創作活動プラス(2017年12月1日~最新)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
ネット投稿、抵抗感がなくなりました
小説執筆5900字。

このくらい毎日書けると、「ちゃんと書いたな」と思える範囲になってくるんだけど、なかなかそうもいかず。

年末年始はいつも少し余力があるから、そこでなるべく集中して執筆したい。今年はどうだろう。その時期を見越して、トークメーカーの新作投稿の準備もしたいところ。


以前は、プロとして原稿をネットに投稿することは心理的抵抗があったのだけれど、一度やってみると、まったく微塵も抵抗感がなくなってしまいました。むしろ隙あらばどんどんネットに投稿していきたい気分です。今時の編集さんはネット投稿原稿を別物として扱わないし、ちゃんと声が掛かることもわかったからね。

もちろん自分は、決してなろうさんとかで勝負しません。なろうさんに抵抗があるわけではなくて、自分の主戦場では絶対にないと確信しているからです。トークメーカー新書として「なろう攻略本」まで出していることは先日の公式お知らせでも書いてありましたが、ぼくもトークメーカーも、なろうさんに少しも抵抗感がありません。一人の作家としてなろうさんで執筆することに興味がないのは、作家性に価値が置かれないからです。ぼくは生涯自分の研究分野・専門分野を追い求めていきたいし、その探究の一貫としての作家業があるので、「作家として本を出すこと」という部分への執着がありません。人生の追究の一手段としての興味から作家を続けています。

幸いにもトークメーカーは色んな作品がそこそこ読まれる状況にあるみたいで(懐の深い読者の方々に感謝です)、うちの会社がやっているとか、いないとかにかかわらず、自分はトークメーカーで投稿するのがマッチしていそうだなと、各サイトの動向から感じています。


しゃべログのトークごとにタイトルが付けられるようになったのは、自分の使い方を考えると地味にありがたい。ぼくの場合、セリフ一つが1日のまとめみたいな使い方をしていたので、より簡易的なブログとしても使えるようになってくれます。これがちょっと嬉しくて、なんかいつもよりブログっぽい投稿内容になってしまったかも。

プロフィール

こんにちは、至道流星です。

◆ブログ
http://shabelog.com/blog/shidou/
◆ツイッター
...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ