創作活動プラス(2017年12月1日~最新)

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
小説執筆7500字。


今日はぼちぼちの文字数になってくれました。都内を歩き回っていたような気がしましたが、アポの前に喫茶店で長くPCに向き合っていたことが影響したようです。業務の流れのなかに執筆が組み込まれてしまっており、まったく別の処理を脳が行き来することで、逆に脳が引き締まってくれているような感覚があるのですよ。これはたぶん100超えてもボケないと思う。ついでにうちの一族は元々長命でボケてないっぽいし、自分の食事もまともだしね。


自分、一日の間に起こる脳の主要な処理項目は、「案件交渉」「プロジェクト管理」「執筆・創作」が3分類されていると思います。


「案件交渉」は人とのコミュニケーションなので、刺激があるし、相手の良いところも悪いところも、会話のなかで得た知識やノウハウも、楽しいことも腹立つことも、さまざまなインプットが毎日起こっています。

「プロジェクト管理」は開発案件の処理で、インプットとアウトプットが小刻みに行き来します。長年の慣れで、あまり思考せずに処理できることもしばしば。

「執筆・創作」はアウトプット特化ですが、過去のインプット分をまだまだ出し切れておらず、もったいないように感じているものの、上記2つが日々の主体なので、多忙な局面ではここの割合が0%になります。40%くらいここに割ける日は、1万字近くいくでしょうか。


上記は1日単位の自分の脳の動きまとめですが、季節単位とか年単位とかで見ると新規事業とか組織整理とか不動産売買とか折々に応じて色んなものが入ってきます。これってゲームみたいで普通に楽しいなぁと、なんか最近感じるんですよね。適度なストレスの必要性も強く感じています。広い視野で見ると、毎日遊んでいるみたいなものかもしれないと思うときがあります。

プロフィール

こんにちは、至道流星です。

◆ブログ
http://shabelog.com/blog/shidou/
◆ツイッター
...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ