• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
ご案内。

◇キリスト教文学として書いた小説をトークメーカーで公開しています。

『AAΛY みんなあなたに祈ってる。』 ※連載中。1章ごとに独立した短篇です。

『橋で祈る ~夜の底を流れるもの~』 ※完結。全9話。

『惑う人びと ~オン・ザ・ウェイ~』 ※完結。全12話。

『雨男 ~嘆きの谷と、祝福の~』 ※連載中。

◇mixiでも日記を公開しています。真帆沁のmixi日記

※聖書の引用は『聖書 新共同訳』(日本聖書協会)より。

2018/04/08 16:59

固定されたセリフ
だから昆虫は面白い
丸山宗利著『だから昆虫は面白い くらべて際立つ多様性』(東京書籍)の編集を担当しました。個性豊かな昆虫たちを見比べて知るという趣旨の本。美しい写真が満載で、丸山先生のわかりやすくて味のある文章も魅力です。さらに、新種を発見した国内の若い研究者たちのコラムを収録。子どもから大人まで楽しめます!

2018/05/16 18:41

文豪みたいな表情でくつろぐ猫。私のおなかにのっています。

2018/05/15 19:06

msgt2009

2018/05/15 19:06

同じ向きで、きれいにおさまっている猫たち。なんだか贈答品のようです。

2018/05/13 16:55

msgt2009

2018/05/13 16:55

テラフォーマーズ<公式>キャラクター生物図鑑

週刊ヤングジャンプ連載の漫画『テラフォーマーズ』の公式本『テラフォーマーズ<公式>キャラクター生物図鑑』の編集、執筆をさせていただきました。監修は昆虫学者の丸山宗利先生です。

漫画『テラフォーマーズ』のヤングジャンプの連載は、しばらく休載となっていましたが、先月から再開! 先の展開が楽しみですね。

2018/05/12 11:52

薄ピンクのミニバラが花盛りです。

2018/05/10 12:27

msgt2009

2018/05/10 12:26

ゆきのまちの小品集
ゆきのまち幻想文学賞で入賞した作品が、同小品集に収録されています。『聖夜のメール』が第12回、『セルリアン・シード』が第13回、『顕一郎という名の少年』が第14回、『桃次郎の鈴』が第15回、『穢れなき薔薇は降る』が第17回、『讃歌』が第19回、『ゆめじ白天目』が第21回です。

2018/05/09 19:21

ぎゅうぎゅうで箱に入っている猫たちに、カメラを持って近づいたら、「何?」と視線を向けられました。

2018/05/08 13:54

msgt2009

2018/05/08 13:54

ピエールドゥロンサールの一番花が、かなり開きました。次のつぼみも大きくなってきているので、楽しみです。

2018/05/04 15:29

msgt2009

2018/05/04 15:29

やっぱりひとつの箱に一緒に入る猫たち。狭そうです。

2018/05/03 22:13

msgt2009

2018/05/03 22:12

ピエールドゥロンサールのつぼみが開き始めました。写真は昨日の様子。幾重もの花びらが、これから日増しに開いていきます。

2018/05/02 20:29

msgt2009

2018/05/02 20:28

隣の箱が空いているのに、わざわざ片方に一緒に入っていました。2匹でぎゅうぎゅうです。

2018/04/30 23:43

msgt2009

2018/04/30 23:42

竹野一雄『想像力の巨匠たち 文学とキリスト教』(彩流社)

Ⅰ文学と教義、Ⅱ作家・作品論の2部構成で、文学とキリスト教の関係を論じています。Ⅱで言及する作家は、グレアム・グリーン、C・S・ルイス、ジョージ・マクドナルド、チャールズ・ウィリアムズ。引用されている作品をいろいろ読みたくなりました。

2018/04/30 14:28

プロフィール

●略歴
北海道大学農学部卒。月刊誌編集長を経てフリーに。2009年プロテスタント受洗。本名の後藤真子で雑誌『クロワッサン』等に記事を執筆、単行本の編集や文芸誌の校閲も。
...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

アーカイブ

ページトップへ