• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
【しゃべログ版】第1回 ぼくがかんがえたさいきょうの未来のアイテム選手権
【1. エンドレス奇声マシン】

一度電源を入れたが最後、何をしようとも永遠に奇声を発し続ける。


【2. ネギ発射装置】

ネギをセットしてボタンを押すとネギを発射する装置。


【3. 思念複製ブッポウソウ】

道行く人の頭の中にあるスケベ妄想や卑猥な言葉を読み取って複製し、大声で喚き立てるブッポウソウ(美しい)。

複製したスケベ妄想はライブラリで視聴できる。


【4. 自爆装置内蔵型自動宅配ピザ注文電話】

毎日自動で¥3,000〜¥5,000分のピザを注文してくれる便利な電話。電源が切れると自爆する。



2017年9月23日にツイッターにて投票を行ったところ『エンドレス奇声マシン』と『思念複製ブッポウソウ』が3票ずつの得票で引き分けとなりました。ありがとうございました。

種なしスイカは種がないのにどうやって出来るのかを君に教えてあげよう。
仕事が終わり、スーパーで買い物をしていると、幼い子供の声が耳に飛び込んできた。


「ねえママ、種なしスイカは種がないのにどうやって生えてくるのー?」


種なしスイカが『生えてくる』ものだと思っているいとけない子供に私は真実を告げたくなる。幼い耳朶に流し込むにはあまりにも残酷な真実を。


「坊や、種なしスイカはね、スイカおじさんが悶絶しながらお尻の穴からスイカを捻り出してできるのだよ」


スイカおじさんが血まみれになりながらお尻の穴からスイカを捻り出す光景は凄絶だ。


『アーーーーーーーーッ!!!

助けてくれ!!!

痛い!!

痛い!!!

いやだああああああああああああああアーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!』


この絶叫が私の眠りを脅かすようになって久しい。


広さにして三畳程度の真っ白い出産房の、壁といわず床といわず血で汚れた拳と踵が打ち付けられ、手足を固定するベルトは不安になるほどギイギイ軋む。同じ絶叫と物音が両隣、そのまた隣、更に隣の房からも聞こえ、出産を終えたところから静かになっていく。

やがて叫ぶのを終え、カッと見開いた虚ろな目で荒い呼吸を繰り返すスイカおじさんを、控えていた産業医と看護師たちが慣れた手つきで担架に乗せて運び去る。

後に血みどろのスイカが残り、それを水色の防護服に身を包んだスタッフが淡々と回収し品証室に運んでくる。


そのスイカを品質検査するのが私の仕事である。

2018/07/05 19:07

プロフィール

趣味で小説を書いています。
ずっと個人ブログで作品を公開していましたが、2017年の『聖書ラノベ新人賞』を機に会員登録させていただきました。
...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

アーカイブ

ページトップへ