• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
おすすめYouTube チャンネル

NWO


世界秩序 政治 経済 軍事 歴史 宗教


https://www.youtube.com/channel/UCGLaLP99T8HYmuec1PFn_sA/featured


これは今んところベストかと…


2020/03/29 12:56

Insensatez (How Insensitive)

https://www.youtube.com/watch?v=Oay3ZRjMQBw

もしくは

https://www.youtube.com/watch?v=WH4gqNbqrOo


若き日の歌唱ものです。HD。やっとみっけた。どちらか音の気にいる方を DLしときなはれ。


この曲において、この時の、この方のものを、越えるものはいない。


gatehiro

2020/03/15 22:10

gatehiro

2020/03/15 22:09

凄いCover。曲は”Mirage”

Michael Shulman

 https://www.youtube.com/watch?v=VbSgR-beeHo

  

オリジナルは、Jean-Luc Ponty

 https://www.youtube.com/watch?v=Q_YRaFEOUiM


今という時節にはピッタリだと思う。悲しい嘆き、鳥の歌。


gatehiro

2020/03/11 22:14

gatehiro

2020/03/11 21:56

そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。

これは本当にどっかの山に行きなさいではないでしょう。


社会の中にあっても、それとの関係性は絶っていなさいの意味かと…。


信頼できない、無用なるもの、あてにならないものになるから。


山なので、神の在わすところ。 彼のみに信を預けなさいかな。


状況認識を決定的に変えるのだ。


2020/02/27 18:29

もうすぐさ〜、

来そうじゃない。かの国のお偉いさんが…。


秋近hey!朱咳の来日、

日中両政府とも予定通り進める姿勢崩さず (2/24 読売ニュース)


もしかしたらだが、立ってはならない場所に彼が立つ映像を見る羽目になるかもしれない。

ほっといても、自然と目に入るようになるだろう。

そん時こそは、本式に何かが始まったことを覚悟せねばなるまい。


3/4 中国・習近平国家主席、来日延期へ。


来てたら如何に日本の権力者、いろんな”長”がつく人たちが

あちらになびいてしまっているかを思い知らされることになっただろう。



2020/02/24 21:26

ダニエルの預言。

そのうちの一本の角から、また一本の小さな角が芽を出して、

南と、東と、麗しい国とに向かって、非常に大きくなっていった...。(8:9


彼のこの預言は成就する。


つまり、B.C.167年、

シリアの王アンティオコス・エピファネスが、

エルサレムの神殿の財宝に手をつけ、

神殿の祭壇にギリシャ神ゼウス像を安置した。


このゼウス像が安置されたことを暗示しつつ、イエスが預言した内容がある。


「預言者ダニエルによって語られたあの荒らす憎むべき者が、

 聖なる所に立つのを見たならば(読者はよく読み取るように。)

 そのとき、ユダヤにいる人々は山へ逃げよ。」

(マタイ24:15)


はい、ここまでは次章の準備です。


〈続く〉


ボクは共産主義の理想を騙った集合観念だと思っている。

地獄に堕ちても恥じることもない外道どもの寄り集まり。

名は絶えず変わってゆく。

2020/02/24 21:08

個への分断。

以前から、遠に、進行中だったけど、コロナによって到頭、絶対的分離になるのかも。

やがては魔女狩りへと至るんかもね。みんなヒステリー状態になり易くなってる。嫌な按配。


正気を保つのにも中々に苦労するよ。

できれば2ちゃんとヨウツベは見ない方がいい。

洗脳情報てんこ盛になってる。


2020/02/23 18:29

こいつがそのダイアグラム。

記号の関連内容を翻訳してつけます。

構造、関係の直感把握にはとてもやくに立ちます。

他をほっぽらかして取り組んでいます。


夜の図書館において、近日公開。



公開してもうた。手抜きで翻訳せずして!。

gatehiro

2020/02/22 15:33

gatehiro

2020/02/22 15:23

疫病関連。

イエスとその弟子たちもが船で湖を渡る。急に激しい嵐が起こり、

舟は波にのまれて転覆するかと思われた。

その時、イエスは肝太くも眠っておられる。


弟子たちは彼を揺すって起こす。


そんで、「主よ、助けてください。私たちはおぼれそうなんですぅ〜!」と。


この訴えに対してイエスが言われたのは、


なぜ怖がる必要があるのか?


 汝らは信仰の薄き者たちよな」でした。


そして、起き上がって風と湖とをお叱りになった。


止めよ。災いすな!。


すると雨風はすっかり凪へと変わった。


弟子たちは驚いて、

「いったい、この方はどういう方なのだろう。

 風や湖さえも従うではないか」と言ったそうな。


〈おすまい〉





死に渡されるのも、無事に留まれるのも、所詮はあちらの采配でしかない。


どちらであっても信仰があれば、心安らかにおれるでしょう。


決して現世利益の神ではございません。


悪しからず。



2020/02/21 19:38

【日本に勝ったニダ】

〇〇のコロナウイルス感染者53人増えて104人 

日本を超えて世界第二位の感染国へ。


見出しにわらた。

2020/02/20 19:39

いや〜詰まってるよ〜。

去年は延々とペンキ仕事に取り組んでたぜー。

そんで今年は壁紙の張り替え仕事なんだー。終わらないぜ〜。家中だからな。

自然と仕事が割り振られて来んだぜー。

誰にだって〜?。

神さんにだぜー。


これだけじゃないんだぜー。

今何やってんのか教えてやろうか〜。

いろんな戒律、例えば十戒とか仏教の五戒とかヨガのヤマの整理をしてるんだ。

なんでかって〜?。

これらみんなあの例え話をもってすればキレイに説明がついてしまうんだー。

何の例え話かって〜?。

獣の肉体に入れらちゃた〜ってやつさー。


お蔵にしてるでかい関係文章もあるんだ。

未完成だぜ。


ヤケに無駄なことやってるだろ〜。

暇なんだよな結局。

でも詰まっちゃてるんだ。www.


さらにもう一つ作業中の別のものを明かそうかっ!。


あのトロゴのダイアグラムが手に入ったので翻訳してるぜ〜。

これは自分の為になんだがその内公開するぜ⤴︎。

きっと色々と問題あるぜー…。

きっと海の向こうからではチェックできないぜー。


さっきまで打ち込みやってだぜ〜。

疲れたぜ〜。

だからこの馬鹿な文章作ってウサ晴らしてんだぜー。


では又。

2020/02/20 19:19

消費税率を2030年までに段階的に15%へ引き上げるよう提言

国際通貨基金(IMF)は10日公表した日本経済に関する年次審査報告書に関し、

新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大は「新たな景気へのリスク」と警戒感を示した。


高齢化による社会保障費増大で財政悪化が深刻になると懸念。


消費税率を2030年までに段階的に15%へ引き上げるよう提言した。


IMFとか国際ナンチャラの正体、その背後の者に関してはもう理解されていると思います。


敗戦を契機として、徹底的に日本を破壊しようとする意思が今現在も進行している。


各個が、神の導きにおいて自衛するしかない。


残念ながら、誰かをあてにすることはできません。

2020/02/11 08:12

米著名投資家バフェット氏 傘下新聞31紙を売却

新聞ビジネスはもう終わると...。これはだいぶ前から分かっていたこと。私ごとではあるが

八年前に新聞取るのはやめている。未だにしつこく勧誘は続いているけど。


生存基盤が失われる(もう儲けられなくなるの)流れにあったからこそ

新聞会社はおかしくなってしまったと言える。

(その実際は●●に金で乗っ取られたのだけど。)テレビ局も同じ。そして政治家も...。

現在の日本の状況がコレ。


信仰と同じく、土台から考えた方がいい。何を仕事とするにしても。

荒野の開拓からしか始めてはいけない。苦労は後に間違いなく活きる。

ともかくも、誇りを失ってはならない。


2020/01/31 21:32

I am that. Chap.85

45. What Comes and Goes has no Being


Questioner:

I have come to be with you, rather than to listen. Little can be said in words,

much more can be conveyed in silence.


Maharaj:

First words, then silence. One must be ripe for silence.

まずは言葉によって(導きを得て)、それから静寂(沈黙)へと向かいなさい。

静寂の為には人は熟さなければならない。


*(世に揉まれる中で正覚を得なけれならない。)


Q: Can I live in silence?


M:

Unselfish work leads to silence, for when you work selflessly,

you don't need to ask for help.


Indifferent to results, you are willing to work with the most inadequate means.


You do not care to be much gifted and well equipped.


Nor do you ask for recognition and assistance.


You just do what needs be done, leaving success and failure to the unknown.


For everything is caused by innumerable factors,

of which your personal endeavour is but one.


Yet such is the magic of man's mind and heart

that the most improbable happens when human will and love pull together.


Unselfishにする仕事は、沈黙へと導く。


なぜなら、あなたが無私の思いで働くとき、あなたは誰の助けも求める必要がないからだ。


結果に関わらず、あなたは最も不適切な[手段/方法]で働くことをも厭わない。


あなたは才能のあるなし、

そして準備ができているいるのかいないのかをも気にしない。

*(十分な知見、知識、等)


また、人に認められること、そして応援/援助をも求めない。


なされるべきことを行うだけで、成功と失敗は知られざるものに任せる。


すべての出来事は、無数の要因によって引き起こされる。

その中において、あなたの個人的な努力はその一片にすぎない。


しかし、人間の意志と愛が協働するとき、最もあり得そうもないことが起こるのだ。

これは人間のマインドとハートにおける魔法なのだ!。


*時が来たら全文訳します。今回はこれだけ♡。


Q: What is wrong with asking for help when the work is worthy?


M:

Where is the need of asking? It merely shows weakness and anxiety. Work on, and the universe will work with you. After all the very idea of doing the right thing comes to you from the unknown. Leave it to the unknown as far as the results go, just go through the necessary movements. You are merely one of the links in the long chain of causation. Fundamentally, all happens in the mind only. When you work for something whole-heartedly and steadily, it happens, for it is the function of the mind to make things happen. In reality nothing is lacking and nothing is needed, all work is on the surface only. In the depths there is perfect peace. All your problems arise because you have defined and therefore limited yourself. When you do not think yourself to be this or that, all conflict ceases. Any attempt to do something about your problems is bound to fail, for what is caused by desire can be undone only in freedom from desire. You have enclosed yourself in time and space, squeezed yourself into the span of a lifetime and the volume of a body and thus created the innumerable conflicts of life and death, pleasure and pain, hope and fear. You cannot be rid of problems without abandoning illusions.


Q: A person is naturally limited.


M:

There is no such thing as a person. There are only restrictions and limitations. The sum total of these defines the person. You think you know yourself when you know what you are. But you never know who you are. The person merely appears to be, like the space within the pot appears to have the shape and volume and smell of the pot. See that you are not what you believe yourself to be. Fight with all the strength at your disposal against the idea that you are nameable and describable. You are not. Refuse to think of yourself in terms of this or that. There is no other way out of misery, which you have created for yourself through blind acceptance without investigation. Suffering is a call for enquiry, all pain needs investigation. Don't be too lazy to think.


Q: Activity is the essence of reality. There is no virtue in not working. Along with thinking something must be done.


M:

To work in the world is hard, to refrain from all unnecessary work is even harder.


Q: For the person I am all this seems impossible.


M:

What do you know about yourself? You can only be what you are in reality;

you can only appear what you are not. You have never moved away from perfection. All idea of self-improvement is conventional and verbal.

As the sun knows not darkness, so does the self know not the non-self.

It is the mind, which by knowing the other, becomes the other. Yet the mind is nothing else but the self. It is the self that becomes the other, the notself, and yet remains the self. All else is an assumption. Just as a cloud obscures the sun without in any way affecting it, so does assumption obscure reality without destroying it. The very idea of destruction of reality is ridiculous; the destroyer is always more real than the destroyed. Reality is the ultimate destroyer. All separation, every kind of estrangement and alienation is false. All is one -- this is the ultimate solution of every conflict.


Q: How is it that in spite of so much instruction and assistance we make no progress?


M:

As long as we imagine ourselves to be separate personalities, one quite apart from another, we cannot grasp reality which is essentially impersonal. First we must know ourselves as witnesses only, dimensionless and timeless centres of observation, and then realise that immense ocean of pure awareness, which is both mind and matter and beyond both.


Q: Whatever I may be in reality, yet I feel myself to be a small and separate person, one amongst many.


M:

Your being a person is due to the illusion of space and time; you imagine yourself to be at a certain point occupying a certain volume; your personality is due to your self-identification with the body. Your thoughts and feelings exist in succession, they have their span in time and make you imagine yourself, because of memory, as having duration. In reality time and space exist in you; you do not exist in them. They are modes of perception, but they are not the only ones. Time and space are like words written on paper; the paper is real, the words merely a convention. How old are you?


Q: Forty-eight!


M:

What makes you say forty-eight? What makes you say: I am here? Verbal habits born from assumptions. The mind creates time and space and takes its own creations for reality. All is here and now, but we do not see it. Truly, all is in me and by me. There is nothing else. The very idea of 'else' is a disaster and a calamity.


Q: What is the cause of personification, of self-limitation in time and space?


M:

That which does not exist cannot have a cause. There is no such thing as a separate person. Even taking the empirical point of view, it is obvious that everything is the cause of everything, that everything is as it is, because the entire universe is as it is.


Q: Yet personality must have a cause.


M:

How does personality, come into being? By memory. By identifying the present with the past and projecting it into the future. Think of yourself as momentary, without past and future and your personality dissolves.


Q: Does not 'I am' remain?


M:

The word 'remain' does not apply. 'I am' is ever afresh. You do not need to remember in order to be. As a matter of fact, before you can experience anything, there must be the sense of being. At present your being is mixed up with experiencing. All you need is to unravel being from the tangle of experiences. Once you have known pure being, without being this or that, you will discern it among experiences and you will no longer be misled by names and forms.

Self-limitation is the very essence of personality.


Q: How can I become universal?


M:

But you are universal. You need not and you cannot become what you are already. Only cease imagining yourself to be the particular. What comes and goes has no being. It owes its very appearance to reality. You know that there is a world, but does the world know you? All knowledge flows from you, as all being and all joy. realise that you are the eternal source and accept all as your own. Such acceptance is true love.


Q: All you say sounds very beautiful. But how has one to make it into a way of living?


M:

Having never left the house you are asking for the way home. Get rid of wrong ideas, that is all. Collecting right ideas also will take you nowhere. Just cease imagining.


Q: It is not a matter of achievement, but of understanding.


M:

Don't try to understand! Enough if you do not misunderstand. Don't rely on your mind for liberation. It is the mind that brought you into bondage. Go beyond it altogether. What is beginningless cannot have a cause. It is not that you knew what you are and then you have forgotten. Once you know, you cannot forget. Ignorance has no beginning, but can have an end. Enquire: who is ignorant and ignorance will dissolve like a dream. The world is full of contradictions, hence your search for harmony and peace. These you cannot find in the world, for the world is the child of chaos. To find order you must search within.

The world comes into being only when you are born in a body. No body -- no world. First enquire whether you are the body. The understanding of the world will come later.


Q: What you say sounds convincing, but of what use is it to the private person, who knows itself to be in the world and of the world?


M:

Millions eat bread, but few know all about wheat. And only those who know can improve the bread. Similarly, only those who know the self, who have seen beyond the world, can improve the world. Their value to private persons is immense, for they are their only hope of salvation. What is in the world cannot save the world; if you really care to help the world you must step out of it.


Q: But can one step out of the world?


M:

Who was born first, you or the world? As long as you give first place to the world, you are bound by it; once you realise, beyond all trace of doubt that the world is in you and not you in the world, you are out of it. Of course your body remains in the world and of the world, but you are not deluded by it. All scriptures say that before the world was, the Creator was. Who knows the Creator? He alone who was before the Creator, your own real being, the source of all the worlds with their creators.


Q: All you say is held together by your assumption that the world is your own projection. You admit that you mean your personal, subjective world, the world given you through your senses and your mind. In that sense each one of us lives in a world of his own projection. These private worlds hardly touch each other and they arise from and merge into the 'I am' at their centre. But surely behind these private worlds there must be a common objective world, of which the private worlds are mere shadows. Do you deny the existence of such an objective world, common to all?


M:

Reality is neither subjective nor objective, neither mind nor matter, neither time nor space. These divisions need somebody to whom to happen, a conscious separate centre. But reality is all and nothing, the totality and the exclusion, the fullness and the emptiness, fully consistent, absolutely paradoxical. You cannot speak about it, you can only lose your self in it. When you deny reality to anything, you come to a residue which cannot be denied .

All talk of jnana is a sign of ignorance. It is the mind that imagines that it does not know and then comes to know. Reality knows nothing of these contortions. Even the idea of God as the Creator is false. Do I owe my being to any other being? Because I am, all is.


Q: How can it be? A child is born into the world, not the world into the child. The world is old and the child is new.


M:

The child is born into your world. Now, were you born into your world, or did your world appear to you? To be born means to create a world round yourself as the centre. But do you ever create yourself? Or did anyone create you? Everyone creates a world for himself and lives in it, imprisoned by one's ignorance. All we have to do is to deny reality to our prison.


Q: Just as the waking state exists in seed form during sleep, so does the world the child creates on being born exist before its birth. With whom does the seed lie?


M:

With him who is the witness of birth and death, but is neither born nor dies.

He alone is the seed of creation as well as its residue. Don't ask the mind to confirm what is beyond the mind.

Direct experience is the only valid confirmation.



2020/01/31 19:34

 『  こいつら予算がなくてもやるタイプじゃん・・・ 』

あの回を見てて連想していたのはマハラジの言葉。

それはこんな内容:


Unselfishにする仕事は、沈黙へと導く。

*(売名、お金儲け等、なんの見返りも、評価も求めずにする労働のこと)


なぜなら、あなたが無私の思いで働くとき、あなたは誰の助けも求める必要がないからだ。

結果に関わらず、あなたは最も不適切な[手段/方法]で働くことをも厭わない。

あなたは才能のあるなし、そして準備ができているいるのかいないのかをも気にしない。

*(十分な知見、知識、等)


また、人に認められること、そして応援/援助をも求めない。

なされるべきことを行うだけで、成功と失敗は知られざるものに任せる。


すべての出来事は、無数の要因によって引き起こされる。

その中において、あなたの個人的な努力はその一環(チェーンの輪の一つ)にすぎない。


しかし、人間の意志と愛が協働するとき、最もあり得そうもないことが起こるのだ。

これは人間のマインドとハートにおける魔法なのだ!。



自分の創作活動もそうなのだ。

だから泣けたのだ。

彼のこの言葉には大いに勇気付けられてきてる。



2020/01/31 17:35

もう三枚。


もったいないから w 。


gatehiro

2020/01/27 21:05

gatehiro

2020/01/27 21:05

gatehiro

2020/01/27 21:04

gatehiro

2020/01/27 21:03

カタルシス


涙がこぼれた


gatehiro

2020/01/27 08:43

gatehiro

2020/01/27 08:43

決めゼリフ


 『  こいつら予算がなくてもやるタイプじゃん・・・ 』



gatehiro

2020/01/27 08:42

gatehiro

2020/01/27 08:42

gatehiro

2020/01/27 08:40

Iron Claw の Winter

https://www.youtube.com/watch?v=5J7mwRtWgQE


ついでにご案内。この一曲だけで十分。これも悲劇的。名曲かと思います。

時が時なれば、宣伝がされていれば、世界規模で知られたバンドだったでしょう。

スコットランドのハードロック。発掘音源。当時にはリリースされなかったもの。

カタルシス。


gatehiro

2020/01/15 20:56

gatehiro

2020/01/15 20:56

High Tide - Futilist's Lament。HDがアップされているのでご案内。

https://www.youtube.com/watch?v=cpBCXof2qCc


長く待ちわびたUPだったのです。5:16。前半は我慢して、2:26 以降が聞き所。

こういった悲劇的で、泣のギターが効くのが好きなのです。音楽性としてはKC全く関係ない。

バイオリンがまたいい効果を生んでいる。この曲だけです。いいのは。

カタルシス。


gatehiro

2020/01/15 20:16

gatehiro

2020/01/15 20:16

前のは嘘だからね。

格調高くやるから心配しないでね。


見張りの天使の断罪からやるから。


いきなりクライマックスの一つからやるから。


頑張って、絵も取り揃えたから。


UPはなんとか今月中に。



これも嘘になっちゃうのかも知れない。wwwww。


2020/01/14 19:25

大戦の続き...

出だし、ちょと書いてみた!。 


やっとこさ、この番外編に手をつけることとなった。なんてったって、こいつには驚くべき内容がある。度外れた奇想天外のドラマってへ奴さ。これまで一度として語られてきたことのない、ほんまもんの、あられもない剥き出しの〈事実〉ってやつがだ。それも神話時代でさえ軽く飛び越えての、遥か遥か以前の大昔のお話しになる。

「やったぜ!加トちゃん」(古っる~)でしかなーい!。

これによってグリイシヤ神話にとどまらず、メッソポタミア神話まで整理が為されてしまう。
実は、それらの多くの物語は、誤った伝承に元ずいている。
すべては歴史の闇の彼方に埋もれてて~、人間には理解できないことも多かった…。
だから、これはしょうがないっていちゃ~あ、しょうがない話さ。

Re: 土工の正体。

さて、始める前に、ここで『土工』なるものの正体を明かしておこう。
彼らは、簡単に言えば、この宇宙においての「物質的生命進化が辿る終着的な形態」ってことになる。SFのタームで言えば「オーバーマインド」が近い。(これが世に出たのが1964年(日本)のことさ。クラークさんのことは以前に触れた)。違うのはその姿形、その能力キャパだけ。

やがて人間は、科学技術を仲立ちとして、機械との融合さえも果たしてしまうわけさ。
我欲で、力付くで、恣意的に、更なる、もっともっとの、強化/進化を求めたが故に。
そして永遠の時の中で、進化改良は行き着くところまで行ってしまう。
その練磨の果てに、土工の形態そして能力を手に入れてしまう。
彼らは人類の進化の成れの果てなのさ………



ムードぶち壊し...、

こんな感じでいいんだろうか?

まあ、好きなように書いてみましょう!。


乞う徹底的な有らずの「ご期待」なりー!!!。


*こんな所まで読みに来てる人なんていないでしょうね。


2020/01/13 21:15

思うこと。

ドイツ銀行とか中国とかイングランドが抱える金融負債を何とかする為に、

何らかのイカサマ賭博が仕掛けられてくると思っている。それの始まりかもしれない。

とりあえず、トレンドは新エネルギー産業(電池)へと大きく流れることでしょう。

そして、何処かの(国の)成功材料を元に、原発へと改めてシフトがとることが決められる。

しかし、なにしようと、日本をトコトン劣化、壊滅したいといった意志は固く保持され、

そしてその実行は貫徹される。結局、博打に巻き込まれ、ババと引かされることと

なるのだろう。ソフト銀行もセブンも...。

彼の御方が神託でござりますと言って、鎖国を求めることを表で訴え出すことを

期待している。大地との絆を取り戻すためにはそれしかないから...。

なければ、彼は、声はいただけなかったのかも知れない。

令和もつまらん時代にしかならない。

すべて戯論、妄想、妄言です。WWW.

2020/01/05 21:03

gatehiro

2020/01/03 21:12

2019 年末のご挨拶。

私の下手ピイな創作活動にお付き合いしてくださっている皆様。

いつも、本当にありがとうございます。


今年は体調ならび精神的に大変不調な年でした。

更年期障害はともかくも、あっちがえらく悪質に干渉してきていました。

こういう時もあるのだな〜と落ち着いて何とか凌いでまいりました。


来年も創作は続けたく思っております。

どうぞお付き合いの程、よろしくお願い致します。

皆様にとって来年が実り多い年になりますように!


改めて、ありがとうございました。


天村崇


2019/12/31 17:06

年末だからね...

でも一編、大物編んでるんだぜ〜(杉ちゃん)。もう八千文字遠に越えてるぜ。

きっと人気でないぜ。ワケワカメだかんな〜...。


明日は教会いくぜ。今月初めてだぜ〜。サボってやったぜ。しんどかったもんな〜。

みんな驚くと思うぜ。イオフィエル来た〜って。


追記:

行ったぜー。そしたら三教会合同のミサだったぜ〜。いつもより三倍以上人が来てたぜ〜。

ネタもらったぜ〜。活かすぜ〜。

2019/12/28 17:32

サ行

さ〜はサイクロプスのサー♬

しーはシーメールのシー♬

ハイ終了

gatehiro

2019/12/27 19:11

ア行

あ〜はアンドロメダのアー♬

い〜はイスカンダルのイー♬

う〜はうんころもちのウー♬

ハイ終了

gatehiro

2019/12/27 19:09

カ行

か〜はカッパのカー♬

き〜はキメラのキー♬

く〜はクビライカンのクー♬

ハイ終了

gatehiro

2019/12/27 18:04

gatehiro

2019/12/27 18:03

Merry Christmas!

Merry は羽目をはずしてお祝いしましょう。

今日のこの日は本当に気を緩めることができます。

何故ならば、神様が一人子をこの世に送ってくださった日なのですから。

その事の意味を噛みしめるなら、こんなにありがたい日はないのです。


救いが来た日なのです。送られてきた日なのです。

彼は、見事、ことを成し遂げて、そして天に挙げられました。

彼に与ることが救いの道となったのです。


2019/12/25 18:11

今日はイブなので...。

サンタが誰で、プレゼントの意味が何なのか、分かってますよね?。


何でこの日をお祝いするのか?。


続きは明日...。

2019/12/24 20:25

OP: WSS。ただ事ではない。覚書。

海外と歩調を合わせているかのよう。

特に若い人らにおいてらしい。


いや〜、オペレーション Worldly Stoned  Spreading が発動しているんだろうね〜。


やがてこの日本においても解禁に至るのだろう。

その理由も、どっかで聞いたことのあるような、ブラックマネーを潰すためとか言って...。


ほんと言っとく。

信仰で武装しときなさい。

まともな人が一人でも欲しい時代になるから。


とても貴重になる。


gatehiro

2019/12/08 17:05

gatehiro

2019/12/08 17:05

今日の日記。

いや〜貯めているよ...。ストレスを。

発散で書くだろ〜、すると別のがまた貯まるんだ...。

堂々巡りだろ⤴️!?。


だからテニスがいいんだよ。


今日はサボったよ...。ミサを...。

安息日に安息しちまってるよ。

天罰のくだらんで、お慶びいただけるよう神に祈るぜ。


昼寝するよ。


追記:


したよ。


2019/12/08 12:17

エクソダス、その四。

いや〜書いてるよ...。

あれの続きを....。

きっとわけが分からん話になると思うよ...。


仏教概念における空が虚と同質になるなんて無茶やってるよ。

きっとお坊さんに叱られることになるんだろうね〜...。

もしかしたら丑の刻参りされることになるかも..。


まだまだ公開は先だよ...。

画像調整に手間取るからね〜。

しかし、バカみたいなことに勢力傾けてしまっているよ...。


私生活は、きっと不幸な、もとい、暇な人なんだろうね〜..........。



gatehiro

2019/12/02 10:53

gatehiro

2019/12/02 10:52

なぜ「世界に冠たる企業」は日本から消滅したか ?。 記録用。

ゲームチェンジが起こったのは90年代前半、日本が平成に入った頃です。

2つの大波がほぼ同時に押し寄せてきました。


1つは、グローバル社会です。


約40年つづいた米ソ冷戦が終結し、国際的な交通や通信が整備されて

ヒト、モノ、カネ、情報が国境を越えて動き出します。

その結果、国際分業などの経済活動が飛躍的に進展しました。


もう1つはデジタル革命です。


コンピュータやインターネットの利用が急速に進み、世界はIT社会に突入しました。

この大波にエレクトロニクス分野などは瞬く間に飲み込まれ、

従来のビジネスは跡形もなく一掃されました。


たとえば、日本が得意とした垂直統合型のテレビ事業は、いまや地球上に存在しません。

その後は自動車、重電、医療、サービスまで大きく変容しています。


このグローバル化とデジタル化は、

過去の環境とは連続性がない“破壊的イノベーション”でした。


*無料分より抜粋

*PRESIDENT Online10/28付け



超円高が長く演出されたことも忘れてはいけない。

これで海外生産が強力に推し進められた。

すべて外圧。



白痴化のトレンドしか想定できないんだけど...。

根無し草になって

個人的な夢に引きこもって

明るく発狂するを選ぶ。


昔、大阪は通天閣の界隈にたくさん見かけたよ。


すべての先進国においてこの現象は進む。


2019/12/01 19:23

-6

Q: Are we so totally alone?


M: Oh, no, we are not. Those who have, can give. And such givers are many. The world itself is a supreme gift, maintained by loving sacrifice. But the right receivers, wise and humble, are so few. 'Ask and you shall be given' is the eternal law.
So many words you have learnt, so many you have spoken. You know everything, but you do not know yourself. For the self is not known through words -- only direct insight will reveal it. Look within, search within.

Q: It is very difficult to abandon words. Our mental life is one continuous stream of words.

M: It is not a matter of easy, or difficult. You have no alternative. Either you try or you don't. It is up to you.

Q: I have tried many times and failed.

M: Try again. If you keep on trying, something may happen. But if you don't, you are stuck. You may know all the right words, quote the scriptures, be brilliant in your discussions and yet remain a bag of bones. Or you may be inconspicuous and humble, an insignificant person altogether, yet glowing with loving kindness and deep wisdom.

2019/11/28 07:58

プロフィール

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ