乳がん

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

抗ホルモン剤の続きです。


たぶんこのあたりの医師からの説明はそんなに詳しくないかもしれない。

薬は「閉経前ならこれ」「標準はこれ」「閉経後はこれ」みたいに提示されて、自分でんたてきるようなものではないから。


知らなくても、薬を飲めばいいのでそれでいいのです……。


薬選択のキーワードはエストロゲンです。


がん細胞に関して「ホルモン陽性」と言われた人のみ、飲みます。陰性判定が出た人は、効果がないとされるので通常は飲まないです。


陽性 → 飲む

閉経前 → 抗エステロゲン剤

閉経後 → アロマターゼ阻害薬

陰性 → 飲まない


おおざっぱにこんな感じ。何度も繰り返して記載してますが「あの人の治療とどうして私は違うのか」「私もあの薬を飲んだほうがいいのでは」という本人、そして家族が存在するので、ここ何度も書いておきますね。

ちゃんと薬の出る出ないには理由があるよ。


治療していて「あの人は飲んでるのに、私は薬が出なかった」と不安になったり「あの人の薬と私のが違う」と不安になったりしたら、医師に聞いてみてくださいね。



さて

・アロマターゼ阻害薬


エストロゲン。乳がんになるまで考えたこともなかったものだ。


女性が閉経する前と後では、エストロゲンが分泌される場所が違うんですって。

 

閉経前→ 主に卵巣から分泌。

閉経後→ 卵巣からはあまり出なくなり、副腎から分泌されるアンドロゲンをもとにアロマターゼという酵素がアンドロゲンをエストロゲンに変換する。

 


ねえ、私の身体のなかでいろんなことがおこなわれてるんだねえ。

病気になると「人体とは」「生き物とは」と遠い目になるね。


とにかくエストロゲンを阻止しないとならないので、エストロゲンになっちゃうアロマターゼを阻害するのだそうだ。


私が飲んでたのは

アナストロゾール(商品名アリミデックス)です。

その他いろいろとあるよ。


私は通常だと年齢的にはタモキシフェンをすすめられたのですが自分から「抗がん剤で閉経していると思うので、なんなら調べてアリミデックスにしてください」と自己申告してかえてもらいました。


事前にこのあたり調べてたので「変えて-」とか「調べて-」とか伝えられたので、そしてこれに関して正しい判断だったのではと現時点て思っているので、ホルモン陽性のがん細胞の人は自分の身体の治療時の変化や、薬についてなど、調べておくといいと思うんだ。

2017/09/01 08:41

プロフィール

佐々木禎子(ささき ていこ)
作家。
札幌出身・東京と札幌を行ったり来たりしています。
1992年雑誌JUNE「野菜畑で会うならば」でデビュー。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ