食事

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
たまに無性にインスタントラーメンを食べたくなるとき、ありませんか。

きちっと出汁をとったりした手料理よりも、ジャンクフードが食べたくなるとき。


そういうときの為に、ラ王の味噌を用意しておくんです。

ラ王は麺が違うんですよ。

ノンフライ製法により、インスタント麺は飛躍的な進化を遂げている。


でもいくらラ王とはいえ、インスタントであることに変わりはないので物足りなさは感じてしまう。

しかしインスタント・ジャンクには手軽さというのもまた重要な要素。

包丁を取り出してネギをトントンと……なんてやる気力があるならもっとちゃんとした料理を作るってもんです。


だからここに一手間とも言わない……半手間、0.1手間で手を加えます。

用意するのはチューブのショウガとニンニク。

これを器にチュチューっと入れて、スープと一緒に混ぜます。

香るニンニクミソショウガの香り……。


茹で上がったらその器にお湯と麺を注ぎます。

スープは茹で汁とべつにすると上手い、という話もあるんですがそんな手間をかけてられません。

ただし汁は少なめに。

スープが濃縮され、塩分と脂のダイレクトアタックを受けます。

ここでかき混ぜ……そして最後の一手。


チーズです。

ピザに乗せるような細かい溶けるチーズを20~30gほど。

決して多すぎてはいけません。チーズの食感だけになってしまいます。

あくまでも麺と絡んだチーズの食感……!

これが大事……!

また、混ぜすぎてもいけません。

チーズが溶け出して、チーズスープになってしまいます。

あくまでも固形のチーズが必要。


そうして食べる。

化学調味料とチーズの合体は、味の暴力。

不健康の味がします。


そして半分ほど食べた所で……悪魔的発想。

ごはんの投入です。

多すぎるという人はごはんの量を調節しつつ、残す勢いでもいいです……。

ここでごはんを入れることで、チーズリゾットのような味わいが出るのです。


味噌チーズニンニクショウガリゾット麺……。

当然こんな物を食べるのは深夜以外にありません。

寿命を食べるような背徳感が合わさって、めちゃくちゃにキマるヤバイ飯です。


毎日食ったりすると背徳感が薄れるので、月一とか年一とかの方がいいです。

背徳飯……。

イナダなる魚を渡されたのでいろいろ調べつつ調理。
――出世魚。ハマチやブリとなる。つまりブリ。騙された。
というわけでイナダのお刺身を作る。
多いのでそれを調理。そばつゆ、細かく刻んだネギ、ショウガ、少量のごま油を入れて混ぜ合わせ、最後に白ごまをパラパラ。めっちゃうまい。なにこれ……なんだろう。
さらに余ったので大根と煮込む。ぶり大根である。おいしー!
トマト出汁にな、味噌とニンニク、キャベツピーマンひき肉しめじを入れてグツグツと煮込む……美味い!
鰹出汁とトマトを煮込んで砂糖・塩・醤油で味付け。
トマト出汁うどーん。うまーい!
おしゃれな近所のハンバーガー屋に。
ふわふわパンで挟んだピクルスと牛肉の味が美味しいハンバーガー……
なんだけど、一緒に頼んだ自家製ジンジャエールが美味しいんだけど生姜が強くってそのからさの印象ばかりが残ってしまった。
なんだろうな、ハンバーガーって「また食べたい~!」って気になるのが少ない気がする。いや、とっても美味しいんだけど。
ロース肉で豚の角煮ができるのかチャレンジ。
玉ねぎ、ネギ、肉を生姜で茹でる。
醤油、砂糖、オイスターソースを加えて煮込む。
最後に玉子を入れて完成。

お味はなかなかのものの、柔らかいかといえば微妙。
硬いチャーシューと角煮の間の子みたいなかんじになった。
https://www.cocos-jpn.co.jp/pdf/170605pancake.pdf
ふんわり三段パンケーキの間に生クリームが挟まっており上にのったバニラアイスとチョコクリームが甘すぎず完璧な調和をもたらし290円では最上級の幸福感をファアア
背わたを取った冷凍海老にネギ、玉ねぎ、ちくわ、下茹でしたほうれん草を加えて炒める。
塩、砂糖、オイスターソース、鶏ガラ、豆板醤、にんにくに海老頭から取った海老出汁。

エビチリっぽいようでちょっと違う、中華海老炒め完成です。
美味ー。
30円で買ってきたごぼうの皮を包丁の裏で削った後、ささがきにして水にシュート。
水を一度変えたら、水からあげて油をしいたフライパンへGO。
人参の皮を切り落としたら千切りにしてフライパンへ。
塩、一味、そばつゆ、ほんだし、ごま油で味を調整して炒める。

くそうまいきんぴらー!
油を引いたフライパンに刻んだ茄子、セロリ、豚肉を入れて、塩、鶏ガラ出汁、そばつゆ、オイスターソース、しょうが、にんにく、ごま油を入れて味付けする。
なんだこれは。麻婆茄子めいた何か。

美味しいものの、油が多く入ってしまったのかちょっと油っこい。
パスタを茹でる。
フライパンに牛乳少し、バター、刻んだベーコンを入れて日が通るまで熱する。
茹で上がったパスタを入れたら、粉チーズとコンソメ、コショウを加えて味を整える。
だいたいコンソメで味がつくが、足りない場合は塩を少々。
最後に火を止めて生卵を投入。かき混ぜた後に蓋をして半熟目標。

簡単カルボナーラ!

簡単でテキトー且つ結構美味いので、ちゃちゃっと作れて何度も食べてしまう。
デザードのメロンゼリーがあまりにも印象的過ぎたので忘れたが、お昼はファミレスでハンバーグランチ。
ビシソワーズがじゃがいもとパプリカの風味が豊かで美味しかった。
ハンバーグはまあファミレス味なのだが、スモークチーズとトマトソースが溢れるほど乗っていたことによりピザを食べるような満足感が得られて大変よかった。
トマトソースに浮かぶパプリカや茄子、ズッキーニといった野菜もスモークチーズの濃厚な旨味と絡み合って肉の旨さを演出している。

最近思ったが、肉は単体ではダメなのだと思う。
それに伴う周囲の付き合わせ、トッピングが重要なのだ……。

でも焼き肉も食べたい。カルビー
メロンゼリーと生クリームのパフェを買ってきたけどくっそまずい。
メロンの青臭さと生クリームの脂っこそが絡み合い至極のまずさを演出する一品……!
味に慣れてくると今度はメロンの苦味が溢れ出てきて飽きさせない不味さ!
ここまで語れる不味さは久しぶりだ! 凄くいい経験だよ!
ひさびさにお残ししてゴミ箱にシュートを決めてしまった。
昨日は微塵切りのレタスにケチャップ豚ひき肉でタコライス風味を再現しようとしたがなんか違った。レシピを検索しよう。
ケンタッキーのCHIZZAを食べたぞ。
鳥肉のフライドチキンの上にチーズがトッピングされ、更に上に牛肉が乗った怪物だ!
ワオ! 油! 塩味! ヒューッ!
こってり元気系食料であった。
余ったタコ餃子のタネを、水とほんだし、玉子を加えてスープにするととても美味しい。
そして温めたスープにタコ餃子を投入することで、今度はワンタンのような味わいに……。美味い!

さかのぼって昨日。

薄切りの豚肉をしっかり湯通しして冷しゃぶを作る。
ニラも同じく湯通し。
酢醤油にほんだしでさっぱりポン酢風味出汁。

レタスやセロリも薬味につけたが、こちらはあまり合わなかった。
さかのぼって一昨日あたり。
牛すじ肉が安かったのでビーフシチューを作る。

まずは牛すじ肉にしたごしらえ。
塩、生姜、すりおろした玉ねぎ、赤ワインをかけて冷蔵庫へ。
一時間程度漬け込む。

次にトマトを湯通して皮を剥く。
ヘタを取り四等分にして鍋へ投入。
トングで潰しながら煮込む。

そこに微塵切りにした玉ねぎ、人参、セロリを投入。
バター少量と牛乳大さじ1を加え、水を足しながら煮込む。

並行して牛すじ肉をだばーっとフライパンへ入れて焼く。
沸騰していく……油はできるだけとった方がいいらしいが、さっぱり油がわからない。
すり下ろし玉ねぎと赤ワインに油が吸収されてる感がある。
冷たい水で浮いてきた油をキッチンペーパーで取ったりしたが、果たして効果があったのかは不明。

とりあえず結構火も通りきってしばらく経ったので、鍋の方に入れて煮込む。
ついでにだぽだぽと赤ワインを入れる。

次に人参、たまねぎ、じゃがいもを一口サイズに切って投入。
塩と砂糖、コンソメで味を整えニンニクを少々。

あとは弱火でかき混ぜつつひたすら煮込む。
ソシャゲがはかどった。

これが食べてみるとメチャクチャ美味い。
酸味が強いのでパンによく合いそうだ。
トマトの種を抜けば酸味を抑えられることだろう。
夜。
うちの母が肉を食べられないのでタコ餃子。
まずはタコを微塵切りに。
ニラ、セロリ、キャベツも微塵切りにする。
塩、オイスターソース、ほんだし、にんにく、コショウ、ごま油、玉子を加えてかき混ぜる。
それを餃子の皮(大判)で包みながらフライパンへ。
水を入れて焦げ目がついたらひっくり返して、また水を入れて蓋をする。
ちょっと塩が多く入ったようでしょっぱかったが、ごはんのおかずに丁度良かった。

タネが余ったので小麦粉で生地を作ろうと試みる。
しかしどうやっても薄くならず、粉っぽくなる。
これは失敗。

餃子は包み作業の手間がコスパ悪すぎるので、作る度に「二度と作るまい」と思っている。
お昼。
うどんを作る。
薄力粉に同量程度の水と鰹節3gほど、塩大さじ1ぐらいを雑に入れてこね回す。
30分ぐらい放置したら、麺棒で薄く伸ばして打ち粉をして折り重ねる。
打ち粉重要。少なめにして切ったらめっちゃくっついたのでやり直した。
切った物を箸でかき混ぜつつ10分ほど茹でる。
茹でた物を一度冷水に。
温めて食べる予定だったが、面倒臭くなったのでそのまま冷うどん。
レタスを添えてサラダうどん風にしてめんつゆで。
つるっとした食感にアゴが痛くなるほどのコシが美味しかった。
鰹節は変わんねーなこれ。もっと魚粉とか入れないと意味なさそう。

ページトップへ