• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
予告!。

あまりに当たり前のことなんだけど、もってまわって語られると初めて思い知ることもある。

三回シリーズで、一つやります。お付き合いのほどをよろしくお願いします。

その①は猫の話し...w。

2018/08/21 23:31

AGNI PARTHENE。 知らない人だけどうぞ...

https://www.youtube.com/watch?v=6dhj3WDinfg

これはフランス語でのNANA PERADZEさんによるもの。

ボクは、いかつい男どもによる迫力あるビザンチン式の詠唱の方が好きだけどねw。

ルーマニア語のものも趣深い...

gatehiro

2018/08/21 23:22

gatehiro

2018/08/21 23:06

Polyelaion Liturgical Hymn – Byzantine Orthodox Church

https://www.youtube.com/watch?v=ZgCRehbgTLI

背景まったくわかりません。しかし、この詠唱の心に響くこと! 。鐘の音の刻む、彫りの深いリズムが特徴か...。名曲です。

gatehiro

2018/08/21 23:01

gatehiro

2018/08/21 22:55

知ってる人は知っている。Hein Braat さん。

オランダの人。13歳の時から音楽を作り始め、26歳でそれを職業とされる。やがて、彼はヨガに触れる機会を得る。マントラを聴いた時に、それに魅了されてしまう。そして、サンスクリット語とヒンズー教の音楽を数年に渡り研究を行った。*かなりに本格的だ。


ガーヤトリーの詠唱をいろいろ聴いてみたが、ピンとくるものはなかった。基本、インド系のは、ただのポップスに落ちている。そんな中、彼のものが別格に思えた。以降、時を越えて愛聴することになる。*他のマントラCDも素晴らしいものばかりです。権威、品格を備えている。


https://www.youtube.com/watch?v=JdraXHvf1a8


gatehiro

2018/08/21 22:20

gatehiro

2018/08/21 22:19

俳優:故、汐路章さん。

もうメチャクチャ似てるの。それも雷丸の方が!虐めにあった相手は数あれど、二巨峰の一人。もう一人はおばさんで看護婦あがり。こちらは見た目も醜く、画像は、いぼイノシシになるのであげない。かなり先で登場する。当然に天の配役だ。よくもまあ見つけてくるものだw。


追伸:

夏休みをとりました。テニス三昧。オフに参加してた。しかしどこ行っても一番下手だわ〜。悲し。

今後もトーク本体は続けま〜す。よろしくお願いします。


とらざるを得なかったのだ。あの翻訳において恐ろしく消耗したから。その甲斐があったことを願う。

14日間でアクセス107。実質、三十人だろうな。みなさんは大正解!。いい嗅覚もってるわ。敬。

gatehiro

2018/08/20 19:49

gatehiro

2018/08/20 19:49

gatehiro

2018/08/20 19:49

gatehiro

2018/08/20 19:49

一枚追加。
ノーコメ

gatehiro

2018/08/20 11:51

gatehiro

2018/08/20 11:49

どれもトーカーのアイコンとして検討されたもの..

適格だとは思うが、単独では不十分。

昔、心の中で唱えられていた祈りを公開。

                                           「我が内なる、直角、照正、そして バオー よッ 」

                                                「我に、汝らの力を存分に振るいたまえ!」

gatehiro

2018/08/20 11:40

gatehiro

2018/08/20 11:36

gatehiro

2018/08/20 11:34

gatehiro

2018/08/20 11:34

G の立ち位置。

問い:「あなたの体系は、ヨーガ業者のものとどこが異なりますか?」


答え:『彼らは唯心論者で、われわれは唯物論者である。私は懐疑主義者である』


研究所の壁に記された最初の禁止命令は、『何も信じるな、自己さえ信じるな』である。

私は統計的証拠があって初めて信じる、つまり、繰り返し同じ結果を得て、初めて信じる。

私が研究し、仕事をするのは導きを得るためで、信じるためではない。


*これは重要な声明なので公開しておきます。ただし、言葉通りに受け止めてはいけないとも思う。使徒としては、なによりも実践に重きをおくことが肝要なのだ。理論だけに、哲学だけに傾くことは忌避されねばならない。また、『あちら』に行ききることを危ぶむ内容もどっかにあった。これはシュタイナーも注意されていたことでもある。インドが教えの拠点の一つであることは間違いない。N.マハラジは行ききった存在なのだとボクは思います。直感的な選択が求められる境界線があるのだと思う。

2018/08/20 11:05

全身全霊を持っての祈り。   『I AM, I WISH TO BE, FOR SOMEONE』

ある女性が、今日、街で見かけた栄養失調の子供らの話をする。彼女は、何もできない自分にただ無力感を憶えたまでだった。これを聞いたGは、できることがあったと話す....。


『あなたは、彼らを助けることができたのだよ。もし、あなたが真実の愛をもって彼らを思いやり、真剣に彼らが食べ物を手に入れることを願ったのなら、それだけでじゅうぶんだったのだ』。

『彼らはまもなくどこかで、食べ物を分けてもらえることになっていた...』。


『私がいま語ることを軽く考えてはいけない。人間としてふさわしく深く考えなければならない』。


『自分の心をすべて傾け、真の憐れみをもって隣人を助けるということはどういうことなのか?、これを本気で考えてみなさい。あなたは彼等が、ちゃんと食に恵まれることを願ったのだね。ならば、ただ世界に信頼をおいて、落ち着いて、次のように祈る』。


『私は今ここに在る、私は真実に存在することを今ここで欲する、彼等を本当に助けるためだけに!!!』   (I AM, I WISH TO BE, FOR THEM)


そうしたならば、その子らは、十歩も歩かないうちに、食べ物を分けてくれるだれかと出会うことになっただろう。私が言うことを信用するように。これはひとつの法則の現れなのだ。あるいはその子は一週間後に宝くじに当たるだろう。誰かのために、本当に、憐れむこと、願うこと、愛することには、それほどの力があるのだ。


あなたは、食べ物やお金を、具体的に与えることなく、人を助けることができる。このことを覚えておきなさい。真なる願い、真の人との結び付き、あなたの存在そのもの「Ⅰ AM」の力、これらのすべてをもって、あなたは人に何かをしてあげることができるのだ。これに比べたら、食べ物やお金はつまらないものだ。


頭だけで(口先だけで)機械的に願うことは、なんの助けにもならない。

全身全霊の思いで願うとき、それは本当の助力となる。

三つのセンター、すべてを総動員して祈りなさい。


*(意訳強)

2018/08/19 15:46

このプログの本当の役割。

これは自分にとっては忘れるためなんです。トーク本体もそう。すべてを忘れ去るために、手放すために...。皆さんには悪いが「でん」 させてもらう!。よろしく。

過去の記憶が私を縛る。幼子に帰ろう...

2018/08/17 22:11

プロフィール

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ