創作記録2017/11/1~11/30

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
小説プロット作成。


ダウも日経もいまいち吹き上がりの気配を見せず、まだまだ調整局面だろうか。こんなところで崩れてほしくない。表面上の景気は良好、まだまだ頑張れるはずだ。吹き上がるのはどうでもいいビットコインばかりで、本家本元が足踏み中。


かつて世界中でこれだけ多くの灰色のサイが闊歩している状況はあっただろうか。自分のつたない記憶の範囲内ではなかったと思うが、愚者は経験に学ぶという言葉もあるから、自分の狭い認識をアテにしてはなるまい。

賢者は歴史に学ぶというし、自分が賢者でないことは百も承知のうえで考えてみるに、歴史を紐解けば、たぶん多くの灰色のサイが闊歩した時代はあっただろう。とくに第一次と第二次の戦間期はこうした状況が出現していたのではないだろうか。


黒鳥ならまだ言い訳のしようがある。でもサイはそこら中に闊歩しており、誰もが何匹もの姿を見ているのだと思う。そんな非日常的な光景が日常と化してしまっていて、隣をサイが歩いている光景にも多くの投資家たちは慣れ切ってしまった。

しばらくこの風景は続くと思う。目に焼き付けておきたいものだ。

2017/11/27 22:01

ページトップへ