもの。

しかし……しかし、むずかしい……。


碧るいじさんがとても協力的なのが助かる。

それだけに上手い形を用意したい。



明後日はボードゲーム。

遊んで気分転換して考えることにしよう。

昨晩はダンゲロスSSに参加して引きわけ。

まず完結まで書いてからじっくり手を入れる作戦を行うも、後から編集できないという初歩的なミスにより、そのまま完結となってしまった。

せっかくリアルタイムで見に来てもらっているので、時間が余っても何かしら書き続けることがいいのかなと反省する。

今夜は編集の岡崎くんが参加するので楽しみ。
ダンゲロスSS、二戦目の準備。
しっかりやろうとすると大変ですね。
初参加のダンゲロスSS!

ヤドナシさんに敗北!

しっかりと準備をして作ったキャラクターだったので、良い勝負ができて良かった。

>トークメーカー・ボードゲーム

参加申し込みをしました。

ダンゲロスSS大賞について考える

対戦相手のキャラクターあってこその名勝負であり、受賞しなかった側の貢献度も大きい。

キャラクターを使用しているわけだし、なにかしらのアレがあってもいいだろうか。


観戦席投票の勝敗は加味しないが、恐れているのはどちらの作品も基準をクリアしている場合だ。十分にあり得る。それぞれがよいキャラクターを作り、能力が噛み合えば……。

ん、まあどっちも出せばいいのか。

>トークメーカーボードゲーム部

わ、おもしろそう。いきたい。

みんなのゴルフが思った以上に面白かった。

簡単なのに気持ちがいい。


そりゃゲームでまで、現実みたいにミスショット連発したくないよね。

いいショットをたくさん打ったおかげで、リアルのゴルフも上手くなったような気がする。(気のせい


冬のゴルフは2〜3000円くらいで回れるから嬉しい。

めちゃ寒いけど。

共幻コンのタグをつけているけど、応募のメールが届いていないという作品がいくつかありまして。

まあ、タグつけたからといって、すぐに応募しゃなくちゃいけないというわけじゃないんですけれども。


こっちが気にしても仕方ないか。

応募要項は読んでいるでしょうし。

プロフィール

株式会社共幻社代表取締役
作家・編集者

トークメーカーボードゲーム部

ダンゲロスSSにも参加しています。
...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ