活動記録2017/8/1~8/31

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

小説改稿、編集さんに投げて確認。

実用書打合せ3時間、目途を付ける。

執筆の時間なし。


小説の打合せってサラッと終わるんですが、実用書の打合せはヘビーですね。また、実用書の打合せは現代社会についての確認の場でもあり、新しい気づきもあります。自分のなかでは空気のように自然になっていることでも、ほかの方にとっては当たり前ではなくて、そうしたギャップには良くも悪くも様々な余地があるように思います。(※何を言っているのかわからないでしょうね、自分しかわからない内容を書いています。備忘録です)


考えてみれば、自分の小説って、そうした自分と読者のギャップが超絶に大きいのに、ぼくのほうがそこをサラッと「当然だろ?」ぐらいの勢いで流してしまうから、一般的にはなかなか苦戦するコンテンツなのだろうなという反省もしました。

2017/08/08 22:37

ページトップへ