碧イホノオ

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
座談会のイケてるガンプラとイケてないガンプラで分かる通り、ポーズの取らせ方、アングルでかっこよさが全然違いますよね。

この事からも分かる通り、私は声を大にして言いたい。


絵が上手くなりたければ可動フィギュアを買え!!


これ凄い重要だと思います。

そしてどこの関節をどのように曲げればカッコ良く見えるのか、アングルはどう取ればいいのかカメラを使って2次元で再確認することが上手くなる近道です。


今回はメカの話ですけど、可愛い美少女が描きたい人も同じことですよ。

可愛いポーズを取らせるにはどこを捻るべきか、重心をどこに持っていくべきか、こういうことは可動フィギュアで勉強するのが一番早いです。


初心者が陥りやすい罠は腰を動かしていないこと。

カッコイイ力強いポーズも、可愛い萌えポーズも、腰を可動させることで全然違って見えます。

出来れば腰可動域が広い、ちょっといいフィギュアを買うのがオススメです。

あとはカッコイイ系なら肩関節、萌え系なら出来るだけ足の表情を付けられるものを選ぶといいでしょう。


CGでも出来るし安上がりじゃんと思うことなかれ。

実物で手っ取り早く試行錯誤でき、いろんなシチュエーションで手軽に撮影出来るところがとても大事なんですよ。

CGだと最初から目的の構図を考えて演出しなければなりません。

天才ならそれでいいですが、フィギュアなら緻密に計算しなくとも自然に演出出来ます。

CG使うならフィギュアで方法論を学んでから移行するのが近道です。


接地の話もフィギュアなら自然に学べると思いますよ。

今はデッサン人形よりも遥かに役立ちます。

2017/11/26 04:34

プロフィール

小説書くけど漫画も描くし3Dや動画、ゲームも作る人
表現に縛られない自由な趣味人なのでクオリティーはお察し
変身ヒーローやロボットものが大好き

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ