• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
Iron Claw の Winter

https://www.youtube.com/watch?v=5J7mwRtWgQE


ついでにご案内。この一曲だけで十分。これも悲劇的。名曲かと思います。

時が時なれば、宣伝がされていれば、世界規模で知られたバンドだったでしょう。

スコットランドのハードロック。発掘音源。当時にはリリースされなかったもの。

カタルシス。


gatehiro

2020/01/15 20:56

gatehiro

2020/01/15 20:56

High Tide - Futilist's Lament。HDがアップされているのでご案内。

https://www.youtube.com/watch?v=cpBCXof2qCc


長く待ちわびたUPだったのです。5:16。前半は我慢して、2:26 以降が聞き所。

こういった悲劇的で、泣のギターが効くのが好きなのです。音楽性としてはKC全く関係ない。

バイオリンがまたいい効果を生んでいる。この曲だけです。いいのは。

カタルシス。


gatehiro

2020/01/15 20:16

gatehiro

2020/01/15 20:16

前のは嘘だからね。

格調高くやるから心配しないでね。


見張りの天使の断罪からやるから。


いきなりクライマックスの一つからやるから。


頑張って、絵も取り揃えたから。


UPはなんとか今月中に。



これも嘘になっちゃうのかも知れない。wwwww。


2020/01/14 19:25

大戦の続き...

出だし、ちょと書いてみた!。 


やっとこさ、この番外編に手をつけることとなった。なんてったって、こいつには驚くべき内容がある。度外れた奇想天外のドラマってへ奴さ。これまで一度として語られてきたことのない、ほんまもんの、あられもない剥き出しの〈事実〉ってやつがだ。それも神話時代でさえ軽く飛び越えての、遥か遥か以前の大昔のお話しになる。

「やったぜ!加トちゃん」(古っる~)でしかなーい!。

これによってグリイシヤ神話にとどまらず、メッソポタミア神話まで整理が為されてしまう。
実は、それらの多くの物語は、誤った伝承に元ずいている。
すべては歴史の闇の彼方に埋もれてて~、人間には理解できないことも多かった…。
だから、これはしょうがないっていちゃ~あ、しょうがない話さ。

Re: 土工の正体。

さて、始める前に、ここで『土工』なるものの正体を明かしておこう。
彼らは、簡単に言えば、この宇宙においての「物質的生命進化が辿る終着的な形態」ってことになる。SFのタームで言えば「オーバーマインド」が近い。(これが世に出たのが1964年(日本)のことさ。クラークさんのことは以前に触れた)。違うのはその姿形、その能力キャパだけ。

やがて人間は、科学技術を仲立ちとして、機械との融合さえも果たしてしまうわけさ。
我欲で、力付くで、恣意的に、更なる、もっともっとの、強化/進化を求めたが故に。
そして永遠の時の中で、進化改良は行き着くところまで行ってしまう。
その練磨の果てに、土工の形態そして能力を手に入れてしまう。
彼らは人類の進化の成れの果てなのさ………



ムードぶち壊し...、

こんな感じでいいんだろうか?

まあ、好きなように書いてみましょう!。


乞う徹底的な有らずの「ご期待」なりー!!!。


*こんな所まで読みに来てる人なんていないでしょうね。


2020/01/13 21:15

思うこと。

ドイツ銀行とか中国とかイングランドが抱える金融負債を何とかする為に、

何らかのイカサマ賭博が仕掛けられてくると思っている。それの始まりかもしれない。

とりあえず、トレンドは新エネルギー産業(電池)へと大きく流れることでしょう。

そして、何処かの(国の)成功材料を元に、原発へと改めてシフトがとることが決められる。

しかし、なにしようと、日本をトコトン劣化、壊滅したいといった意志は固く保持され、

そしてその実行は貫徹される。結局、博打に巻き込まれ、ババと引かされることと

なるのだろう。ソフト銀行もセブンも...。

彼の御方が神託でござりますと言って、鎖国を求めることを表で訴え出すことを

期待している。大地との絆を取り戻すためにはそれしかないから...。

なければ、彼は、声はいただけなかったのかも知れない。

令和もつまらん時代にしかならない。

すべて戯論、妄想、妄言です。WWW.

2020/01/05 21:03

gatehiro

2020/01/03 21:12

2019 年末のご挨拶。

私の下手ピイな創作活動にお付き合いしてくださっている皆様。

いつも、本当にありがとうございます。


今年は体調ならび精神的に大変不調な年でした。

更年期障害はともかくも、あっちがえらく悪質に干渉してきていました。

こういう時もあるのだな〜と落ち着いて何とか凌いでまいりました。


来年も創作は続けたく思っております。

どうぞお付き合いの程、よろしくお願い致します。

皆様にとって来年が実り多い年になりますように!


改めて、ありがとうございました。


天村崇


2019/12/31 17:06

年末だからね...

でも一編、大物編んでるんだぜ〜(杉ちゃん)。もう八千文字遠に越えてるぜ。

きっと人気でないぜ。ワケワカメだかんな〜...。


明日は教会いくぜ。今月初めてだぜ〜。サボってやったぜ。しんどかったもんな〜。

みんな驚くと思うぜ。イオフィエル来た〜って。


追記:

行ったぜー。そしたら三教会合同のミサだったぜ〜。いつもより三倍以上人が来てたぜ〜。

ネタもらったぜ〜。活かすぜ〜。

2019/12/28 17:32

サ行

さ〜はサイクロプスのサー♬

しーはシーメールのシー♬

ハイ終了

gatehiro

2019/12/27 19:11

ア行

あ〜はアンドロメダのアー♬

い〜はイスカンダルのイー♬

う〜はうんころもちのウー♬

ハイ終了

gatehiro

2019/12/27 19:09

カ行

か〜はカッパのカー♬

き〜はキメラのキー♬

く〜はクビライカンのクー♬

ハイ終了

gatehiro

2019/12/27 18:04

gatehiro

2019/12/27 18:03

Merry Christmas!

Merry は羽目をはずしてお祝いしましょう。

今日のこの日は本当に気を緩めることができます。

何故ならば、神様が一人子をこの世に送ってくださった日なのですから。

その事の意味を噛みしめるなら、こんなにありがたい日はないのです。


救いが来た日なのです。送られてきた日なのです。

彼は、見事、ことを成し遂げて、そして天に挙げられました。

彼に与ることが救いの道となったのです。


2019/12/25 18:11

今日はイブなので...。

サンタが誰で、プレゼントの意味が何なのか、分かってますよね?。


何でこの日をお祝いするのか?。


続きは明日...。

2019/12/24 20:25

OP: WSS。ただ事ではない。覚書。

海外と歩調を合わせているかのよう。

特に若い人らにおいてらしい。


いや〜、オペレーション Worldly Stoned  Spreading が発動しているんだろうね〜。


やがてこの日本においても解禁に至るのだろう。

その理由も、どっかで聞いたことのあるような、ブラックマネーを潰すためとか言って...。


ほんと言っとく。

信仰で武装しときなさい。

まともな人が一人でも欲しい時代になるから。


とても貴重になる。


gatehiro

2019/12/08 17:05

gatehiro

2019/12/08 17:05

今日の日記。

いや〜貯めているよ...。ストレスを。

発散で書くだろ〜、すると別のがまた貯まるんだ...。

堂々巡りだろ⤴️!?。


だからテニスがいいんだよ。


今日はサボったよ...。ミサを...。

安息日に安息しちまってるよ。

天罰のくだらんで、お慶びいただけるよう神に祈るぜ。


昼寝するよ。


追記:


したよ。


2019/12/08 12:17

エクソダス、その四。

いや〜書いてるよ...。

あれの続きを....。

きっとわけが分からん話になると思うよ...。


仏教概念における空が虚と同質になるなんて無茶やってるよ。

きっとお坊さんに叱られることになるんだろうね〜...。

もしかしたら丑の刻参りされることになるかも..。


まだまだ公開は先だよ...。

画像調整に手間取るからね〜。

しかし、バカみたいなことに勢力傾けてしまっているよ...。


私生活は、きっと不幸な、もとい、暇な人なんだろうね〜..........。



gatehiro

2019/12/02 10:53

gatehiro

2019/12/02 10:52

なぜ「世界に冠たる企業」は日本から消滅したか ?。 記録用。

ゲームチェンジが起こったのは90年代前半、日本が平成に入った頃です。

2つの大波がほぼ同時に押し寄せてきました。


1つは、グローバル社会です。


約40年つづいた米ソ冷戦が終結し、国際的な交通や通信が整備されて

ヒト、モノ、カネ、情報が国境を越えて動き出します。

その結果、国際分業などの経済活動が飛躍的に進展しました。


もう1つはデジタル革命です。


コンピュータやインターネットの利用が急速に進み、世界はIT社会に突入しました。

この大波にエレクトロニクス分野などは瞬く間に飲み込まれ、

従来のビジネスは跡形もなく一掃されました。


たとえば、日本が得意とした垂直統合型のテレビ事業は、いまや地球上に存在しません。

その後は自動車、重電、医療、サービスまで大きく変容しています。


このグローバル化とデジタル化は、

過去の環境とは連続性がない“破壊的イノベーション”でした。


*無料分より抜粋

*PRESIDENT Online10/28付け



超円高が長く演出されたことも忘れてはいけない。

これで海外生産が強力に推し進められた。

すべて外圧。



白痴化のトレンドしか想定できないんだけど...。

根無し草になって

個人的な夢に引きこもって

明るく発狂するを選ぶ。


昔、大阪は通天閣の界隈にたくさん見かけたよ。


すべての先進国においてこの現象は進む。


2019/12/01 19:23

-6

Q: Are we so totally alone?


M: Oh, no, we are not. Those who have, can give. And such givers are many. The world itself is a supreme gift, maintained by loving sacrifice. But the right receivers, wise and humble, are so few. 'Ask and you shall be given' is the eternal law.
So many words you have learnt, so many you have spoken. You know everything, but you do not know yourself. For the self is not known through words -- only direct insight will reveal it. Look within, search within.

Q: It is very difficult to abandon words. Our mental life is one continuous stream of words.

M: It is not a matter of easy, or difficult. You have no alternative. Either you try or you don't. It is up to you.

Q: I have tried many times and failed.

M: Try again. If you keep on trying, something may happen. But if you don't, you are stuck. You may know all the right words, quote the scriptures, be brilliant in your discussions and yet remain a bag of bones. Or you may be inconspicuous and humble, an insignificant person altogether, yet glowing with loving kindness and deep wisdom.

2019/11/28 07:58

-5
Q: There can be no religion without words.

M: Recorded religions are mere heaps of verbiage. Religions show their true face in action, in silent action. To know what man believes, watch how he acts. For most of the people service of their bodies and their minds is their religion. They may have religious ideas, but they do not act on them. They play with them, they are often very fond of them, but they will not act on them.

Q: Words are needed for communication.

M: For exchange of information -- yes. But real communication between people is not verbal. For establishing and maintaining relationship affectionate awareness expressed in direct action is required. Not what you say, but what you do is that matters. Words are made by the mind and are meaningful only on the level of the mind. The word ‘bread’: neither can you eat nor live by it; it merely conveys an idea. It acquires meaning only with the actual eating. In the same sense am I telling you that the Normal State is not verbal. I may say it is wise love expressed in action, but these words convey little, unless you experience them in their fullness and beauty.
Words have their limited usefulness, but we put no limits to them and bring ourselves to the brink of disaster. Our noble ideas are finely balanced by ignoble actions. We talk of God, Truth and Love, but instead of direct experience we have definitions. Instead of enlarging and deepening action we chisel our definitions. And we imagine that we know what we can define!

Q: How can one convey experience except through words?

M: Experience cannot be conveyed through words. It comes with action. A man who is intense in his experience will radiate confidence and courage. Others too will act and gain experience born out of action. Verbal teaching has its use, it prepares the mind for voiding itself of its accumulations.
A level of mental maturity is reached when nothing external is of any value and the heart is ready to
relinquish all. Then the real has a chance and it grasps it. Delays, if any, are caused by the mind being unwilling to see or to discard.

2019/11/28 07:57

-4
Q: And since you claim to be one with the sufferers, there is no limit in time or space to your suffering!

M: To be is to suffer. The narrower the circle of my self-identification, the more acute the suffering caused by desire and fear.

Q: Christianity accepts suffering as purifying and ennobling, while Hinduism looks at it with distaste.

M: Christianity is one way of putting words together and Hinduism is another. The real is, behind and beyond words, incommunicable, directly experienced, explosive in its effect on the mind. It is easily had when nothing else is wanted. The innards created by imagination and perpetuated by desire.

Q: Can there be no suffering that is necessary and good?

M: Accidental or incidental pain is inevitable and transitory; deliberate pain, inflicted with even the best of intentions, is meaningless and cruel.

Q: You would not punish crime?

M: Punishment is but legalised crime. In a society built on prevention, rather than retaliation, there would be very little crime. The few exceptions will be treated medically, as of unsound mind and body.

Q: You seem to have little use for religion.

M: What is religion? A cloud in the sky. I live in the sky, not in the clouds, which are so many words held together. Remove the verbiage and what remains? Truth remains. My home is in the
unchangeable, which appears to be a state of constant reconciliation and integration of opposites. People come here to learn about the actual existence of such a state, the obstacles to its emergence, and, once perceived, the art of stabilising it in consciousness, so that there is no clash between understanding and living. The state itself is beyond the mind and need not be learnt. The mind can only focus the obstacles; seeing an obstacle as an obstacle is effective, because it is the mind acting on the mind. Begin from the beginning: give attention to the fact that you areÄi0. At no time can you say 'I was not' all you can say: 'I do not remember'. You know how unreliable is memory. Accept that, engrossed in petty personal affairs you have forgotten what you are; try to bring back the lost memory through the elimination of the known. You cannot be told what will happen, nor is it desirable; anticipation will create illusions. In the inner search the unexpected is inevitable; the discovery is invariably beyond all imagination. Just as an unborn child cannot know life after birth, for it has nothing in its mind with which to form a valid picture, so is the mind unable to think of the real in terms of the unreal, except by negation: ‘Not this, not that'. The acceptance of the unreal as real is the obstacle; to see the false as false and abandon the false brings reality into being. The states of utter clarity, immense love, utter fearlessness; these are mere words at the present, outlines without colour, hints at what can be. You are like a blind man expecting to see as a result of an operation -- provided you do not shirk the operation! The state I am in words do not matter at all. Nor is there any addiction to words. Only facts matter.

2019/11/28 07:57

-3
Q: You seem to advise me to be self-centred to the point of egoism. Must I not yield even to my interest in other people?

M: Your interest in others is egoistic, self-concerned, self-oriented. You are not interested in others as persons, but only as far as they enrich, or ennoble your own image of yourself. And the ultimate in selfishness is to care only for the protection, preservation and multiplication of one's own body. By body I mean all that is related to your name and shape -- your family, tribe, country, race, etc. To be attached to one's name and shape is selfishness. A man who knows that he is neither body nor mind cannot be selfish, for he has nothing to be selfish for. Or, you may say, he is equally 'selfish' on behalf of everybody he meets; everybody's welfare is his own. The feeling 'I am the world, the world is myself' becomes quite natural; once it is established, there is just no way of being selfish. To be selfish means to covet, acquire, accumulate on behalf of the part against the whole.

Q: One may be rich with many possessions, by inheritance, or marriage, or just good luck.

M: If you do not hold on to, it will be taken away from you.

Q: In your present state can you love another person as a person?

M: I am the other person, the other person is myself; in name and shape we are different, but there is no separation. At the root of our being we are one.

Q: Is it not so whenever there is love between people?

M: It is, but they are not conscious of it. They feel the attraction, but do not know the reason.

Q: Why is love selective?

M: Love is not selective, desire is selective. In love there are no strangers. When the centre of selfishness is no longer, all desires for pleasure and fear of pain cease; one is no longer interested in being happy; beyond happiness there is pure intensity, inexhaustible energy, the ecstasy of giving from a perennial source.

Q: Mustn't I begin by solving for myself the problem of right and wrong?

M: What is pleasant people take it to be good and what is painful they take it to be bad.

Q: Yes, that is how it is with us, ordinary people. But how is it with you, at the level of oneness?
For you what is good and what is bad?

M: What increases suffering is bad and what removes it is good.

Q: So you deny goodness to suffering itself. There are religions in which suffering is considered good and noble.

M: KarmaÄi0, or destiny, is an expression of a beneficial law: the universal trend towards balance, harmony and unity. At every moment, whatever happens now, is for the best. It may appear painful and ugly, a suffering bitter and meaningless, yet considering the past and the future it is for the best, as the only way out of a disastrous situation.

Q: Does one suffer only for one's own sins?

M: One suffers along with what one thinks oneself to be. If you feel one with humanity, you suffer with humanity.

2019/11/28 07:56

-2

Q: I can now see that the secret of India's eternal life lies in these
dimensions of existence, of which India was always the custodian.


M: It is an open secret and there were always people willing and ready to share it. Teachers -- there are many, fearless disciples -- very few.


Q: I am quite willing to learn.

M: Learning words is not enough. You may know the theory, but without the actual experience of yourself as the impersonal and unqualified centre of being, love and bliss, mere verbal knowledge is sterile.

Q: Then, what am I to do?

M: Try to beÄi0, only to beÄi0. The all-important word is 'try'. Allot enough time daily for sitting quietly and trying, just trying, to go beyond the personality, with its addictions and obsessions. Don't ask how, it cannot be explained. You just keep on trying until you succeed. If you persevere, there can be no failure. What matters supremely is sincerity, earnestness; you must really have had surfeit of being the person you are, now see the urgent need of being free of this unnecessary self-identification with a bundle of memories and habits. This steady resistance against the unnecessary is the secret of success.
After all, you are what you are every moment of your life, but you are never conscious of it, except, maybe, at the point of awakening from sleep. All you need is to be aware of being, not as a verbal statement, but as an ever-present fact. The a awareness that you are Äi0will open your eyes to what you are. It is all very simple. First of all, establish a constant contact with your self, be with yourself all the time. Into self-awareness all blessings flow. Begin as a centre of observation, deliberate cognisance, and grow into a centre of love in action. 'I am' is a tiny seed which will grow into a mighty tree -- quite naturally, without a trace of effort.

Q: I see so much evil in myself. Must I not change it?

M: Evil is the shadow of inattention. In the light of self-awareness it will wither and fall off.
All dependence on another is futile, for what others can give others will take away. Only what is your own at the start will remain your own in the end. Accept no guidance but from within, and even then sift out all memories for they will mislead you. Even if you are quite ignorant of the ways and the means, keep quiet and look within; guidance is sure to come. You are never left without knowing what your next step should be. The trouble is that you may shirk it. The Guru is there for giving you courage because of his experience and success. But only what you discover through your own awareness, your own effort, will be of permanent use to you.
Remember, nothing you perceive is your own. Nothing of value can come to you from outside; it is only your own feeling and understanding that are relevant and revealing. Words, heard or read, will only create images in your mind, but you are not a mental image. You are the power of perception and action behind and beyond the image.

2019/11/28 07:55

98. Freedom from Self-identification-1

Maharaj: Can you sit on the floor? Do you need a pillow?

あなたは地べたには座れるかい?。 座布団かなんかがいるかな?。


Have you any questions to ask?

何か質問はあるだろうか?


Not that you need to ask, you can as well be quiet.

別に、あなたは(ここで)何かを尋ねる必要もない。


静かに(ここに)居ることもできる。


To be, just beÄi0, is important.

あるがまま、(自然に)在るということは大切なのだよ。



You need not ask anything, nor do anything.

何かを尋ねる必要もなければ、何かを”する”必要もない。


Such apparently lazy way of spending time is highly regarded in India.

こんな風に、明らかにのんびりと(何も考えず何もしないで)過ごす時間は、


ここインドにおいては、大いに価値あるもの、と考えられている。


It means that for the time being you are free from the obsession with 'what next'.

そうやってあなたが(過ごす)時間は、


「次は何を?』に関わる


強迫観念から解放されているのだから。



When you Are not in a hurry and the mind is free from anxieties,

it becomes quiet


and in the silence something may be heard which is ordinarily


too fine and subtle for perception.



The mind must be open and quiet to see.


What we are trying to do here is to bring our minds into the right state for understanding what is real.


Questioner: How do we learn to cut out worries?

M: You need not worry about your worries.


Just beÄi0.


Do not try to be quiet; do not make 'being quiet' into a task to be performed.


Don't be restless about 'being quiet', miserable about 'being happy'.


Just be aware that you are and remain aware -- don't say: 'yes, I am; what next?'


There is no 'next' in 'I am'. It is a timeless state.


Q: If it is a timeless state, it will assert itself anyhow.

M: You are what you are, timelessly, but of what use is it to you unless you know it and act on it?


Your begging bowl may be of pure gold, but as long as you do not know it,

you are a pauper.


You must know your inner worth and trust it and express it in the

daily sacrifice of desire and fear.


Q: If I know myself, shall I not desire and fear?

M: For some time the mental habits may linger in spite of the new vision,

the habit of longing for the known past and fearing the unknown future.


When you know these are of the mind only, you can go beyond them.


As long as you have all sorts of ideas about yourself,

you know yourself through the mist of these ideas;


to know yourself as you are, give up all ideas.


You cannot imagine the taste of pure water, you can only discover it by abandoning all flavourings.



As long as you are interested in your present way of living,

you will not abandon it.


Discovery cannot come as long as you cling to the familiar.


It is only when you realise fully the immense sorrow of your life and revolt against it, that a way out can be found.



2019/11/28 07:55

11/22の覚書。GSOMIA.
昨日のことやね...えらい寒く感じられる日でした。案の定、風邪ひきかけた。よくない日だな〜と思っていると、一本のニュースが。韓国がGSOMIA終了の延期だった。これが危なかったのかな?。本日は嘘みたいにいい日でした。気温も20度越えの快晴。テーブルも塗りあげ終わったし、ことも無しの日でしたね。明日は私の誕生日なんよ。57歳やて!。

2019/11/23 22:47

作ってみた。

大変に苦労いたしました。


gatehiro

2019/11/22 17:26

gatehiro

2019/11/22 17:26

今日は個人的に節目。

今年の六月ぐらいからかな〜、えらいことに巻き込まれた。

いやね、ペンキ塗りの仕事なんだ。自室の机と床、そんで本命は居間の食卓テーブル。

いや〜うまいことできてるね〜。自然とそうなるように巻き込まれたんだ。

上手に誘導は成されるわ〜。流石は自然!。


詳細はいつか「いかに...」の方で書きたいと思ってるんだが、

5ヶ月近くもやっつけるのに時間がかかった。

なんでかっていうと、やり直しに次ぐやり直しのせいなんだ。


根気のいるミッションだったぜ〜。もう、やりたくないぜ〜。

ケチって、百均のペイントで始めたのがあっちの作戦だったようだぜ〜。

見通しておられたんだな〜。結果、総額、おっそろしい金額使っちまったぜ〜。


昨日、やっと満足のいく仕上がりで終わったぜ〜。

奥さん書き置き残して、今日義父と一緒に台湾旅行行ったみたいだぜ〜。

晩御飯、冷凍の解凍だぜ〜...。


追記:まだ終わっとらなんだ〜。変色した島が一箇所、浮かんできたーーーーー!。

        最後のインターバルやね。今日、またコーナン行かな...。


23日追記: できたけど仕上がりは前回の方がよかった...。

これで終わりになればいいんだけど。

書物ぜんぜんできひん...。


2019/11/21 18:05

記録用。最後の生物大量絶滅、隕石衝突が原因か 1160万年前 南鳥島沖に痕跡

1160万年前に地球の生物が大量に絶滅したのは、巨大隕石(いんせき)が海に衝突したのが原因だった

可能性があることを海洋研究開発機構などの研究チームが突き止め、20日付の英科学誌で発表した。

 生物の大量絶滅は、恐竜が絶滅した中生代白亜紀の6600万年前など3億年前以降に計11回起きたが、

最も時期が新しく、人類の祖先である類人猿が繁栄していた1160万年前だけは原因が不明だった。


 チームは小笠原諸島・南鳥島沖の水深約5600メートルの海底を掘削し、地層の試料を採取。分析の結果、オスミウムという元素が極めて高い濃度で存在することを見いだした。


 隕石や地下のマグマの活動が作るかんらん岩に多く含まれる元素だが、地層にかんらん岩は見つからなかった。また、中性子の数が異なるオスミウムの同位体の比率に宇宙で生じた特徴があり、地層の粒子に衝突の痕跡もあったことから、隕石の衝突に由来すると判断した。


 オスミウム濃度の高さなどは、中生代三畳紀の2億1500万年前に地球に衝突し、直径100キロのクレーターが生じた直径3・3~7・8キロの隕石の痕跡に匹敵。そのため今回の隕石も直径数キロとみている。


 衝突時期は、オスミウムの年代測定で新生代中新世の1100万年前だった。大量絶滅が起きた時期とほぼ一致することから、隕石衝突が原因だった可能性があると結論付けた。


 中新世の隕石衝突を示す陸上の大きなクレーターは2個見つかっているが、いずれも1500万年前ごろで今回と年代が合わないため、場所は不明だが海洋に落下したと推定。高温で海水が蒸発し、隕石に含まれる硫黄と反応して酸性雨が降り、地球環境の悪化をもたらしたとみられる。隕石が海に落下した痕跡の発見は難しく、これまで1件しか報告されていない。研究チームは「知られていなかった隕石の痕跡を発見した。今後は調査範囲を拡大し、詳しい落下地点や地球環境への影響を調べていきたい」としている。


産経11/20

gatehiro

2019/11/21 08:06

gatehiro

2019/11/21 08:05

記録用。「大嘗祭」が明日の夕方から...

天皇陛下が皇位継承に伴い、一世に一度だけ行う皇室伝統の大がかりな神事、大嘗祭(だいじょうさい)が11月14日夕から翌日夜明け前まで、皇居・東御苑で古式ゆかしく行われる。


新天皇が神々に新穀(新米)をお供えし、

国家・国民の安泰と五穀豊穣(ほうじょう)を感謝し祈る。


奈良時代以前から続く“神秘的”な皇室行事である。


2019/11/13 21:42

予告:仏説・摩訶般若波羅蜜多心経

新シリーズ。なんと恐れ多くも般若心経の解説をやりま〜ス。当然に完全なものはやれませ〜ん。でもオリジナルにはなると思います。不定期で、かつちょっとづつ、気が向いた時に!。

これも何かのご参考になればいいな〜との思いまでです。有らずのご期待を!。


観自在菩薩・行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。舎利子。色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識・亦復如是。舎利子。是諸法空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。是故空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。無眼界、乃至、無意識界。無無明・亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。無苦・集・滅・道。無智、亦無得。以無所得故、菩提薩埵、依般若波羅蜜多故、心無罣礙、無罣礙故、無有恐怖、遠離・一切・顛倒夢想、究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多故、得阿耨多羅三藐三菩提。故知、般若波羅蜜多、是大神呪、是大明呪、是無上呪、是無等等呪、能除一切苦、真実不虚。故説、般若波羅蜜多呪。即説呪曰、羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦、菩提薩婆訶。

般若心経

2019/11/13 16:15

雹が降る...。記録。

今朝は薄日差す曇り空だった。

しかし突如、雷鳴が響きだし、ポツポツと雨が降り出す。

やがて雨は強くなり更には雹がバラバラと激しく降ってくる。


今は雨だけになっている。

空は明るいのでやがてこの雨も止むだろう。

天気予報では曇りのち晴れの日。


変な天気。

なんかあった、あるのだろう...。


10:50 止んだ。晴れに向かってる。

2019/11/11 10:29

ソフトバンク。記録用。

ソフトバンクグループ(SBG)が6日15時に発表した

2019年7~9月期連結決算(国際会計基準)は、

最終損益が7001億円の赤字(前年同期は5264億円の黒字)に転落した。

[2019/11/6 18:05更新 日経]

2019/11/06 18:40

これって‥今はまだ、流言飛語の類、デマだよね?
(November 5, 2019)


There are RUMORS coming out of Germany this afternoon that

Deutsche Bank has ALLEGEDLY filed Bankruptcy.As yet, this is NOT CONFIRMED.

If this did, in fact, take place, prepare for economic upheaval the likes of which

this world has never seen.


「今日の午後、ドイツ銀行が破産を申し立てたという噂がドイツから出た。

 まだ、これは確認されていないが、もしこれが実際に起こった場合、

 経済的混乱に備えなけらばならない。

 この世界が見たことのないようなものになる。」



gatehiro

2019/11/05 21:30

gatehiro

2019/11/05 21:30

東京など関東や近畿で濃霧発生。記録用。

朝、霧がでていることに驚く。

自分が知る限りでは何十年ぶり。

九時を回れば昇った太陽で、すぐに消失してしまった。


今日は天気だ。



2019/10/30 09:32

虹輪。サイン。

これは昨日の昼過ぎに見た。

太陽の周りを虹が輪を作っていた。

本日が雨なのでそうなっていたのだろう。


基本、瑞兆であるはずなんだが…。


即位礼正殿の日より確かに状況は変わってしまったのだと感じる。


gatehiro

2019/10/29 14:13

gatehiro

2019/10/29 14:10

蓬莱山

どちらも真作、そして馬鹿でかい。

ここは、生きている間には辿り着けない桃源郷。

だからなのか心惹かれるテーマ。


寝床の頭側に飾った。

眠りの間だけでも彼の地に遊べるようにと。


掛け軸は人気がないのか年数を経たものは爆安である。

この手の世界が馴染む人ならばお買い得が山のようです。

色はくすんでしまって、破損も多いが…、これもまた味わいと自分は取れる。


額は別途、同じく中古で探し、それに入れればいい。

書画のがいい。

当然、絵の価値は完全に潰なくなるが…。


お節介。


ps. 剥離等があれば水彩絵の具で自分で埋める。百均でセットが売られている。

gatehiro

2019/10/27 19:42

gatehiro

2019/10/27 19:42

gatehiro

2019/10/27 19:42

gatehiro

2019/10/27 19:41

gatehiro

2019/10/27 19:39

はっきり出てる...示されてある。

何かは分かりません。


東京ですね。


gatehiro

2019/10/25 08:42

gatehiro

2019/10/25 08:42

プロフィール

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ