碧イホノオ

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
ロボットにとってサイズは大きな個性です。

非日常なものほど、比較するのに背景やパースが大事であるという話。

そして大きくなるほど立体感が大事になってきます。

背景から浮いちゃうと存在感がおかしなことになりますからね。


初日に言ったロボットとパースは切っても切れない関係、というのはまさにこのこと。

ちびまる子ちゃんのような等身大の漫画ではそこまで気にしなくて伝わりますからね。



質量感の話も出たので、便乗して私のこだわりも。


ロボは必ず背景に衝突させろ!


戦闘中にビルに激突するとか何でもいいです。

ただロボと背景を一緒に描くだけでなく、背景と戯れることが大事。

質量感やサイズ感だけでなく、硬さなどロボットらしさをふんだんに演出出来る場面なんですよ。

よろめきをスローにしたり、衝突された側の破壊描写などでも伝わります。

巨大なものほど簡単に起き上がってはダメです。

そしてダメージを一拍置いて確認する。

ここがまたカッコイイところであり、プロレスをイメージすると分かりやすいと思うけど見せ場でもあるのです。

2017/11/26 03:38

プロフィール

小説書くけど漫画も描くし3Dや動画、ゲームも作る人
表現に縛られない自由な趣味人なのでクオリティーはお察し
変身ヒーローやロボットものが大好き

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ