• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
ルカ 12:54−57

イエスは群衆に向かってこう言われた...


あなたがたは、西に雲が起こるのを見れば、

すぐに「にわか雨が来るぞ」と言い、

事実そのとおりになる。


また南風が吹きだせば、

「暑い日になるぞと言い、

事実そのとおりになる。


『汝ら偽善者たちよ』


あなたがたは地や空の現象を見分けることを知りながら、

どうして今の、この時代を見分けることができないのか!。


また、なぜ自分から進んで、何が正しいかを判断しないのか!。


『 汝ら偽善者たちよ!!!』


*[改訳:byMe]


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


何とこの箇所は”先”の続きなのだ。

何たる偶然!。

ここで馬渕先生の抜粋に関して語りをさせて頂きます。


個人的に現時点で意識しているのは、

もう安全圏、平衡状態には戻せないだろな〜ってこと。


いくつか自分にとっての確定予測を挙げさせて頂きます。


*●朝鮮は崩壊する。これは長男を粛清したこが根本原因。儒教に反する。

*米は朝鮮半島から撤退する。そして日本が矢面に立つ。

*気概あるまともな人間がいなければなし崩し的に寄らば大樹の陰になる。

*安倍総理は世界情勢における日本の保守で手一杯。good job ではある。

*結果、手元の国民の生活、明日の経済発展の準備まで手は回らない。

*その結果、日本はもうすぐ豊かな国ではなくなる。

*凋落の塗炭の苦しみを経る時代がやってくる。


*インターネットは5Gをもって人類支配の強制力として本領を発揮する。

*富の収穫マシーンとして元々構想されていた。

*飽くなき利益追求が技術発展のドライブ。

*セクサロイドの需要がロボット技術を牽引してゆく。


*気候変動に対して無茶なことをして返って悪化させる。

*大地との関わりが失われてしまう。

*天変地異は避けられない。


これぐらいにしておきます。



馬渕先生の話は少しづつ消化していってます。


思うのは、もうすでにかなりの[モメンタム/勢い/弾み]が付いて

しまっていて、これを変えることが本当に今更できるのか?ってこと。

生半可なことではこれはできない...。


後、以前の繰り返しになりますが、ディープ・ステイトだとか、左派系ユダヤ

だとか、中共だとか、ハッキリ名指しできるものは本当の敵ではないと意識し

といた方が良いかな。


これは容易く、次には違う名前のものに変わってしまっているのだから...。


締めは、次でやります。


なので〈続く〉。

2019/08/19 18:05

ルカ福音書における回答。

地上に火を投じるの意味は?


   諍い/紛争/戦争のことだろうな...と思う。


火がすでに燃えていたならとイエスは語りますが、ここでの火とは?


  こっちの火は「奮闘する」に関わるファイトの火。良心を価値とした見かけに拘らない

  意識的な生を志向していること。


イエスが受けるバプテスマとは具体的に何のことか?


  [無辜/無垢/聖]なるものが人身に宿る。

  罪深き性向を何故か生まれながらに背負わされている『人類』を救うが為に。

  先ずは、この人類によって彼は「否定/蹂躙/陵辱」され、最後に磔刑と処せられ、屠られる。

  復活して後、天に上り、神の右に座した。


  *結果、彼は、地上において、絶対的なの影響力/支配力を及ぼし続けることとなった。

  *途方もない[術式/魔術]が成し遂げられたのだ。

  *すべては彼の意のままにただ起こる...。


分裂が起こる原因は?


  エゴだ。


ここではなぜ家が舞台とされるのか?


  最小の社会性が保たれる単位だから。


  血の繋がり、家系の意識は、曖昧朦朧とした無意識的な、機械的なものでしかないが

  愛が育まれ得る軌道は備えている。


  だが、ここでも、封建的な家父長制の意識、[俺が/私が]一番[偉い/正しい]が

  支配的になりやすい/なっている。


  彼は、形式的なだけの、中身のないアリ姿は許せないのだ。

  パリサイ人のパン種の話は、どっかで中途半端にやったよねw。

  なので彼は、[軋轢/歪/確執]がハッキリ表で顕在化するようにされた。


  されてしまった...。


  

 *相似的に、あらゆるグループ単位において同じ現象が起こるようになっていることも

   忘れてはいけない。


*要はイザコザは仕組まれたものであり、大切なのは渦中においてどういった選択をするか。

  何を1番の価値として活かそうとして[苦慮/苦悩/奮闘]するか。


*彼からの洗礼(バプテスマ)は火。本質と人格の間の軋轢の機会。


*この火は自分のエゴを焼き滅ぼす為だけに使うべきのもの。


*間違ってもただ単に怒りで相手を懲らしめる、怒りをぶちまける機会としてはいけない。



〈終わり〉

 

2019/08/18 21:18

ルカ 12:49-53
わたしは、火を地上に投じるためにきたのだ。


火がすでに燃えていたならと、わたしはどんなに願っていることか。


しかし、わたしには受けねばならないバプテスマがある。


そして、それを受けてしまうまでは、わたしはどんなにか苦しい思いをすることであろう。


あなたがたは、わたしが平和をこの地上にもたらすためにきたと思っているのか?。


そうではない。むしろ”分裂である。


今から後は:


一家の内で五人が相分れて、

三人はふたりに、ふたりは三人に対立し、

また父は子に、子は父に、

母は娘に、娘は母に、

しゅうとめは嫁に、嫁はしゅうとめに、対立するであろう』。


++++++++++++++++++++++++++++++++++


質問形式にしてみます。


地上に火を投じるの意味は?


火がすでに燃えていたならとイエスは語りますが、ここでの火とは?


イエスが受けるバプテスマとは具体的に何のことか?


分裂が起こる原因は?


ここではなぜ家が舞台とされるのか?



ナンセンスでないとするならば、


ここには大いなる意味がある。


先にご考察されることをお願いしておきます。




2019/08/18 14:06

馬渕睦夫 先生

1946年生まれ。現在73歳とのこと。干支は戌になる。

前にご紹介しましたが、この方の林原チャンネルにおける

『一人語り』は、絶対に視聴されることをお勧めします。


もうこういった知性には、滅多にお目にかかれることではありません。


この方の説かれる”常識”とは、

最高度の知性が現実で切磋琢磨した結果、身につくものだと思います。


育ちにおける時代/環境が良かったのか精神性も高い。


端的に、剃刀の如くの現実解釈をしてくださっています。


畏怖し、かつ心から敬愛するべき存在である。


*バトンをしっかりと受け取っておきましょう...。

gatehiro

2019/08/18 13:11

gatehiro

2019/08/18 13:11

【質疑応答】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より 3/3 ラスト
質問6: DS(ディープ・ステイト)の本体とは?。

要するに…アメリカの[金融/メディア/司法]を握っている人たちのことです。


要するに左派ユダヤ系の人たち。


左派という意味はグローバリストって意味ですね。

つまり世界の国境を廃止して世界を統一しようとしている人たちです。

そういう世界を打ち出している人たちのことです。


その本拠地が、世界に散らばっているのですが、

今のところ、その一つの中心地がアメリカのウォール街の金融資本家

というふになるんですね。


そのほとんどの方がユダヤ系なんです。


それがディープステイトなんです。

DSが目指しているのが世界の統一です。

ですから、各国の主権を壊すってことですね。独立国でなくしてゆく。

国境を廃止するってゆうことだから、トランプ大統領が反対している。そういうことです。



質問7: 日本経済新聞は中国共産党に魂を売ったんではないか?

           それから6月に入ってから、皇室関係で各社新聞社は女性天皇とか女系が

           必要だとかアンケート結果を出してきているが…、

           それもやはり世界的な支配の目的で記事が書かれたのではないか?。


日経は今に始まったことでじゃ~ないですね。


(会場に笑い)


日本におけるグローバリストの宣伝屋。

日経は未だに中共に行け行けと言ってますよね。先頭に立ってね…。

中共が大切だ大切だと言っているのも日経。


殆どの新聞がそうですけれども…。

驚くことでもない、魂はとっくに遠に売ってますね。
魂なんか売るもんではないですよ。

(会場に大笑い)

メディアの一つの役割は善導じゃないんです。
国民を洗脳することなんです。
これはもうメディアの正体は百年も前に明かされているんです。

*(プロパガンダという本に関して語られる…詳細略)

DSは我々の目には見えない深く深く潜り込んでる政府のこと。


未だに、基本的に、そのDSに我々の生活の多くが支配されているということですね。

皇室への工作も、未だに彼らの工作です。

日本を日本たらしめているのは天皇陛下ですからね。

だから皇室を潰せば、もう日本人は根無し草になってどうとでもなる。

そう!、どうとでもなるんです。

我々はね~、そんなことないと思っていますけれど、とんでもないことです。

つまり我々の文化というのはすべて、天皇陛下の元にあってこその文化なんですね。

天孫降臨以来の伝統が、文化の支柱になっているわけですね。

それを取り払えば、我々の文化がなくなって…くるわけです。

もう、その辺でがなりたてている若い子供たちと同じですよ~。
あれ、どっから見ても日本文化だとは思えないですね。
でもあれを、新しい時代の流れだなんてメディアがもてはやしているだけの話です…。

だから、国体がなくなるっていうことはどういうことか?。

そりゃ、我々(は)まだ経験していないから実感としてわからない点は

あるかもしれませんけど、私たちが日々、当たり前のようにしてその恩恵を

被っていることが無くなってくるってことですからね~。


ソレ(恩恵)が無くなった後に初めて気づく、

しかし、その時にはもう遅いってことです。残念ながら。


万が一、女性天皇に…(内容不明)、それで日本は潰れる。

残念ながら…。



だから、その時に気づいたたらもう遅い。
だから、万が一そういうことになった時に元に戻すのは百年かかるでしょうね。
それに我々が気付けれなければ、百年どころか、永遠に沈没するってことですからね…。

だから、〈今〉!、繰り返しになりますが、女性宮家は、

まず最初の段階で完全に潰さなければいけない…。

当たり前のことですよ…。


女性天皇に関して世論調査で70%が賛成しているってのは、これは工作そのものです…。

だって秋篠宮殿下のご長男であられる悠仁(したひと)親王殿下まで決まっているんですよ、

皇位の継承順位は…。


だから憲法違反でもあり、法律違反なんです。

そりゃ誰だって、マイク突きつけられて「女性天皇賛成ですか?」って言ったら、

愛子様(浩宮様と雅子様の間における独り子)の顔が浮かんだらね、

みんな遠慮うしますよね。それだけの話です。


だから、もし世論調査をするとすれば、


「今、皇室としての、秋篠宮殿下のご長男であられる悠仁(したひと)親王殿下まで

 皇位の継承は決まっております。しかし、にも関わらず、それを止めて、愛子さまに

 天皇陛下になっていただくことに賛成ですか?」って聞けばいいんですよ。


そしたらほとんどの人が賛成しない。
だからもう明らかにこれはメディアがそういうふうに誘導しているわけですね。

時事通信が始めた。共同も同じ。
産経まで女性/女系天皇に賛成に舵を切ってる。
だからすべてのメディアがそうなってるんです今。

だからそれはもう自民党が、今の安倍総理のもとで潰す以外ないですね。

皇室典範の改正(第1章の皇位継承において)をしてしまえば、

少なくとも法律上は、女性/女系天皇にすることだって可能なわけですからね。


そんな恐ろしい崖っぷちにあるんですよ我々は…。


質問8は秋篠宮家の皇位に関して:ここはカットします。

〈終わり〉

長きに渡る、お付き合い、誠に感謝いたします。


少ししたら何らかの語りを自分なりに入れたいと思っています。


2019/08/14 21:37

【質疑応答】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より 2/3
質問4: 先の『天皇は憲法を超えている』に関して…

大日本帝国憲法は欽定憲法。

勅(みことのり)に従って書かれたもの。

国体そのもの。


現在の昭和憲法は形式上は大日本憲法の改正憲法になっているが、

これはとんでもないこと。まったく改正じゃない。



質問5: 中国人が日本の土地(九州大)を購入してきているが…、

水道の民営化、麻生さんが海外に(フランス)の企業に任そうとしている...何故?、

外国人労働者の導入へ懸念。



自民党の多くの人も皆中国マネートラップ+ハニートラップにかかっています。

利権なんです。あの人たちは…。

だから不法なことが堂々とまかり通っている。


これはもう政治家に言っても無駄です。だから我々が阻止しなければならない。

具体的には選挙で意思表明ができるのですが、しかし自民党以外はもっと悪いですからね。

そこをどうするか?ですね。


本当の意味での[保守]の再編が必要だと私は言ってきているのです。

本当の保守が現れてこなければならない…。

それが今の三つのご質問に対する答えになります。

自民党のほとんどの人がグローバリストです。つまりDS側の人間です。

自民党も含めて戦後のGHQの利得者。

だから共産党も自民党も同じ穴のムジナなんです。

それで、民営化をどんどん進めているわけです。


移民問題に関しては今日本がターゲットになっているわけです。

アメリカもEUも失敗したことを日本はこれからやろうとしているわけです。

それに対して何にも疑問を抱かない政治家ってのは何故か?。


彼らはお金にまみれているからです。
彼らには何も期待できない。ハッキリ申し上げて…。
我々が!もう現場で、実力をもって、拒否/阻止/排除するしかない。

外国人労働者、技能研修者ですか…労働省が彼らの利権を増やすためにやった。

ああいう制度を政治家とつるんで始めた。


思慮配慮、何の問題意識もない官僚が、自分たちの利権を増やす為にやったんです。

特殊法人が作られ天下りのポストとしても使われている。


あんな変なこと作ってうまくいくはずがない。

だから結局今、奴隷労働みたいになってんです。

その内に、あれは人身売買だって言われて国際的に非難されるようになると思いますよ。


だから、これから日本は社会が分裂していくんです。


皇室への攻撃というのも、その[一環]なんです。
日本の分裂を最終的に支えてくださっているのが皇室なんです。

もし皇室がバラバラになったら、もう日本をまとめるものが何もなくなるわけです。

まさに「まとめる」こと、「治(し)らす」ことが天皇陛下の役割だったですからね。


しかし、問題は、もうこういった(グローバル経済にまつわる拡散運動)世界の傾向は

終わっているんです。なのに、日本だけが先頭を走っている。


もう、我々が…、保守がの中で切磋琢磨している時期は終わった。

外に出て行かなければならない。


そして、ノンポリの人、同じ思いでいる人々、同じ価値観の人々にこれからアプローチして、

目覚めて頂かなければならないんです。


今アメリカで起こっているQアノン現象というのは、

Great Awakening、”大なる目覚め”のことなんです。

アメリカ人が今、目覚めつつある。
ほとんど半数のアメリカ人が今トランプの元で集結しています。

日本だけがバラバラになってますね…。


一昨年くらいから始まってますが、あの「ヘイトスピーチ法」ですよー。
罰則のない憲法ですが、条例で、みんなもっと拡大してゆくんです。
だから我々の言論の自由はどんどん狭められている。
あれは逆差別の法律ですね。

私たちが例えば、在日の人を非難したらヘイトになる。

在日の人が日本をいくら非難したって、

いくら罵倒したって何にも問題にもならない…。


つまり日本の分裂をもたらすための法律ですよ。

それを自民党がやっているんです。

そういうことですよ。


だから大変ですよ。


厳密に言えば、あの条例は違反ですよ。

ヘイト法には罰則規定がないのに

条例で罰則規定を設けるのはこれは憲法違反ですよ。


でも誰も憲法学者、そんなこのこと言わない。
そうでしょ?
だから憲法なんて実質上、既に形骸化しているんですよ。
都合のいい時だけ憲法を持ち出すんですね。

だから、LGBTってのは憲法違反です。
「婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立し…」って書いてある。

だから(同性間においては)それは憲法上は婚姻にはならない。
だからそういう人たちは憲法違反をやっているのに、憲法を改正しろとは言わない。
何故言わないのか?

それは先の本の中で彼(ユダヤ人)が書いているように、
みなGHQ教の呪縛の中にいるわけですよ。

これ、だから、日本国憲法が【不磨の大典】になっているわけですね。

だけど本来【不磨の大典】とは何か?、それは日本の国体です。

昭和憲法じゃないんですよ〜。

昭和憲法なんてのは日本の国体のほんの一部に過ぎない。

その一部を20世紀の言葉で文章化したに過ぎないわけですね。

しかも、その多くは、ドイツのワイマール憲法の生写しと書いてある。

作った人が書いてるんだから…。

そういう憲法を後生大事にしている人とはどういう人たちか?

みんなGHQ利得者なんです。残念ながら…。

自民党自身がGHQ利得者ですから。


〈続く〉


つけたり:


本当の保守が現れてきたか?。

現れてきたのは○キの政党ばかりだった。

全く別のアプローチが天によって採択されたのではないか?。


天変地異がくる...。


次で最後です。

頑張ってね。

頑張ってるからw。

2019/08/10 19:15

【質疑応答】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より 1/3
質問1:トランプ政権

何をやろうとしてるかというと、

中国共産党の経済支配を終わらせる。


何故かっというと、共産党がアメリがの覇権に挑戦したから。
彼らがアメリカに取って代わって世界を支配しだしている。
元々は中国/朝鮮はDSが造った。
その親の恩を忘れて、DSにとって代わろうとした。
トランプ大統領と反トランプであるDSとの利害は、

この点においては一致している。


最終目的は中国共産党の支配を終わらせること。
いつまでに実現するのか?

フランス人のジャック・アタリの予想は2025年。


*(今年2019からすれば六年後のどっかで…)
*(欧州の知的権威、当然猶太系統)

改めて、中国共産党を潰そうとしている。




質問2:女性宮家

”これ”を唱える人は保守ではない。
もっと言えば、日本の国体を潰す人です。
男系による皇位の継承以外を唱える人は保守ではない。
これは断定できると思います。




質問3:先帝陛下が譲位をされた本当の理由

分かりません…
これは陛下ご自身が仰らない限り、誰にも分からない。
世にある言説はメデイアや評論家が勝手に推測して言っているまで。

陛下は譲位と仰っているのですが…

厳密に言いますと、譲位というお考えは憲法違反なんですね。
もちろん生前退位なんてゆうのはとんでもない言葉ですけれど、

これも憲法違反ですが、あの…


メデイアも国民も、誰も、憲法違反を陛下が仰ったとは言わないわけですね。

それは当然のことであって、天皇陛下は憲法の上に居られる存在なんです。

こういうことを誰も言わないから…。


(会場より拍手少しおこる)

陛下を頂く日本の国体があって憲法がある訳ですからね。
憲法というのは我が国体のほんの一部に過ぎない訳です。

それを憲法の文群で天皇陛下を規定しようとするのが近代憲法学者ですよ。

これは保守も含めて。だから、そのアプローチは全く間違っている。

天皇陛下は憲法を超えた存在な訳ですよ。


(会場より拍手が起こる)

陛下は何をおやりになってもご自由じゃなくて、
陛下は国体そのものですからね。
国体そのものなんです。

我々は天皇陛下が国体そのものだっていうことを

腑に落として理解できるかどうかですね。


これは百の理論とかそうじゃないです。

我々のDNAが共感するはずなんです。


皆さんも本当の意味でお考えになれば…。
古事記以来のずっと天皇の歴史をお読みになれば…。

分かる分からないんじゃなくて、

ストンと腑に落ちるかどうかの問題だと思います…。


補足:

仮の話として…、何をしたとしても、天皇には民事も刑事も及ぶことはない。
国体は大日本帝国からかわらず。

変更点は、天皇の権威の源泉が天照大神の三大神勅(*)から国民の総意になったこと。



*三大神勅:


㊀君主として地上世界に君臨すべき事が約束され確定している事を示す

「天壌無窮の神勅」(てんじょうむきゅうのしんちょく)、


㊁天照大御神が手に八咫鏡を持って天忍穂耳尊に祝って言われた、

「我が子よ、この鏡を見るとき、まったく私を見るのと同じように見なさい。

床を共にし、同じ殿にいて神聖なる鏡としなさい」

「宝鏡奉斎の神勅」(ほうきょうほうさいのしんちょく)、


㊂稲作が皇祖神に由来する事が示されている
「斎庭稲穂の神勅」(ゆにわいなほのしんちょく)のこと。

〈続く〉

2019/08/10 19:07

Re: RWBY Opening 1 訳詞してみた。

https://www.youtube.com/watch?v=Wwohhs3LvRQ


Re: This Will Be The Day (feat. Casey Lee Williams)



They see you as small and helpless;
They see you as just a child.
Surprise when they find out that a warrior will soon run wild.

人はあなたを未だ小さくって役には立たない存在と思ってる。
彼らはあなたを未だ未だ只の子供だとみなしている。
彼らは驚くことになる、(あの子が)戦士となって間もなく暴走しだだすのを見て。

Prepare for your greatest moments;
Prepare for your finest hour.
The dream that you've always dreamed is suddenly about to flower.

備えよ!、あなたが最も偉大になる一時の訪れに。
備えよ!、あなたが最上級に開花するその瞬間に。
いつも夢見ていた貴方の願い、それが正に今、突然に、開花し始めている。

We are lightning,
Straying from the thunder,
Miracles of ancient wonder.

私たちは稲妻、
この雷からは距離をおけ
太古より伝え語られしの奇跡の神技。

This will be the day we've waited for.
This will be the day we open up the door.
I don't wanna hear your absolution;
Hope you're ready for a revolution.
Welcome to a world of new solutions.
Welcome to a world of bloody evolution.
In time, your heart will open minds,
A story will be told,
And victory is in a simple soul.

これこそ私たちが待ち望んだ日。
これこそ私たちは(本当に)戸を開け放つべき時。
私はあなたから(状況要請からの)免除を求める言葉を聞きたくない。
革命を担う覚悟が、あなたにはもうできているといいのだけれど。
新しいソリューション(解決法)の世界へようこそ。
血まみれの進化の世界へとようこそ。
やがて、鼓動の高鳴りが貴方の(頑なな)心を開くことになるでしょう、
物語は語り継がれてゆく(RWBYとその仲間たちの?)
そして、勝利は純真なる魂に宿る。

Your world needs a great defender.
Your world's in the way of harm.
You want a romantic life; a fairytale that's full of charm.

あなたの世界は”大いなる護り手”を必要としています。
あなたの世界は蝕まれつつある。
あなたは夢見の中での生活がしたい。おとぎ話は魅力がいっぱい。

Beware that the light is fading;
Beware if the dark returns.
This world's unforgiving, even brilliant lights will cease to burn.


気をつけよ!、光が弱まっていってる。
気をつけよ!、暗闇が舞い戻ってくるなら。
この世界は許しはしない、素晴らしい光明でさえ燃えることが途絶えてしまう。

Legends scatter.
Day and night will sever.
Hope and peace are lost forever.

伝説は散り失せる。
昼と夜は断絶する。
希望と平和は永遠に失われる。

This will be the day we've waited for.
We are lightning.
Welcome to a world of new solutions.

これこそ私たちが待ち望んだ日。
我らは稲妻。
新しいソリューションの世界へようこそ。

This will be the day we've waited for.
This will be the day we open up the door.
I don't wanna hear your absolution;
Hope you're ready for a revolution.
Welcome to a world of new solutions.
Welcome to a world of bloody evolution.
In time, your heart will open minds,
A story will be told,
and victory is in a simple soul.

これこそ私たちが待ち望んだ日。
これこそは私たちが(自身の)心のドアを開き切る日。
私はあなたが棄権の言葉を吐くのを聞きたくはない。
革命を担う心の準備ができているといいのだが。
新しいソリューションの世界へようこそ。
血まみれの進化の世界へようこそ。
時が至れば、ハートが貴方の心を開くことでしょう
物語は語り伝えられる。
そして勝利は単純(バカ)な魂の中に。


〈終〉



*イリヤがらみで手をつけちゃった...。


*光陰矢の如し。これももう古いんだろうね...。Season1 だけ観た。


*離れて観ると、若い魂を間違った方向(極左)へと向かわせる為の歌。


2019/08/05 20:01

関連画像。Re: 戦闘バイク

レトロで重量感を感じさせるところが個人的には気に入っている。

将来的には文章の中に詳細描写を持ち込もう。

gatehiro

2019/08/04 17:07

gatehiro

2019/08/04 17:06

gatehiro

2019/08/04 17:02

gatehiro

2019/08/04 17:02

出演交渉中。

イリヤの機動ユニットとして。

お人形さんの感じなのがいい。

血風陣をひいてくれるかも...?

gatehiro

2019/08/03 22:45

gatehiro

2019/08/03 22:44

Flying Motorcycle, Re: 戦闘バイク。

設定のイメージ上、ガルムは残念ながら使えません。

だいたいネットに絵があまりない。

写真はあくまでご参考。


また変な擬音、山ほど入れます。こんなの...

「リュンリュンリュンリュンリュンリュンリュンリュンリュンリュン(早回し)x789,689回」


そん時のBGM:


Eduard ArtemyevさんのFire (Эдуард Артемьев - Огонь)

https://www.youtube.com/watch?v=v4YnjQepUzk

2:54


1984年作品

gatehiro

2019/08/01 23:25

gatehiro

2019/08/01 23:24

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑰ ラスト

君民一体になっているってのが日本の国体の特徴。

世界で最も優れた民主主義なんですね〜。

それはなんでかというと、
支配者っていうか、天皇と国民の間に
搾取の関係がないんです。

お互いが、そういう意味では、
支え合うというか、思いやり…
その関係なんです。

こういう関係が、君主と国民との間に
存在することは彼らには想像できない。
彼等だけじゃなくて日本以外の国の人達には。

ヨーロッパの王室を見習えなんてことがありますが、
それはとんでもないことで、
あんな遅れた王室を見習ってもしょうがない。

ヨーロッパの王室っていうのは、国王と、
その国民との間の『契約』で成り立っている訳ですからね。
我が国は契約なんていらない。

いらないんです…。

お互いが、阿吽の呼吸っていうのは変ですけれど、
お互いがお互いを支え合っているっていうのが
我が国の三千年の伝統ですからね。

その伝統を潰そうというのが女系天皇論調ですからね。

これはもう国賊なんです。

でっ私達は、これで(講演は)終わりにしますが、

その走りっていうのか、その第一歩が女性宮家設立の問題ですからね。

女性宮家の創設は、我々は体を張って阻止しなければならない。

それこそ皆様方の役割です。私も含めて。

つまり民の、「大御宝」(おほみたから)の役割なんです。

我々がそれをしなければ、
我々はもう「大御宝」(おほみたから)ではなくなるんですよ〜。
単なる、一個人になってしまうんです。


そうなるかどうかの分岐点に、まさに今年、なる訳です。

今年、今年なんです。

これから国会議員は議論するって訳ですからね。

女性宮家の問題を…。

もう最初に潰さなければいけませんね。

これは妥協がありません。一切!。

潰すだけですから。

そういうことを今一度強調しまして、とりあえず終わらせていただいて、
みなさんのご質問を受けることに致します。

拍手・拍手・拍手


〈質疑応答編へと続く〉

2019/08/01 14:54

Re: 治めなさい。

この字とは個人的に関係がある。

なので、この漢字の意味について色々と考える機会があった。


パーツ的な意味としては、河川を灌漑して田畑に水が行くようにするになる。

なかなかに手間のかかる地道な行いだ。

なっても、行為者は居たことも忘れさられ、認める人は誰もいなくなり、感謝もされない。


だけれども天は彼を忘れることはない...。


〈暗転〉


水に関係している。

水ものはとても怖い。

変幻自在...。


これをコントロールするのが課題として与えられている。


一体化するしかその術はない。


神と我は一つとせんとすることしか道はない...。


2019/08/01 11:24

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑯

だから、天皇の役割というのは、ずっと変わってないんです。

戦前と戦後においても変わってない。

それを、戦後に変わったと言っているのが殆どの憲法学者なんです。

それがっ、公務論なんですよ。

天皇が公務をなさる…、公務をなさるのが天皇だ、なんて我々は洗脳されている。

「 違うんですよー!」。

天皇陛下はず〜っと…、天照大神の神勅を受けられて以来、瓊瓊杵命以来、ず〜っと

我が日本国の安泰と国民の幸せを願ってくださっている存在なわけです。

これがすべてなんですね〜。

ところが、この祈りが、天皇家の私事、わたくしごとになっている。

これは戦後そうさせられたわけですよ。

そうすると天皇の役割ってのは憲法に書いてある、象徴天皇、


国事行為やる天皇でしかなくなっちゃう。


それを公務なんて勝手に我々が付けている。

天皇陛下をお呼び出ししているわけなんですね〜。

そういう状況なんです。

もちろん、いわゆる公務が意味がないとは申しませんけども、

最も、我々が天皇陛下に我々が期待していることは祈りですね〜。

祈りなんです…。

これで日本国は保っているわけなんですね。

そのことはそれ、我々、唯物論で教育を受けた我々が実感できない。

だけども日本の国内が乱れる時っていうのは、みなさん想像できると思います。

まあ、こういう言い方は不敬罪になるかも知れませんが…、

天皇の祈りが弱まっている時…。

あるいは何かの問題が皇室で起こっている時ということですね。

天皇の祈りを支えんのが我々です。

それが君民一体でしたね。

天皇が私達を大御宝と呼んで慈しんで下さっている…。

それに対して我々は天皇をお支え申し上げるというかね…。

天皇陛下が本来の天照大神の神勅を実践できるように、

実行できるように支えるのが我々、民の役割であって、

その君民一体になっているってのが日本の国体の特徴。

世界で最も優れた民主主義なんですね〜。


〈続く〉


*次回で速報版は終わりになるでしょう。


*問題は器の中に中身があるのか?ってこと。形式しかないのなら力は...


2019/08/01 11:17

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑮
だから皆さんお気付きですよね…。

今まで皇后陛下(雅子様)はバッシングされてたんですが、私事で…、
今、我々がメディアで知る限りのことですけれども、
非常にお元気に勤めておられますよね。

それをまた、我々が、事情を知らないものが、

色々詮索するっていうのが止めることだと思うんです。


私たちにとって重要なのは、やはり陛下にとって、

陛下に日本国家の安泰と国民の幸せを祈っていただくことですね。


然し、その祈りというのは、陛下が、歴代の天皇、天照大神、

あるいはもっと遡って日本の神々と一体化されて初めて

その祈りというものは力を持つものなんですね。


ですから、今、こんな言い方は失礼なんですが、


本当の意味でまだ天皇陛下になっておられないんです。


本当の意味ではね...。


本当の意味で天皇陛下におなりになるのは

11月の大嘗祭を終えられたからなんです。


今は形式的に三種の神器を引き継がれましたから、

そう意味では形の上では天皇におなりになってますし、

10月には即位の礼で内外にそれを鮮明にされますから、

そういう意味では、もちろん天皇ではあるんですが、


本当の意味で祈りの力っていうのは、

これは私が考えたんじゃなくて、(詳しい方に聞いた話ですが)、


大嘗祭を終えられて、初めてその力が付くんですね。


だから、それから毎年、新嘗祭が行われますが、あれはアマテラス…、

もうみなさん十分ご承知のことですけれども…、

大嘗祭は最初の新嘗祭のことですね。


ですから、あの時に、


陛下が天照大神と共食される訳です、新米をね。

共食されて、(天照大神と)褥を一つにされる訳ですね。


それでっ!、天皇陛下におなりになるんです…。

だから、天皇陛下っていうのは天照大神のことでもあり、

瓊瓊杵命(ニニギノミコト)のことでもあるんです。


そういうことを我々は教育では一切習わない訳で…。

だから、私たちは天皇と言うと、今上天皇(今の天皇)のことしか頭に浮かばない。

でも、今上天皇は、これまでの125代の天皇と同じなんです(一体化している)。

そのことが分からないと、

天皇の象徴とはどういうことかなんて今憲法学者が議論されてますけれどね、

みな頓珍漢ですよ。


憲法に書いてある象徴とは何かっていうのを議論しているだけなんです。

そうじゃないんです。

もう、天照大神の神勅から始まっている訳ですね。

こういったことはもうみなさんご存知のことですが、

天壌無窮の神勅から始まっている訳です。

現代語訳:
日本国は、我が子孫が王たるべき国である。
さあ瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)よ、行って、しっかりと治めなさい。
恙(つつが)なくお行きなさい。
天津日嗣(あまつひつぎ;寶祚=皇位)は、天地と共に永遠に栄えることでしょう。


天皇の使命ってのはそこにある訳ですね…。

天照の大神が、え〜、瓊瓊杵命に、その、瑞穂の国ですね、
瑞穂の国を治(しら)せと仰った訳ですよね。

つまり、国民を栄えさせてまとめよと仰った。

その為に高天原でお育てになった稲穂を授けられたって訳ですね。

それが我が国体の根本な訳です。

ですから天皇陛下の役割は、瓊瓊杵命以来 ズ〜っと、日本国家をまとめることなんです。

それが憲法第一条に書いてあることなんですよ。


天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、

  この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。


象徴というのはそういったことですね…。


〈続く〉



*ニニギはニギヤカ,ニギワウの〈ニギ〉を重ねた語で,

   稲穂が豊かに実ることを予祝してつけた名称。



*個人的には、”この時”が、唯単なる形式的なものに終わるのか、

  それとも実体験を伴った内容となるのかが気になります。

  令和の天皇には、その印が必要であるはずです。

  ご表情の変化に注目致したく思っております。


2019/07/31 20:31

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑭


『令和』になってから突然ですよっ!…


皇室に対する攻撃のやり方が巧妙になってきたわけですよね。

でっ本来、皇室の内部のいろんな内情が外に出るはずがないんです。
芸能界じゃないですからね。
誰と誰がどう、いがみあってるとかね。
そんなことが出るはずがない…。

だから今、週刊誌が特にヒドいですけど。
あんなことが皇室から出るはずがない。
常識で考えてもわかる訳です。

しかし、なんであんなこと書いているのかと言うと?

それは記者が作文したら記事は書けますし、

適当に宮内庁の職員を籠絡すれば、

周辺の情報を集めることができるんですね。


しかし本当の陛下/皇后の、皇族の方々の

お心内におけるお考えが外に出るはずがない。


だから、如何にもその皇室の中身を知っているようなことをおしゃる方は

気をつけた方がいいと思います。


あの…本来、出ないんですよ。

それを如何にも、その、皇室の中がこうだなんて

メディアに出ること自体の方がおかしいと思わないといけませんね。


だから私はそう言った報道は一切読みませんし、信用もしません。

〈続く〉

2019/07/31 09:15

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑬

今の皇室を潰すという…、何故皇室をターゲットにしてんのかを申し上げましたけどね…


世界の秩序を潰してゆけば、やがて世界は無秩序になると..。
そうするとディープステイトは自由に世界を支配できると。
簡単に言えばそういうことです。

つまり我々はバカにされてるんですよ。彼らから言えば、ネっ。

簡単に転ぶと思ってるんです。


何に転ぶか?
お金、お金に転ぶ。
現に転んでいる人は沢山いるんです。

それから、もう一つはハニートラップってやつですね。

これはワンセットになってるのも多いですよ。

今の自民党でも叩けばいっくらでも出てくる。そういう人が。

だいたい親中派のほとんどがそうです。

だって、中国が好きで好きでたまらないなんて人は普通いない。(皆笑)。

弱みを握られてんですね。

だから保守系の人でも、保守系なんかどうかもわからないんですけどね…。

中国を批判したら保守系だと思われがちですけれど、必ずしもそうでない。

それも彼らの作戦のひとつですからね。

中国を批判させておいて、

そして中国にとってどうしても言って欲しい一言だけを言ってもらえればいい。


これは昔イギリスのBBCがかってやっていたやり方なんです。


BBCは比較的、公平/客観的/中立な報道をするって我々は洗脳されてるんですけどね…。

そういった名声を立てておいて、それで一言、

どうしても重要なことをその中に滑り込ませるんですね。


そうすると、我々は、BBCが言ってるんだからそうなんだろうと洗脳されるわけなんです。

同じことです。

日本のチャイナ・ウオッチャーズてのは沢山いますけどね。

その中の、あえて言います、多くの方がそういう人たちです。

中国を批判しているように見えて、(実際)批判してるんですが、

実は中国共産党の意向に沿ってやっている人達がいるんですね。


そういう(工作に対する)、免疫力を、前には精神武装などと申し上げましたが、
それを我々は身につけなければならないんですね。

何故なら、今年、2019年が勝負なんです!。

今年からがいよいよ勝負ですね。

これから勝負なんです。

令和という時代は偶然に今年から始まったのですが、

しかし考えようによっては偶然ではない…。


〈続く〉


*勝負の三連呼。いかに火急件であるかが伺い知れますね。


2019/07/30 10:19

参考情報 Re: 3S 政策 2/2

第二次世界大戦終結後、GHQが日本の占領政策を実行するにあたり、


基本原則とし「3R」:


Revenge ―  復讐

Reform  ―  改組

Revive  ―   復活


重点的施策としての「5D」:


Disarmament    ―     武装解除、

Demilitalization   ―   軍国主義排除、

Disindustrialization  ― 工業生産力破壊、

Decentralization   ―  中心勢力解体、

Democratization   ―  民主化


そして補助政策としての 「3S」 を策定した。


*スクリーン(Screen、映画)、

*セックス   (Sex、性行為)、

*スポーツ  (Sports、運動競技)の頭文字をとって3S


先の安岡正篤は、GHQのガーディナー参事官から直接話を聞いている...


この政策により、日本では


性風俗が開放され、

映画やエンターテイメントが興隆し、

プロ野球が国民的娯楽となった。

スクリーン(映画)

スポーツ、セックス(性産業)または

スピード(クルマ)は大衆の欲望動員による娯楽であるが、


それらに目を向けさせることにより、


民衆が感じている社会生活上の様々な不安や、政治への関心を逸らさせて

大衆を自由に思うがままに操作し得るとされる。


平たく言えば「ガス抜き」政策である。

余りに厳しい占領政策をすると暴動が起こる恐れがあるので、

人々の目を逸らさせるために行う。


以上Wikiより抜粋。


*本質的な、自覚されていた目的は 日本人をバカに変えようとしての戦略である。

2019/07/30 09:03

参考情報 Re: 3S 政策 1/2

日本を全く骨抜きにするこの 3R・5D・3S政策を、


日本人はむしろ喜んで、これに応じ、これに迎合した。


あるいは、これに乗じて野心家が輩出してきた。


日教組というものがその代表的なものであります。


そのほか悪質な労働組合、それから言論機関(メディア)の頽廃、


こういったものは皆、この政策から生まれたわけであります。


安岡正篤、『運命を創る―人間学講話』p.39

2019/07/30 08:56

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑫

今、女性宮家、想像できる方おられますよね…


どうなると思いますか皆さん?


その女性宮家のご主人というのはもちろん民間人ですからね。

じゃあ、二代目はどうなるか?。

もう女性宮家は破綻するんです。

二代目の女性宮家の当主は誰ですか?

女性宮家だから女性ですか?


眞子さま問題ですね。

*女系天皇、女系宮家は有史このかたありえないこと。

*女性宮家の創設は、紀子さまが41年ぶりに出産された

  悠仁(ひさひと)殿下が天皇になることを阻むことになる。


もう破綻するのは目に見えてて、
そんなことを考えてやってんじゃない。

とにかく今の皇室制度を潰すってのが目的なんです。

だから私は工作員だと言ってるんですよ〜。

だから今あえて私は申し上げますが、
女性宮家、女性天皇、女系天皇に賛成の人はみんな工作員です。

いや、本当、工作員なんですよ。

学者の中にもいますよ…。

何故、彼等は工作員になったのか、分かりますよね〜?

金・金・金ですよ。

そりゃ金くれる所いくらでもいるんですよ~、隣国に。

隣国に金をもらっていることをほぼ私は確信してますけどね。

特に、政治家の方は見返りがないと何もやらない人たちなんです…。

だから、金をもらってる…利権をもらっている人ですよ。

敗戦利得者というのはGHQ利得者なんです。

GHQ利得者なんですよ。

自民党も含めてGHQ利得者なんですね〜。

だから我々の目から見えないんです。

本当の敵がねっ…


〈続く〉

2019/07/27 21:41

これも当然に字起こしやります。

【質疑応答】馬渕睦夫大使「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」

https://www.youtube.com/watch?v=-5fbvFQegh8&t=939s


先に消化をお勧めします。


2019/07/27 18:43

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑪

つまり天皇とは日本の権威の象徴というか、権威そのものですからね。

もし、それが高天原の伝統を引き継がない天皇であるならば、

そういう権威はなくなる訳です。


それが彼等の狙いなのです!。

皇室という権威、天皇いう権威を潰すことなんです。

これは別に単独に日本だけで彼等が起こしていることではないんです。

国際的な底流があるんです。

それはフランクフルト学派と言われるものですね。


*(1923年に創設、フランクフルト学派のほとんどの構成員がユダヤ人)

つまり権威批判理論と呼ばれておりますが…。

所謂、世の中の権威秩序を批判しろ、というスクール/学説ですね。

なんでもいいから兎に角、今存在している秩序を批判してゆく、潰してゆくってことです。


そうしたら無秩序になりますからね…。

そのあと、どうなるかは彼等は言っていないのですが、


それは彼等が、好きに、

名無し子になった、アイデンティティーを失った国なき国民を

支配できるということが底意として隠されているのでしょうね。


だから、日本の女性天皇論者は、みんなその一派です。

もしそれを気づかずにやっている人は…よっぽど、お頭が〇〇〇〇な訳ですよ。

(皆笑)

こんな不便な世の中になったんです。
差別用語を言っちゃいけないって…。

そうでなければ工作員です。

だから我々が潰せばいいのです。

潰せば…。

女性宮家は絶対に認めてはいけないんです。


〈続く〉

2019 -1923 = 96年前

2019/07/27 18:40

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑩

神たるものには”時”は存在しない。ずっ〜と今があるだけ。永遠に…。
でっ、大御心(おおみごころ):

これと重なりあって人間格として発露される情緒的思いや考え。

シンクロ率は個人差は当然あるかもしれないが…。

玉体なる表現の根拠、理由。



さて、抜粋再開:

天皇を支えてきたのは有史以来ずっと国民なんですよ。政治家ではない。

天皇から見て、我々国民は『大御宝』ですからねー。


*古事記で表現されている。
*日本の国体とは、天皇が魂で、国民はそれをいただく肉体と考えるべきもの。

また我々から見て、天皇陛下は日本の神々の『大御心』を体現しておられるお方なんですね。

だから国民は敬愛の情が湧く訳です。
だから陛下は権威を持っておられる訳です。

その権威を潰そうとしている訳です。

私は、日本という国は、ずっと二権分立だと言っておりますが、

[権威]と[権力]が分離している国なんです。

だから世界で最も優れた民主義なんですよ、これは。

これが潰れれば日本は独裁国家になるんです。

そう言うことですよねー。

今まで日本は、数多の邪心のある権力者が出てきましたが、
天皇の権威だけは奪えなかった。
有史以来、誰も奪えない。

そうなると彼等はどうするか?
本当に日本の権力を握りたい、日本を支配したい人々はどうするか?
何を考えるか?

お分かりですよねー。

自分が天皇陛下になることができない、このことが分かればどうするか?

皇室を潰すことなんです…。

天皇になれなければ、天皇という制度を、皇室を潰せば日本の権威がなくなる訳ですよね。

今、行われているのはそういうことなんです。

その第一歩が女性宮家を設立する問題ですよー。

その女性宮家の設立問題に拘っている政治家の名前、皆さん覚えておられますね?。

あの方も私は工作員だと思っております。

違うんだったら、何故そのことに拘るのですか?その理由はなんですか?
と問えば、彼は答えられないんです。答えられるはずがない。
それは2700年の伝統に刃向かうことですからね…。

女性宮家を作ればそれが第一歩になって次は女性天皇に行くんです。
その次は所謂、女系天皇になって、違った王朝ができるんです…。

これは歴史革命、「革命」なんです彼等が今しているのは。

だからこの頃、共産党まで言っているじゃないですか、「女性天皇賛成」って。

〈続く〉

2019/07/27 09:15

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑨
ディープ・ステイトの狙いは何か?

人類の(民族)純度を落とすこと…。
人間をバカな存在にさせる。
道徳的に劣化させる。

世界を統一するためなんですよ。

人間がどんどんバカになってくれれば、そんな人間を騙すのは簡単になる。
人間の純度を落とす。
人間をバカにさせる。
そういうバカな人間が増えてくれれば彼等の世界支配はやりやすくなる…。

彼等は表向きに、そんなことは言いません。

その代わりにグローバル市場化が大切なんだとかね…
それによって各国みんなが利益を得るのだとか…。
誰も利益なんか得てない。
利益を得ているのは彼等だけなんです。

日本も全然利益を得てないでしょ。
最近の日本の企業の体たらくを見たら分かりますね。

でも、あれは仕組まれたことなんです!。

態々、ずっとGHQ以来ずっと仕組まれて…、

私たち自身が(今日お集まりの皆さんは違うと希望しますが)、

我々の道徳心が相当今、劣化してるんですね〜。


我々の道徳心の元にあるのが皇室ですからね。

だから皇室を潰してしまえば日本人は道徳的に劣化してしまうんです。

彼等は知っているんですそれを。

また逆に言えば、日本人は手強いことをは知ってる訳です。

何故手強いか?

それは我々が天皇陛下をいただく国であるからなんです。

国体の根幹とは未だ、揺らぎつつはありますが、未だ残ってるわけですね。

ですから、そこを潰すんです。

与党である自民党の一部も同調してるんですよ!皆さん(怒)。

女性天皇でいいじゃないか…なんて言ってましたよね。

某自民党の幹事長が...。


彼が工作者だとは言いませんが…。

そう言う発言を知ってて行なっているとするならば工作ですからね。
日本国家を解体しようとしている工作者です。

だからそれを止めるのは誰か?
政治家ではないんです、皆さん方、国民なんです。

何故か?

君民一体の国なんです。我が国は。
天皇を支えてきたのは国民なんです。
有史以来、国民なんです…。

〈続く〉


つけたり

君民一体の国であることを共に確認しあう場として各公的行事がある。
君民一体はただの理念ではなく神話として定められた構造体としてある。

本幹を狙うと同時に周辺よりの工作も行われている。
こっちの方は完全に成功してしまっている。
テレビ見れば分かる。

2019/07/26 20:47

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑧

メディアで登場している[知識人/専門家/先生方]は洗脳されている人たちなんです。

*その洗脳の方法は、[お金/収入/地位/役職/スポットライト]などを[餌/梃子]にしたもの。


【彼等】は何をやろうとしているのか?

世界(各国の伝統的文化秩序)を混乱させようとしている。

殆どのメディアがディープステイトの影響下にあるのが日本を含めた世界の現状です。

彼等の意図/目的において世論を誘導している。


その方法には拘らない。

フェイク報道(法螺話)であろうがなんであろうが、世論に影響を与えることができるなら、

一切気にもしないのが現在のメディアのモラルである。


何故、現在、皇室がターゲットになっているのですが…

主体はディープステイトなんです。

彼等は何故こんなことをするのか?。

何を狙っているのか?。

”あの本”で告白された内容によりますと:

世界統一をするために。

その戦略として取られているのが:

「人類の純度を落とす」「道徳的に劣化させる」「人間を”バカ”にする」

バカな人間が増えれば、人類支配がやりやすくなる訳ですよ...。

〈続く〉


昨今の[TV/新聞/ネット]における報道/発信は、もうひどすぎる。
目を耳を塞ぎたくなるものばかり。
コメンテーターも全てに無自覚。

なので、皆さんは一歩離れて、物事の推移を見定めてくださいね。

祈り、願い、かの方に伝えることしか、できることはありません。

『御旨の天に行われるが如く、地にも行われんことを...』

2019/07/26 10:24

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ⑦
*今回のパートはとても重要なところになります。
 多くの方が天皇制に関しての理解は乏しいと思います。
 馬渕先生は本格的な学びを終えられています。
 先に前提としてお伝えしておきます。

今現在、日本を支配しているのは〈GHQ利得者〉と呼ぶべき人々である...。

天皇家に関わる問題…、皇室をめぐる問題が起こっている…:

この問題の背景にはロシア革命以降の[世界の枠組み/世界の構造]がある訳です。

例えば、『国連』が男女平等/同権などの理念を口実として、

日本の内政にまで口を挟んできているのです。


その具体的な内容は「女性天皇があるべきではないか…」。

国連がそんなくだらんことを言い出している!。

国連というものはディープ・ステイト(左派系ユダヤ人)が作ったものなんです。
*あの本において告白されている。

宣伝として、国連は世界平和の為の殿堂と広報されているのですが、違うんですよ。

国家の上に国際機関を置いて、彼等が各国主権国家を支配するってのが国際連盟なんです。

その証として、初代から何代目かまでの国連の事務局長は全部ユダヤ人ですよ。

国連はユダヤ思想が現実化したものなんだということを我々は理解しなければならない。

あれは素晴らしい世界平和の為の国際機関であると学校なんかでは習うのですが…、

真実としては、国連が出来て、紛争がなくなることは勿論なかったんですよ。

むしろ紛争が長引くようになったんです。

何故だか分かりますよね。

紛争の当事者でない人が紛争に介入できるようになったんですよ〜国際機関だから。

今でもそうです。

全く紛争に関係のない国でも安保理の議題になれば「一言」言えるようになる訳ですから。

例えば、満州事変の事後に関しては国連で議論されたが為に、

「チェコ」がことごとく日本の足を引っ張るべく口を挟んできた。


チェコは独立においてウイルソンに恩があったので忖度して発言していた。

まったく満州の事情を知らないにも関わらず…。


だから国際機関で物事を議論すると物事は長引くんです。


何故か?、


弱いもの(*)に味方するからです。まとまらないんです。


*忖度/配慮/協力/協調…ボス国に気に入られたい…

*謀略の場になりやすい。

*マイノリティーの地位向上はダミーを立てて、その実、ユダヤ人が本体である。


現在の国連ならば、まったくの無駄でしかない。やがて無用の長物になります。

国連は、そういう意味ではユダヤ思想ですからね…。

主権国家の上に国際機関を置くといった発想、主権を抑える、支配する為にですから…。

本来ならば、主権国家が、各々の主権国家としての特性を活かして国連の元で

協力体制を築くことだ、それが本当の国連の姿であるべきだ。


本来はそうであるべきなんです。

ところが、いろいろと彼等が条約を勝手に作ったりして、

主権国家の内政に干渉してきている訳です。


その(戦略の)一環として日本の皇室にも干渉してきている訳なんですよ。

女性天皇を認めよとかね…。

〈続く〉


かねがね思い感じているのは、向こうは本気で日本を駄目にしようとしているってこと。
向こうの正体、本体は、やはり人ならざる存在だと思う。
だから本当に恐ろしいのだ…。

2019/07/25 18:28

SPEED 『White Love』 Piano ver.

いろいろ聴いたけどこの方のが一番好き...

https://www.youtube.com/watch?v=miaV7iDe99Q

歌うピアノ。

2019/07/24 21:29

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ➅
以前あった日韓共催のサッカー、君が代、日教組の国歌拒否、日本の若い選手がマナー知らずであったこと、表彰時に雑談していた、等の話し。

何故、このような基本的な、素朴な常識が疎かにされるようになったのか?

そなるように仕向けたのがGHQ、つまりは彼等である。

これは彼等自身が告白していること。


分かりますね?

こうした(呪縛)を、日本人は何故克服すること、乗り越えることができないのか?!…

敗戦利得者なんです。今の日本の支配層は…

それよりも、GHQ の利権に群がった人々が今の日本を支配しているから。

そう言う人たちは、古事記も日本書紀も認めないといった人たちですよ。読んでもいない。

現在、天皇家に関わる問題が起こっているのですが、

そういった人達が、何にも分からない、勉強もしていないんだから、

トンチンカンな議論を繰り広げている訳なんです。


これから本題に入る訳ですが…(笑いが起こる)



〈続く〉


つけたり:


戦後GHQにより日本人を劣化させるためのオペレーションがあったことは、

何となくではあるが伝え聞いていた。今から30年以上も前に。


その理由は、日本民族が突出して優秀であると認められていたかららしい。

ベルゼの中で、G は、ユダヤ人が何故世界的に排斥される潮流が

形成されたのかも話している。


民族的団結力がスバ抜けて優れていたかららしい。


抜粋における文章は、少し調整させていただいてます。

スバリではありません。

かしこ。


2019/07/22 20:25

マルタとマリア。

イエスとその一行はある村にお入りになった。


そこでは、マルタという女が、イエスを家に迎え入れた。

彼女にはマリアという姉妹がいた。


マリアは主の足もとに座って、イエスの話に聞き入っていた


マルタは、いろいろの「もてなし」の準備の為にせわしなく立ち働いていた


「主よ、わたしの姉妹はわたしだけにもてなしをさせていますが、

 何ともお思いになりませんか?。手伝ってくれるようにおっしゃってください。」(マルタ)


イエスはお答えになった。


「マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している


  しかし、必要なことはただ一つだけである。


  マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。」


(ルカ10:38−42)


+++++++++++++++++++++


今日の教会での説教の題材でした。


このエピソードはとてもおもしろい。

マルタはホストとして、てんてこ舞いの有様だったのだろう。

一行とあるので、かなりの人数分のもてなしの準備でおおわらわ。


しかし、ふと見ると、妹のマリアは何の手伝いもせずに、

あっちで、イエス様のすぐそばに座り込んで話に聞き入っているではないか!。


「メチャメチャ腹が立ちましたわ〜」(今田風)


でっ、イエスに溢すわけですよね。


イエスの回答はマリアの気にそうものではありませんでしたというお話し。


毎度ながら神父さんのお話しは あまりサウンドしなかった...。


あれやこれや捏ねくり回し過ぎでした。


でっ、憂さ晴らし。


これって、説話として再構成されてしまっているんだろうなと個人的には思う。


メッセージ性を活かす為にいろいろと割愛されている。


だから下手な解釈は持ち込まないほうがいいのでは...。



マリアが正解ということでもない。


どちらが正解なのかなど、我ら部外者にはどうでもいいこと。


最後まで残るメッセージは、

生きるにおける煩いよりも、神様の方が大事であるということ。

何をさておいても、彼にしっかりと繋がっていなさいよと。


割愛の部分にはマルタへの慰め/ねぎらいの言葉もあったのではないかと思います。


2019/07/21 20:29

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ➄

外に向かって説かれる美しき理想は、策略にも等しく、

叫ぶもの自身はその真逆を行っているケースが見受けられる。


自由、平等、博愛に始まり、

現在においてはグローバルなんちゃら、自由貿易の主張…


レーニンは、かって平和を主張して戦争をやらせて、

それを内乱に持っていって、革命を起こした。


似たようなもので、日本でも平和を叫びながら戦争を望んでいる人々がいる。
憲法九条二項の改正を反対している人々。


何故か?、


戦争になれば中共の支配下に日本が堕ち、

結果自分たちの天下が来ると思っているから。


*美辞麗句を語るものは嘘つきである可能性がある。

我々は戦後、歴史を勉強しなくなった…。

日本人は「ひ弱」になったんですよ。

あの、世界で最も強い精神を持っていた日本人が
何故ここまでひ弱になったのか?。

歴史を忘れたから。

いや、歴史の勉強を阻止されたから!。

誰が阻止した?。

GHQを掌握するユダヤ系左派。
これは自分たちがやったとあの本の中で告白している…。

結果、大学には三流学者ばかりが残った。

〈続く〉

つけたり:

小学校時代に特異な先生達が存在していた。
八郎潟の干拓に関して一学期つぶした。
塾に通う裕福な家の子をいびりたおしていた。

高校時代にも一方いた。
本好きが知られマルクスへと誘導されそうになった。

公立の先生達の多くがなんらかの使命を帯びて教員をされているのだろう。

2019/07/21 19:26

蛇足…

主戦場は対会社。その内容は表で明かされることはないでしょう。

警察も頼りにしにくいのかも知れない。

だから会社は、株主、従業員を守る為に心を鬼にして慎重を期した。


昨日の会見によって会社への批判意見が醸成されたので、

  結果としては向こうのシナリオ通りだったのでは...?


世間の批判の矛先が会社に向かい窮地に立たされたところで、更に手持ちのカードを切る。

準備された時間を考えるならまだまだ沢山ネタはある。

裏舞台では波状攻撃がこれから行われてゆく。


最後には折れて手打ちに至る...。闇で...


夢・想像でした!。

2019/07/21 16:16

アレ観てたので今晩はお休み、その代わりに...。

綿密な計画の基、じっくり時間をかけて罠に嵌められたのだ。

主目的は会社からだったのだろうが、これは鉄壁のガードで阻まれる。

そうなったなら次点の策は印刷物での回収だった。


何度でもアプローチはこれからも繰り返される。

相応しいターゲットはこれからも腐る程現れてくる。

いつか沈めたる、取り込んだると思っているのだろう。


これは勝てないのではないだろうか?。

誰でも嵌められてしまう...。


会見を観ている間、二人は自分だった。

まったく違いはなく、同じだと思って見てた。


内容的に、とても立派な対応だった。

自分では、ここでまでできないと思える程。


最後に...、


似てると思われませんか?。

彼等の戦術と、色合いと。

秩序を転覆する/劣化させる為には手段を選ばない。


彼等は暇で暇でしょうがないのだ。

マシンガンの乱射が大好きなのだ。


凡庸に、真面目に、じっくり取り組むことができない。
だからラジカルなるものに走ってしまう。


憑かれた人々...。


主の祈りにある 『父よ、われらを悪より救い給え』 しか頼るれるものはないだろう...


追記:この祈りの前提は、「一時は捕らえられてしまう」がある...。ヨブ...




もう一つあった。

『アップ ホステ マリーニョ デフェンデ メ』。



悪魔の罠よりわれを護り給え。

2019/07/20 22:16

独り言。

これも、これから起こる革命の準備でしかないのかもしれない。

ある種の潮流が引き起こされようとされているのかな?

倒すべきは20世紀の枠組みを作った人間達であると...。

彼等から支配権を各国取り戻せと...。


個人的に、簡単に名指しされるものは 真の敵では"ない "と思う。

ここでは、ユダヤ系左派とか共産主義になるが。

サブジェクトとオブジェクトの関係で、対象は自己であるとするだけでいい。


悪しき傾向性は自己の中に同じくある。

これに対して奮闘するだけでいい。

間違っても他者を変えようと働きかける、外に向けてどうこうしようなどと考えないように。


自分が総理大臣でないことに、

また対外的に真剣に関わる必要がない身分/職位であることに感謝すべき。

これは確かなこと。


2019/07/19 21:09

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ➃
ユダヤ系左派の革命家が背後から革命を煽った。
ロシア革命、フランス革命然り…。
こういった歴史は巧妙に隠されている。

例えば、フランス革命で掲げられたスローガン『自由、平等、博愛』。
これを発明したのも”彼等”なのです。

現実を生きている者からすれば、自由と平等なんて実現されるはずがないことなのです。
現に世界中のどこでも実現していないですよね。
ところが、ひるがえって日本においては高天ヶ原の時代から自由と平等を実現している。

常識(現実を堅実に真っ当に生きていれば自然と身につく)をもって

今ある世界の現実を判断していかなければいけません。


世に溢れておられる先生達(やたら難しい言葉を使う大学の教授)が

頭を垂れて、わざわざアメリカで教えを受けてきたのが”彼等”。


国際アカデミーにおいての彼等の影響力はすごい。
みなユダヤ系左派の人たち。
確かに彼等は頭がいい。

その人達が基本現代の世界の枠組みを作った…。

〈続く〉


つけたり:


個人の戯言です...。


また戦略は如何なる戦術をも正当化する。

分かりやすい、単純なスローガンは効果的である。
長期展望において、先ずは教育機関を手中に収めよ。
嘘/偽りも、明らかにされない限りは真実である。
恐怖をもって支配せよ。

進撃の巨人に描かれてますよね。


人間は差別を好む。格差において自分が優位なることに満足を覚える。性だ。

エゴがある限り無理。これも必要悪。


2019/07/19 20:55

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ➂

実は、現代の中華人民共和国を作ったのはディープステイト。

マーシャル将軍が中国に乗り込んで蒋介石に引導を渡したのが中共の成立になる。

世界の学界を握っているのはユダヤ系の学者である。


だからこういった事実が表で語られることはない。

ディープステイトの中核を占めているのがユダヤ人。

何の為に中共を作り育てたのか?、また何の為に東西冷戦をやったのか?

アメリカという国をつぶす為であった。

第二次世界大戦は世界を共産化するする為に起こされた。

誰によって?

ディープステイト(ユダヤ系左派)が起こした。

そもそもロシア革命は彼等が起こした。

そこではロシア人に対する大虐殺が行われた。

ヒットラー以前に…。

強制収容所、奴隷労働もロシアで行われた。

ロシア革命の真実を歴史家は絶対に書かない。

フランス革命も同じ…。


〈続く〉



『共産中国はアメリカがつくった』 (ジョゼフ・マッカーシー著)


補足として、この書のレビューからも抜粋:


マーシャルは、第2次大戦後の中国において、当然蒋介石を支援すべきなのに、それを怠り、

結果的に、むざむざ共産軍に中国を渡してしまったのです。


それ以外にも、戦時中、英国よりもソ連に有利になるような作戦を提案したり、バルカン半島から撤退することでソ連に明け渡すようなことをしたり、日本が敗戦確実であるにもかかわらずソ連の参戦を熱望したり、などなど、とにかく、共産主義者ないしはそのシンパとしか思えないような行為が多いのです。

2019/07/18 19:44

本走しながらの準備です...➃

『知ってはいけない現代史の正体』(馬渕睦夫著)より


ある勢力がまず「金融」を牛耳って「ディープステート」が基盤を固めたその発端は、

20世紀初頭、100年ほど前に遡ります...。



以下、本書のレビュー複数者のものより抜粋:

「ディープステート」=「影の支配者」は「深く潜伏する見えない勢力」であり、

「イデオロギー政策集団」=「ネオコン」を使い、“歴史戦”を仕掛けて“偽情報”で翻弄する。


「時に味方」に、「時に敵対勢力にも援助」して利権分配の工作をしかける

「主権国家の垣根を越える存在」=「グローバリスト」でもある。


ディープステート」の正体を一言でいえば「国際金融資本家」である。


「国際金融資本家」は社会主義者の巣窟(そうくつ)であり、本流を辿ると

サッスーンなどの財閥や英米の金融資本、ロックフェラー家のスタンダード石油、

ロスチャイルド家の帝国科学工業などの“家”をもつ複合企業体であり、

“歴史戦”への関与の影響は大きい。


トランプは生粋の長老派のプロテスタントであり、

福音派にも配慮して岩盤の主流派の支持基盤を強化する。


第二次世界大戦が終わったとき、アメリカは圧倒的な経済力と巨大な軍事力を持っていた。

そのアメリカの影の支配者であるディープステート、

つまりグローバリストたちは、アメリカの「弱体化」にとりかかった。

彼らが世界を統一するにおいて、”健全な主権国家”ほど邪魔なものはないからである。

朝鮮戦争、ベトナム戦争といった一連の戦争は、アメリカの国力を弱めるためのものだった。


トランプは、影のキングメーカー=国際金融資本家に対して正面から宣戦布告している。


エネルギー・食料の自給が出来ない中国は、超大国にはなりえない。

充分稼いだ国際金融資本も共産党政府を最早、必要としていない


北朝鮮の隠れた支配者は、国際金融資本である。だが金正恩は、見限られたようだ。
ポリティカル・コレクトネスは、少数派優遇イデオロギーを使ったディープステート(グローバリスト)=国際金融資本家の時限爆弾である。

「健全な主権国家」が邪魔であり、アメリカ政府は、必ずしも、アメリカ人の政府ではなく、

「金融」「司法」「メディア」を陰から支配


「分割統治」と呼ばれるように、各地域で対立構造を生み出し、双方に武器を給与し、利益を享受ー例えば、朝鮮戦争、米ソ冷戦、ベトナム戦争、アメリカ同時多発テロ(ISIS)・・・を自作自演

*新書で896円だって。

2019/07/18 19:00

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ➁

公開情報で事実上全部分かる。


公開されてある情報を丹念にフォローしていけば今起こっていることが分かる。

例えば、中国とアメリカの貿易戦争の本質は、

アメリカが中国の共産党を潰す方に舵を切ったことにある。


このことにおいては、アメリカの真の支配者グループも同意している。』


〈続く〉


以下は私個人による補足。


*20世紀の世界秩序の担い手、つまり支配者とは、ロシア革命を先導したことをきっかけに勢力を伸ばした左派系ユダヤ人たち。世界各地に所在し連携を取り合っている。国際的に金融を支配している。アメリカにおけるグループをディープステイトと呼ぶ。

*最も効果的な大衆支配の方法は洗脳になる。個人的には暗示力と言いたい。

メディアは既に誰ぞかのコントロール下におかれてしまっている。


お金があれば、大株主になれる。中に入って要職を占めれば、権力で社員は支配できる。

頭の固いのがいれば、ピンポイントで攻撃して言うことをきかす。

ここでもお金とハニートラップで弱みを握る、人の弱さに漬け込む戦術が使われている。


また、人は強者、権威の肩書き、大勢にはホントーに弱いのだ。


*「目的は手段を正当化する」「勝てば官軍」「個人責任」「騙される方が悪い」

*悪しき霊的勢力も、また加担しているのは明白。

2019/07/18 10:28

ベルリン国立インド美術館所蔵

宝ものの絵はがきを公開。

一時失われるも、数十年の時を経て吾が手に戻る。

これ本物の芸術ですよ。

gatehiro

2019/07/18 09:39

gatehiro

2019/07/18 09:35

本走しながらの準備です... ⓷

『主なる神は人とその妻とのために皮の着物を造って、彼らに着せられた』。

( 創世記3:21)


大概、ここはさしたる意味を認めないでサラッと読み過ごされる箇所だと思う。
アダムとイヴが裸で恥ずかしくなっちゃったので服をあげたんだぐらい。

だが、個人的な妄想として、

ここにとんでもない事態が語られているのではないかと思ってしまう!。


以下はその突飛なる奇説としての内容:

皮は当然に獣の体から剥いだもの。

これを着せた…。


つまりは、霊的存在たるものが動物の肉体を纏わされた、

それと調和機能するようにさせられた。


これが現在、人間として語られる存在。

簡単なイメージとしては:


獣存在である猿の肉体組成が採択され、これが利用された。

結果、物質性における変化も起こり、見かけは大きく変わった。
これがミッシングリンクの原因。

このことの核心的意義は、人は獣の為のプログラムに影響されるようになったである。

これとの闘争がなされるべく…。


だが、負けてしまうものが多いのだ。

2019/07/18 09:18

【速報版】馬渕睦夫大使 特別講演「激動する世界情勢の中での日本の立ち位置と使命」より抜粋 ①

日本の現在抱える問題に憲法改正の必要性がある。


(アジアの大国の動きを見れば、もうこれは避けられない状況にある)


ところが野党のみならず、与党においてさえ改正に関しては反対派がほとんどなのが現状。

これの議論が進まないのは未だ、日本が戦後のGHQによる統制その呪縛の影響下あるが為。


そのGHQたるものの正体は実は、左派系ユダヤ人だった。
GHQの主流を占めていたのが彼等だった。
GHQの日本占領政策とは日本のユダヤ化だった。

*この辺のことを証しするのが先の本になる。

よって日本は未だ20世紀のしがらみの中で生きているのが実情。

このことから急ぎ脱却して、本当に21世紀に入る為には、

真実の歴史に基づき、先ず過去の総括が果たされなければならない。


*総括の対象範囲が広くてあまりに深い…。

 自分としては、ほんの少しだけ、を差させていただきたいと思ふだけ。

 左派系ユダヤ人とは”憑かれた人々”なのだ。


*本質は、善と悪との闘争なのだと思う。


〈続く〉

2019/07/17 21:59

助走としての準備です... ➁

講演の冒頭部で、とある本が復刻された(1,290円)ことが語られている。ますよね?。


オリジナルは1979年に出版された。

馬渕氏による歴史観を外部から保証する証拠となるもの...。


この本のレビューにあった文章、お二方のものから抜粋:


            ================


GHQの大半はユダヤ人であり、社会秩序の内部崩壊を狙い、日本の国体を破壊するために「民主主義」という虚構概念を植え付けたという点に、左派が「民主主義」を声高に叫ぶ現代の不思議な現象に対するモヤモヤが氷解する。


と同時に、ユダヤ教という携帯祖国を持つ民族が、主要各国及び国際組織の中枢に入り込み、世界を支配する現代において、国単位で物事を語ることがいかに本質を見過させるか、ということを痛感する。


ユダヤ人、非ユダヤ人の観点から近現代史を書き直せば、

そこには我々が知るのとはまったく異なる歴史が浮かび上がるのである。


ユダヤ人とはなんと恐ろしい民族なのだろうと思うが、

それは過去の西洋の歴史において長い迫害の歴史を持つ民族の復讐劇に見えなくもない。

            ================

欧州各国での君主制の打倒、ロシア革命、マルクス主義、共産主義、民主主義、国際連盟。


これらの成立はほとんどユダヤ人によって成されたものだ。


第二次大戦中のアメリカのルーズベルト政権の主要なスタッフはユダヤ人が多かったし、

GHQもユダヤ勢力の支配下にあり、日本国憲法の草稿もユダヤ系アメリカ人に作成された。


ナチスが台頭する前のドイツ(ワイマール共和国)は、

ユダヤ人が要職を占めたユダヤ政権だった。


ユダヤ系アメリカ人のモーゲンソーは、

戦後、ドイツ人にモーゲンソー・プランによってホロコーストの報復をした。


戦後のアメリカで行われた赤狩りは、ユダヤ人を要職から追放する事でもあった。

2019/07/17 21:42

gatehiro

2019/07/17 21:17

幽霊列車だします。

停泊中の列車をジャックします。

きかんしゃトーマスみたいになります。

しゃべります。



○です。

gatehiro

2019/07/16 20:13

プロフィール

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ