noteの拙作をお読みくださって、本当にありがとうございます!
佐久田さん、桐乃さん、しおむすびさん……

皆さま、それぞれ大変お忙しい中、長い連載ものを読んで下さって、心から感謝いたします♡


佐久田さんに「推し」と言っていただき、しみじみと喜びを噛みしめております。また、長耳の設定変更も好意的に読んでくださって、すごくほっとしました~(涙)

体調不良とのこと、過労が原因でしょうか。どうかよくお休みくださいませ!


桐乃さん、歯のことに加えて、豪雨のことも……

本当に心配です……

そんな時に『風と花の賦』を読んで下さり、「師弟関係が好き」と温かい励ましのお言葉を寄せて下さって、ありがたさと申し訳ない気持ちでいっぱいです……!!


しおむすびさん、「春からいろんことがあ」ったとのこと、もちろん詳しい事情はわかりませんが、大変な状況だったのだとお察しします。そんな中、『太宰』を読んでくださって……本当にありがとうございます。心から嬉しいです~♬

2024/07/11 22:28

桐乃さんの新作
桐乃さんの『キリモドキ②』の通知が来ていたので、早速開いたところ、私の大好きな桐乃さんのブックレビューではありませんか!


高瀬隼子さんの『いい子のあくび』……この主人公の暴走ぶり、正に純文学ならではのノリ(変な表ですが……)ですね!!


『おいしいごはんが食べられますように』もそうでしたが、平易な言葉で書かれながら、強烈な毒が含まれている感じがよく伝わってきました。


桐乃さんのおっしゃる「ざわざわ」感が、レビューを読む私にも伝わってきて、なんだか不穏な気分に……


実はこの作品未読だったのですが、桐乃さんのレビューを拝読して、すごく読みたくなりました!

素敵なご紹介、ありがとうございます~♡


ところで、歯医者さんの予約ですが、月末というのは、7月末ということなのでしょうか!?


ではまだ三週間も先――

なんだかすごく心配です。

歯の問題は、前に桐乃さんご自身が書かれていたように脳の方へもいく恐れがありますから、できるだけはやく診察を受けた方がいいと思うのですが……

他のご事情からやむを得ないのでしょうか……


本当に心配です……

2024/07/09 20:16

佐久田さん
首肩頭の痛み、お大事になさってくださいませ~!!

それから、人事異動のお話……

佐久田さんの姿勢に共感です~♬

中国語に「苦中作樂」という言葉があります。

大変な仕事などの中にも楽しみ(娯楽)を見つけてしまう心的態度を指します。

この状況にぴったりですね♡

2024/07/07 12:25

桐乃さん
顔が左右で違って見えるほどの腫れ……大変です、本当にできるだけはやく病院に行って下さいませ~!!

お体には、くれぐれもお気をつけ下さいますように!!

世の中、健康より重要なものはありませぬ……

2024/07/07 12:22

しおむすびさん
しおむすびさん、いろいろ大変な状態でいらっしゃったとのことですが、少しは落ち着かれましたでしょうか。(よくお休みになって、英気を養って下さいませ~)


田中裕子さんは、そうですよね、「おしん」……

「おしん」と言えば、小林綾子ちゃんのイメージが強いですけど、実は最高視聴率は田中裕子さんが演じる大人の「おしん」の回だったと聞いたことがあります……


「もののけ姫」の声も、すごくかっこよくてインパクトがありましたよね。


「おらおらでひとりえぐも」、私も観ました。

若い時、田中裕子さんはよく「色気がある」と言われていましたが、すごい老け役を演じていて、衝撃でした!!


「怪物」はまだ観ていないので、今度探して観てみます~♬(桐乃さんも「怪物」をご覧になったとおっしゃっていましたよね!)


しおむすびさんのドラマ・映画のお話はとっても面白いので、またぜひぜひお願いします~♡

2024/07/04 11:17

mikaさん
mikaさんにお薦めしていただいた「黒井戸殺し」、YouTubeで観られました。

画質はちょっと……でしたが、でも、十分楽しめました♬


同じく「名探偵ポワロ」ものである「オリエント急行の殺人」もドラマ化されていたんですね、「黒井戸殺し」といい、「オリエント急行」といい、原作トリックが超有名なミステリをあえて翻案する三谷さんの自信がすごいと思いました……


原作を読んでいれば、「黒井戸殺し」はすぐ「真犯人」がわかってしまうわけですが、それでも最後まで面白く観られたのですから、ドラマとしていかに優れているか…ですね。

mikaさんの、「原作の叙述トリックを見事に映像化していて、観ていて完ぺきにだまされてしまい、感動を覚えるほど」に、納得です!!


あと、野村萬斎さん、ケレン味たっぷりの演技がよかったですね、私も好きです~!!


いいお薦め、ありがとうございます♡

シリーズの他の作品も探して観てみたいと思います~♬

2024/07/02 23:57

ミステリーいろいろ
mikaさん、『medium 霊媒探偵城塚翡翠』の漫画版をお読みになったんですね!


そうですよね、叙述トリック……

叙述トリックはmikaさんがおっしゃる通り、映像化が難しいものですけど、この作品は清原果耶さん主演のドラマ版もよくできていました。


原作では、第一作の長編が叙述トリックを使ってしまったので、第二作はどうなるのだろう(同じ手法は使えないので)と思っていたら、今度は倒叙ミステリ短編集で、これをどうやってドラマ化するのだろうと思っていたら……


なんとドラマは版は、前半の五話分はそれこそ「アクロイド殺し」のような叙述トリックもの、後半の五話分は「刑事コロンボ」(あるいは古畑任三郎)のような、一話完結の倒叙ミステリになっていて、よく工夫されているなあ、と思いました。


ミステリーの手法というのは、ある意味既に出尽くしているわけですが、古い手法をうまく応用することで、読者に新鮮な驚きを与える作品になって、面白いですよね……!!


原作はまだ長編が一作残っていて、しかも、内容もとても面白いのに、原作者がテレビ局ともめてしまって、続編は無理っぽいとのことで、とても残念です……(清原さん、原作の雰囲気にぴったりだったのに~)


「セクシー田中さん」事件も記憶に新しいですが、こういう問題はなかなかやっかいなようですね……


それにしても、三谷さんが「黒井戸殺し」という翻案ドラマを撮っているとは知りませんでした。

このタイトルには思わず笑ってしまいました。

探し出して、ぜひ観てみたいと思います~♬

2024/07/01 15:16

昨日のバレーボール
昨日の日本代表男子バレーボールのネーションズリーグ、フランスとの決勝戦!

いやあ、惜しかったですね……夜中(台湾時間午前2時)に起きて観ていたんですが、本当に手に汗握る激闘でした!(おかげで今朝はふらふら……)


宮浦選手も活躍し、私的には見ごたえ十分でした!!

それにしても、お、惜しい……


それでも男女揃ってのネーションズリーグ銀メダルは、正に壮挙ですね!!!


オリンピックがめちゃくちゃ楽しみです~♬

2024/07/01 15:10

「光る君へ」の中国語
大河ドラマ「光る君へ」。

皆さん、ご覧になっていますか。


私は何話か溜めてから観ているのですが、今「越前編」のところで……

まひろ(吉高由里子さん)が周明(松下洸平さん)から、宋語(中国語)を習うというシーンがあるのですが、中国語発音的には吉高さんの方が松下さんより正確です(笑)


まひろが「たどたどしく」語る中国語は聴いてわかるのですが、教えている(はずの)松下さんの中国語は何を言っているのかほとんどわからないという……


かなりシュールな場面になっています。

或る意味、すごく面白いんですが……


あと、宋語という設定になっていますが、あれはすごく現代的な中国語です。


時代劇で、「それがしは……」のように話すところを「わたしさあ……」みたいに話すイメージで、とってもフランクな(?)雰囲気になっています。

2024/06/27 13:18

今日のバレーボール
バレーボール日本、代表すごかったですね~!!

男子、フルセットの末、フランスを撃破!

女子もフルセットの末、ブラジルを破って、決勝進出!

もう最高~♬

(どちらもフルセットの死闘で、心臓止まるかと思いました……笑)


男子代表。今大会絶好調だった西田選手が急な不調で途中退場……で、そうです、宮浦選手の出番がついに回ってきました。

結果は、去年のネーションズリーグのイタリア戦の再現のような大活躍!石川選手と並び、間違いなく今夜のヒーローでした!!


男子フランス戦ハイライト:

https://youtu.be/L-PKkDzTqog?si=ViScAYm6MyrZr2cs


お次は女子代表。なんとあのブラジルをフルセットの死闘の末に撃破!!もう涙が出そうになりました……


石川祐希選手の妹・石川真佑選手が第四セット、ベンチに下がったので、どうしたのかと思ったら、フルセットになるのを見越して、あえて休ませたんですね。


第五セット、体力が回復した石川真佑ちゃんのアタックが決まってスタートダッシュに成功、その後追いつかれて文字通りの死闘になりましたが、最後の1点も真佑ちゃんが決めましたね!真鍋監督、見事な作戦勝ち!!

それにしても兄妹揃って、この大活躍……すごいの一言です。


あと、私の推しの山田二千華ちゃんのサーブが冴え渡っていて、そこからの連続ポイントという流れが何度もあり、私の中ではめちゃくちゃ盛り上がっていました。


女子は明日の日曜日――あ、もう今日だった――いよいよイタリアとの頂上対決。

もう金メダル獲っちゃえ~

いけ~~!!


女子ブラジル戦ハイライト:

https://youtu.be/bNdHdjZJTZ4?si=-6XaYgtHhufCELH6

2024/06/23 02:34

佐久田さん
おお、「想い出づくり。」の予告片、観てくださったんですね!

確かに、「ガツンとくる」ドラマです~♬


佐久田さんご紹介の「季節のない街」……タイトルに、「おや?」と思ったら、やっぱり原作は山本周五郎なんですね。


この原作、黒澤明も「どですかでん」というタイトルで映画化しているんですよね…


私は映像作品の方は未見なのですが、以前に原作小説を読んだことがあります。

今の〝時代〟は、けっこう「季節のない街」で描かれた世界と地続きなのかもしれないですね……


宮藤官九郎さんは〝時代〟を掬い上げるのがすごくうまい脚本家という感じがします……

ドラマの方も、観てみたいです!!

2024/06/15 22:23

最近、古いドラマにハマっています②
①でご紹介した「想い出づくり。」ですが、主演は古手川祐子さん、田中裕子さん、そして意外なことに森昌子さん(今やワンオクのタカのお母さん)のお三方なんです。


皆さん、お若い!!

しかも、今ではコンプラ的に無理だろうという、思わずどきっとする場面がいくつもあって、とにかくすごいんです!


田中裕子さんは、同性に嫌われる女優だと以前は言われていたこともありますが、私は昔からけっこう好きなんです。


古手川祐子さん、お美しい!!しかも、役がすごくて、柴田恭兵に乱暴されるわ、田中美佐子さんにボコボコにされるわ、父親役の児玉清に引きずられるようにして、東京のアパートから静岡の実家に連れ戻されるわ……今や死語の〝体当たり演技〟という言葉を思い出してしまいました(笑)

古手川祐子さんと言えば、市川崑監督の映画『細雪』(1983年)にも、四女・妙子役で出ておられて、こちらもU-nextで観られて、大満足でした。


森昌子さんが、演技がうまくて、これもまたびっくりでした。(それから、田中美佐子さんが新人で、当時の芸名が〝田中美佐〟だったのを知りました……)


とにかく、このドラマ、超お勧めです!

youtubeに予告片を集めた動画あったので、貼っておきます~♬


https://youtu.be/iplfPdQimF8?si=DXACmnTxjH5beipj

2024/06/15 19:12

最近、古いドラマにハマっています①
実は、私最近、U-nextに加入したんです。

理由は、以前佐久田さんが勧めて下さった「虎に翼」を観たいというのと、日本代表バレーボールの試合のliveを観たい等……でした。


バレーボール、男子に続いて女子もオリンピック出場を決めましたね!やった!

古賀紗理奈さん、西田選手と結婚されてからますますお美しくなられて、しかも絶対的エース&キャプテンとして大活躍ですね!

カナダに惜敗した時はどうなることかと思いましたが、オリンピック出場が決まってよかったです。今日のセルビア戦は、ゆったりとした気持ちで観戦できそうですね(笑)


ただ、もう一つの理由であった――「虎に翼」の方は、毎回料金が別途かかるんですね、U-nextは!

しかも、一回15分なのに、45分の大河ドラマの一回分と値段が同じって、ちょっとひどくないですか?!

(「光る君へ」の方は台湾の動画配信サービスのKKTVで、別途料金無しで観られるので、そっちで観ています)


そこで他に「見放題」のドラマを探していたら、すごい作品を見つけてしまいました!

1981年の、山田太一脚本の「想い出づくり。」という作品なのですが、今でいうシスターフッドもので、めちゃくちゃ面白かったんです!


40年以上も前に、日本でこんなドラマが創られていたのかとビックリしました。

……長くなってしまいそうなので、この続きは②で書きたいと思います。

2024/06/15 18:58

mikaさん
mikaさんの「功利主義と自由主義」のお話、興味深く拝読しました!

「活動報告」でもmikaさんは書いておられますが、「功利主義の台頭と議会改革運動が関連している」というのは、とても面白いですね!


mikaさんの「哲学」シリーズ、また書いていただきたいです~♬


ところで、この作品のタイトル『有機交流電燈』からもわかる通り、mikaさんは宮沢賢治がお好きですよね!


私も最近、宮沢賢治を読み直す機会があって、例えば「永訣の朝」の、「おまへがたべるこのふたわんのゆきに / わたくしはいまこころからいのる / どうかこれが天上のアイスクリームになつて / おまへとみんなとに聖い資糧をもたらすやうに / わたくしのすべてのさいはひをかけてねがふ」

というような言葉――最愛の妹を亡くした悲しみの中にありながら、「おまへ」だけでなく、「みんな」にも「聖い資糧をもたらす」ようにと願う賢治の思想が、改めて心に沁みたところだったのです……


そういう時に、このmikaさんの「功利主義と自由主義」を拝読すると、改めていろいろ考えさせられるものがありました。


いつかmikaさんの宮沢賢治のお話も、ぜひうかがってみたいです~♬

2024/06/14 23:32

しおむすびさんへ②
「青春18×2君へと続く道」、シュー・グァンハン(許光漢と清原果耶ちゃんの競演ですね!


シュー・グァンハンは台湾ドラマ「時をかける愛」が大ヒットしてスターになったのですが、私もこのドラマは観て、面白かったです。

「時をかける愛」ドラマ公式サイト (f4.tv)


ただ、映画「青春18×2君へと続く道」の方は私も時間がなくて、まだ観ていません…(汗)


動画配信サービスで出たら、ぜひ観たいと思っています!


また、しおむすびさんの映画レビューなど、読ませていただきたいです~♬

2024/06/13 12:10

しおむすびさん
あっ、しおむすびさん復活!……そこはすごく嬉しかったのですが、大変な状況のご様子……

はやくいつもの日常に戻りますように!


それから、『私にふさわしいホテル』、まさかの映画化⁉

ぜひ観てみたいです~♬

2024/06/13 09:04

桐乃さんへ②
桐乃さん、しつこく何度もすみません。

桐乃さんこそ、毎日お忙しくお過ごしでいらっしゃるのですから、私へのご返信などにお心を煩わせることのございませんように……


『キリモドキ②』、最新話「雑誌が好き」まで読ませていただきました。

このエッセイ、思わず食いついてしまう話題ばかりで、本当に楽しいです!!

脳内で、桐乃さんとのおしゃべりを妄想(?)しながら拝読しているあやしい私……です(笑)

6月4日でご紹介されている「山尾悠子」さん、最近ちくま文庫から『初夏ものがたり』という初期作品が復刊されていて、ちょうど読もうと思っていたところでした。『山の人魚と虚ろの王』も、すごく読んでみたくなりました!


最新話の「雑誌が好き」。これ、すごくわかります。なんと言うか、雑誌って夢があるんですよね……

『月間MOE』、この表紙を見たら、これは買っちゃいますよね~♬

『SFマガジン』って、最近こういう表紙なんですねえ……昔はもっと硬派なイメージだったような……でも、執筆陣はなかなか硬派な感じですよね。


他のお写真も、どれも魅力的……!(ああ、おしゃべりさせていただきたい~)

それにしても、「起き抜けにバナナスムージーは重い」、「ミニシロノワールはミニじゃない」……など、タイトルも絶妙ですね!


続きがとっても楽しみです~!!!


私のnoteの方も読んでくださって、本当にありがとうございます。『太宰』に続き、拙作の『風と花の賦ーー平安神奇譚』まで……(感涙)


そうなんです、どちらも旧作なのですが、細部をちょこちょこ直しました。特に『風と花の賦ーー平安神奇譚』は、私には珍しい三人称小説ということもあって、文体の出来が一番不満だったので、今回かなり手を入れていますし、設定も一部変えてあります。


お忙しい中、大変恐縮なのですが、隙間時間にでも、また時々、お目を通していただけたら、こんなに嬉しいことはありません。


どうぞよろしくお願い申し上げます(ペコリ)

2024/06/11 22:02

桐乃さん
桐乃さん

noteに連載した『太宰治は、二度死んだ』に、温かいお褒めの言葉をいただきまして、本当にありがとうございました!


お忙しい中、本編だけでなく「あとがき」も読んでくださり、また、しゃべログの方にもご感想を下さって、嬉しさとありがたさをしみじみと噛みしめております……


作中の広島弁については、一応調べながら書いたのですが、私は関東人のため、正直冷や汗ものでした。もちろん、いろいろおかしなところがあるに違いありませんが、桐乃さんが寛大な眼で読んで下さって、すごくほっといたしました……


実はここ数日、ちょっとバタバタしておりまして、お返事が大変遅くなってしまい、まことに申し訳ありませんでした……


先ほど、noteの方に返信させていただきました。

心から感謝いたします!!

2024/06/08 01:21

桐乃さんへ②
『キリモドキ②』、最新話「5月13日」まで拝読しました。

永井荷風の『断腸亭日乗』とかもそうですが、「人が食べた物」の記録というのは、不思議に興味深いんですよね!


桐乃さんがどういうものを召し上げっているのかを通して、「日常」(荷風のは「日乗」なのですが…「日乗」は「日記」とか「日録」という意味になるんですよね)が浮かび上がってくる気がしました。

お忙しいとは存じますが、次回の更新をまた楽しにしております~!!


それから、拙作を引き続き読んで下さっているだけでなく、お心のこもったコメント、本当にありがとうございます!!


お住は、(自分で書いていて言うのもナンですが)むかつきますよね!

この作品は私が書いたものの中で一番、「悪人」「厭なやつ」「ダメなやつ」出現率が高くて……

読んで下さっている方が御不快になるのではないかと……実はそれが一番心配です(汗)


怪獣映画か妖怪映画(?笑)でも観るように読んでいただけたら……

とひそかに願っております。お時間のございます時、また覗いていただけたらこんなに嬉しいことはありません。


それから、桐乃さんが時々お使いになる山口の言葉、私大好きです♡

「わやくちゃ」……とってもキュートです~♬

2024/05/14 12:44

桐乃さん
頭痛、まだ治まったとは言えない状態なのですね……(涙)

本当に、一日もはやく本復なさいますように……!!


猫さんたちも、やっぱり桐乃さんが本調子でないのがわかったり、伝わったりするのででしょうか。吐いたりしたとのこと、心配ですね……><


いろいろお疲れの中、拙作の『太宰治は、二度死んだ』を読んでくださって、お礼の言葉もございません。


「引き込まれる」とのお言葉、身に沁みてありがたく、嬉しい気持ちでいっぱいです!!

かなり長い作品ですので、お時間のあります時に、どうかのんびりとお付き合いいただければ幸いです。


それから、桐乃さんが言及して下さった、女中の「タケさん」と太宰の関係は、かなり重要な要素として後半に出てきます。

どうぞよろしくお願いいたします(ペコリ)


桐乃さんの『キリモドキ②』、再開を心から楽しみにしております!!!

2024/05/08 19:41

プロフィール

物語の力を信じたい人。
「NOVEL DAYS」に作品を発表しています。

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ