• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
改稿の見通しがやっとたったので整理のために停止。よかった。これエンドマークつけられそうだ……。商業作家になってはじめて「これは書き上がらないのでは」という迷路に突入してましたが、書けそうです。うわー。編集さんに相談してよかった。整理してもらえてよかった。

これが世にいうスランプというものなのだろうかと、先月はひとりで呆然としていたのですが……。

良い経験でした。

ってまだ安心してはならぬ。


しかし皆さんスランプというものはどのような形で訪れるのだろう。そしてどうやって脱却したんですかね。たぶんはじめてまともなスランプというものの「切れ端」を見た今回の私。切れ端でこれなら本物はどうなのよー。

陥らないように気をつけよう。スランプ。

2017/10/05 17:15

大文字で訴えるようなことなのだろうか、これ。まあいいや。
ある程度、脳内で自分の隠居生活の設計図を描いて「それに向けて-」と考えていたら……。


想定していたよりおもしろ案件がいくつか提案されたので、もうちょっと……しばらく……現役で歯ぁ食いしばっていくぞーみたいな流れに急展開してきた最近です。


あらまあ。まだまだ夢は広がるのね。楽しい。


いくつになっても勝手におもしろがって生きていく。


でもみんなに労られたい。

お月見なのでお月見っぽいご飯を作った。


卵の黄身の醤油漬けを作る。好みで味の素をちょっと振った醤油のなかに「黄身」をぽとんと落としてつけ込む。半日くらいから食べ頃です。一日以上つけると、線香花火の落ちるときの先端みたいにぽてっと黄身が凝縮して熟してるよ。好き。

白身は、長ネギとニンジンの千切りと小麦粉テキトウとで混ぜ合わせて簡単チヂミにして焼く。今回はまだいぶりがっこタルタルが残ってるのでそれとあわせてもいいかなと、ふわっふわな感じに焼いた。


鶏挽肉で大きなつくねを作る。本日は「黄身」をメインにしたいので、味付けは、しょうがと醤油ちょっと。甘いタレのつくねじゃないのだった。

自分ちの料理だから大胆に大きめにハンバーグ的にまとめて、真ん中を少しへこませて焼きます。メインはこれだけなのでけっこう大きめに作りました。

焼き上がったらくぼみに「醤油につけた黄身」をぽとんと落とす。あと、醤油も振りまく。長ネギの青いところを切って散らす。

残った油で、カボチャとエリンギもさくっとソテーに。ズッキーニは輪切りして蒸し焼き風にして丸いとこ見せて盛り付ける。


写真は撮ってない……。


ススキとセッコウボクをお花屋さんで用意して、あと月見団子は作らず、お店でおまんじゅうを買ってきたよ。


ただし悲しいかな今夜は曇天っぽいですね。


月のなかに餅つきうさぎを最初に見つけた人は……想像力が豊かだったんだなあと思います。

2017/10/04 16:56

トクメ歌会の参加表明の時点ですでに私は長文だった。そぎ落とすの下手だな。


2017/10/04 13:52

ありえない新人賞がはじまった……。


ほへーって言いながら、私は今日も改稿をしています。このあいだ担当さんにいろいろと打ち合わせで整理してもらったおかげで出口が見えてきた気がする。


ここのところ総菜を買ってきて食べたり、人に作っていただいて食べたりで、忙しくなったり、原稿に没頭して心と頭が現実にむきあわなくなったりすると、なんというか、こう、退行していく……。


でも明日のお月見は、月を見るよ。夜空。

2017/10/03 18:52

「クリエイターで食べていく!  複業でサバイブ!! 『器用裕福』のススメ


こちらトークメーカーさんでやらせていただいた女性作家座談会のものを読みやすくまとめてキンドル配信しております。アンリミテッドにもなってるよー。

手前味噌ながら「これはいい読み物だ」と思ってますので、ダブル、トリプルとたこ足配線でクリエイター業をやっていこうと思っていらっしゃる方におすすめしたいので日記に書いてみたよ。

これ、たけうちりうと先生が座談会開催してくださったので、私のしゃべログのページの右側には出てこないんだね。


だいたいの内容はつまりこれ ↓ これでピンときて、そのうえでまだ目を通してない方はぜひ読んでみてくださいな。

漫画家、イラストレーター、大学講師、展示会主催、同人誌出版、電子書籍出版、各種イベント参加等々、複数の仕事をこなしながら創作活動歴40年のbelne(ベルネ)さんに、マルチプルワークの極意をお聞きします。


2017/10/01 10:09

さらに副作用……なのかよくわからないこと。


「手が震えた」。


副作用なんじゃないかなと疑っている理由は、起きがけに、節々が痛くて蛇口ひねられない時期と手の震えがほぼ重なっていたからです。

いまはそんなに震えない。


検索してみて「ホルモン治療で手が震える」はないのですが「更年期で手が震える」はあるので、やっぱり女性ホルモンを急激に減らした結果の、体内早回し現象で出現したのではないかなーと思っています。

自分で制御できない。発作的なものである。唐突に手が震える。


これ、笑わないでいただきたいのですが、私は「私はもしかしてアル中だと思われるのではないだろうか」とわりと真剣に考えましたよ。普段の自分の酔っ払いぶりを思うと、唐突に、私の手が震えだしたら「佐々木さん、もしかしてアル中に」って友人知人の皆様に思われてもおかしくないのではと。

というわけで手が震えだすと「震えてますがアル中じゃないです」と、その場でひとに言う、変な人になっていた当時の私です……。


あとは「ものがつかめないのでよく落とす」が頻繁でしたね。これも仕方ないことなのですが、はたから見たそのときのルックスがまだ私は「更年期にはちと早い」感じで、とくにカツラ着用時はカツラの選択ミスでかなり若作りになってしまっていたので……。

「更年期の症状なのですが、まあ更年期になった要因はつまり乳がんで」って伝えられる人はいいけど、そんなになにもかも、通りすがりの人にまで言えるわけもなく。

通りすがりの人にとっても「いきなりものを落として手がぷるぷる震えてる女性。もしやこれってアル中なのかしら」と思われていたのではとちらっと思っている

それはどうでもいいんだけど。笑。


案外、ここの部分、まわりの人が理解してくださらなくて。

「手が震える」「ものを落とす」って乳がんの治療の結果にまったくつながってないように見えませんか?   私も体感しないとピンとこなかった。

ホルモン治療ってとにかく「一気に更年期がくるので、更年期の症状とされているものは、くる人にはどっとくる」んですよ。来ない人もいるので、そこも個人差なんですが、私はきちゃう人でした……。

で。


「平気でできていたことが、できなくなる」ことの悲しみと恥ずかしさというのがあって、たぶん認知症なかもこの延長線上にもっとつらい気持ちや当惑がのっかっているのだろうと推察するのですが……。


いやなもんでしたね。この「蛇口が」とか「手がいきなり震えてものを落とす」とかが。


ただ、いまは普通にものが持てるので。手の震えもめったにないです。全く「ない」わけじゃない。これは筋力のおとろえの問題なのかなー。たまに震える。

細かな手作業は他の要素も混じってきて(老眼とか。くっ)敬遠気味になってます。くっ。


それでももし私と同様に「発作的に手が震えて、予期しないタイミングでものを落とす」が頻繁に来てしまって「あわわわわわ」ってなって悲しくなっている人がもし、いましたら、つまり「三年くらいしたら、そこを過ぎてめったにその状態出なくなって、普通に安心してものを持てますよ」ってそれを伝えたいです。

治療中の皆様、治療をひかえた皆様は、どうぞのんびり過ごしてください。

そして全員がそうなるわけでもないので「こんな人もいるんだなー」と話半分で他人事て読みつつ、もし自分にその副作用が出たときは「あーこれかー、でも時間たてばもとに戻るみたいだし、震えてるの気にしないで過ごすかー」とゆったりとね。

2017/10/01 09:22

オンライン歌会二回目だよ


オンライン歌会onトークメーカー 匿名歌会/2017秋


開催されますよ。

ふるってご参加を。

2017/09/30 09:01

明日から十月第一週末くらいまではユンケルとか飲んでがんばろうかしら。

たまには、ね。

残り少ないモーラスシップをはりました。明日の肩こり頭痛の軽減に期待して。

2017/09/27 22:13

そしていまでも毎日飲んでいる骨粗鬆対策のお薬の補足。


アルファロール

アスパラc-a


骨代謝改善の薬とカルシウム錠剤です。

まれに高カルシウム血症の副作用ありなので定期的に血液検査もしくは尿検査をされます。

普通に食べ物でとれればそれでいいんだけど……。

アルファロールは毎朝一錠。

アスパラのほうは毎食後一日三回二錠。


私、一日二食で過ごしてるので三回飲むのけっこう忘れてしまいがち。飲まないでいるぶんが、どんどんたまっていく。で、自己申告して「飲み忘れが多くてたまってるので次回の処方少なめにしてください。薬、あまってる」とお医者さんに伝えてます。

「ちゃんと飲みなさいよ。忘れないようにね。……でもみんなこれ、忘れるんだよなあ。まあ、食べ物でカルシウムとればそれが一番なんだよなー」

と医者に言われる。


一日二食っていうあたりがすでに悪いのかなあと思うけど、もうその食生活になれてるので三回食べると胃が重たくなるし、どんどん太ってくるしで、なかなか難しいですね。


そもそも減った骨は増やせないものなので「減らさない」対策が肝心です。


抗ホルモン剤でこんなに骨密度が一気に減るとは……。

そしてその補助の薬をこんなにえんえんと服用し続けないとならないとは……。

想像していなかった。


乳がん治療時に「骨を大切に」とかあまり考えないじゃないですか。言われもしないし。みんな目の前の治療で頭いっぱいだし。

だが、治療は続くよどこまでも。

ひとつの治療の副作用で別な治療がはじまるものなのだった。芋づる式にえんえん病院に通い続けている……。骨と、あと貧血とかね……。


というわけで……骨を大切に。小魚とかコツコツと食べるといいのです……。


2017/09/26 08:46

骨粗鬆症の薬のひとつフォサマックのこと。


減った骨は増えない。減らさないために。できれば増やしたいがために。

私が処方されたのはフォサマック錠剤。


・カルシウムやマグネシウム錠剤と飲まないこと。吸収が悪くなるら。

・原則、この薬のみで服用のこと。


・一週間一回。朝、起床してすぐにコップいっぱいの水と飲む。そのまま三十分は寝てはならぬ。横になると食道炎や胃炎になることがあります。縦型で過ごすこと。

・三十分経過してから朝食をとること。


・歯科、歯の治療などする際にはこの薬の服用を告げること。まれに顎の炎症などの副作用が起きることが。


他の薬を飲むときにいろいろと気をつけなくてはならないことや、とにかく飲んでから三十分縦型でいなくちゃならない程度のことも「毎回そうしなければならぬのだ」と思っているとストレスになるみたいです。

めんどうくさかったー、これ。

飲み忘れもたまにあるし、あと、この薬は私にはあまりあわなかった。具合が悪くなるのですよ。


で、これってあまり長く続けてもよろしくない薬らしいので、だいたい五年で飲み終える。

私も五年ほど飲みましたが、結局、骨密度は上がらなかったです……。

具合悪い思いした薬と治療のときは「効けよ!!!!!!」って呪うように思いますねー。


心の小さな人間です……。

2017/09/25 23:00

どうやら私の九月はそろそろ閉めてしまわないとならなさそうです。

残り一週間は九月と十月の狭間のオマケカウントでキリトリ線。ばいばい九月。


この数日原稿はまったく進んでいない……。明日から少しだけ山口とかあっちのほうに旅にいきます。広島にもいくかもしれない。ふらふら。来週明けには戻ってくるけど。

戻ってきたら残ったオマケの「本来は九月」の一週間で改稿進むといいけど。

いいけどっ。というか。

来月半ばには改稿終えたい。がんばりましょう。もうブロクなんだか決意表明なんたか外部への誓いかさっぱりわかんねーな、これ。終えたい!!!!!!!


使ってたエディタが突然使えなくなったのが本気で痛い。あれじゃないと、進まない……。新しい環境とソフトに慣れるまでいろいろつらい……。つ ら  い  


九月にやったこと。プロット二本にOKが出て少しだけ資料読みをはじめて改稿をちまっと進めつつ詰まってしまいつつ漫画原作十五本くらいが決定稿になって私の領分は終わってあと別なコミカライズの校正をチェックした。

これ半分以上が表に出してない仕事なのでこういうのがたくさんある期間の私は「働いていない人」に見えるなー。お疲れさんでした。

漫画原作楽しかったな。また機会があればやりたい。


いろいろと新しいことをやっていきたい。


ところで世間のライター業の皆さんの仕事量知りたい。みなさん私みたいなスピードで量なんでしょうかね。私はわりと家庭と私生活関係に振ってる時間が多いほうだけれど、人がどうかはたまに気になる。が、気にしたところで私は私なので最終的に関係ないよね。みんな我が道をそれぞれに。

2017/09/20 18:08

少し間があいてしまってますが、ゆっくりのんびりやっていくので……。


ホルモン治療の副作用。

ふたつめ。


治療をはじめて半年で出てきたのが骨密度の検査で指摘された「骨粗しょう症」です。

女性のエストロゲンの減少と骨粗鬆症って密接につながっているらしくて、エストロゲンが少なくなると骨を作成する代謝みたいなものが悪くなるんだって。

だから急激に閉経させた副作用ではあるけれど……年齢と共にいずれ辿るであろう道筋を高速で走ってるだけというか。

どっちにしろいずれ私は骨粗鬆症にはなったのだろうとも、思ってます。


ただ、ホルモン治療はじめるまで私の骨密度はむしろ高かったんですよ。実年齢にプラスして十歳以上若いくらいの骨密度で、まったく心配もなかった。そのため「たった半年の治療でこんなに低下してしまう」という予測もしてなくて。


たしかに予防してなかったんですよ。

毎日の生活スタイルの問題も大きく、日に当たってないし、出かけないし、座業だし、運動もしないし、牛乳や小魚を意図して摂取しようとしてなかったし……。

もうちょっと出だしの半年て小魚食べるとか、しとけばよかったのかなあという反省。

本当に日にも当たってなかったし……。


というわけで私は現在、骨がスカスカらしく「転ぶと骨折する心配があるので転ばないで。特に尻餅が一番危ないからね」と毎回言われます

怖い……。転んで骨折怖い……。


当初はしばらく経過を見てました。でもするすると骨密度が減りつづけたため途中から骨粗鬆症の薬が出ました。

その薬についてはまた後日。


というわけで「ホルモン治療はじめると、骨密度が減る可能性が高いので、意識して骨を増やす……というか減らさない生活をしましょう」という提案でした。

2017/09/20 09:03

高砂酒造の金神威を飲んだ。


北海道のお酒を贔屓しています。旭神威が新千歳で試飲で出てたので(これ、試飲で出してるの珍しい気がした……)試しに飲ませてもらって「金のほうが好きだー」と購入して帰ってきたのでした。ワインもだけどフルーティ系の酒が好きです。

まあ酔っ払ってくるとどんな酒でもかまわないし、基本は安舌なのでなんでもいいんですけどね……。


さらにその前には94も飲んだ。

当然、タレの焼き鳥を近場の焼き鳥の総菜屋さんみたいなところで買ってきた。

常温でもいいけれど、ぬる燗にしたほうが好きだな。これ。


ツマミは、いぶりがっこタルタルとキュウリと生ハムでクラッカー仕立て。カマンベールと蟹味噌の大葉。あまってたしめ鯖に大根に大葉。などなど冷蔵庫のあまりもの大集合のクラッカーたち。

やはりあまってた茄子を揚げ焼きにしてカツオブシと醤油をかけて。

いんげん豆をさっと薄衣の天ぷらに。


2017/09/17 11:59

友人に「私の蕎麦焼酎」と言われた途端「所有格」と思ってその焼酎にかんしては確認とらない限りを手つけらけなくなった。これが言霊か。



……違う。


まあいいや。

2017/09/16 21:07

囲碁をしてきました。習ってきました。ちょっとだけ「あ、わかってきた」と感じた瞬間があった。おもしろかったです。やったー。少しずつ。


仕事もしてから出かけたよ……と。一応記載しておきます。

ありがとうございます。こんなご時世でも仕事をいただけております。

恩返ししたいものです。

2017/09/15 22:03

焼き鳥のために作られた日本酒94を買いました。


札幌で飲ませてもらって「これ、友だちにも焼き鳥と共に飲んでもらいたいな」と思ったので東京で通販購入した。

届いたので次の休みには友だちと焼き鳥だーい。


昨日スーパーで切り落としっぽい鮭がたくさん入って298円だったので購入し半分をそのまま焼いて残り半分を先日のローストビーフのタレの残りに漬けました。


昔、祖母が生鮭を焼いてすぐに醤油と酒とちょっと味醂の入ったタレに熱いうちにつけ込んでじゅわっと甘塩っぱくさせたやつが美味しかったので「だいたい成分はあってるから、似た感じになりそう」と。早めに引き上げないとしょっぱくなるかも。

祖母は毎回目分量でタレを作るのだがいつも美味しいのだ。しかも個人にあわせて味かえてくるからね……。家族ひとりひとり違う味で出してくるからね。思いだすとしんみりして泣きそうになる味の記憶のひとつだなあ。

2017/09/14 18:25

キリ神座談会を読んで「かがみ先生のこの性に対する圧倒的な信頼感はなんなのだろう」と思いました。


読者対象含め、いろんなことがぼやーんとして大きすぎる範囲の賞なので皆さんとまどっていらっしゃるのだなあ。でもそこに対するひとつの提案というかヒントとして、かがみ先生のこの「俺は俺の好きで信頼しているものを、まず、出すぜ。そこにキリスト教を乗せるぜ。ヒャッハー。ついてこーい。いや、だけど俺としては振り落とされる奴らがいるくらいでもかまわんのだ。いくぞー」という当人が楽しんでる娯楽感がほとばしっていてよかったな。読んでいて、にこにこしてしまった。


もともと、とても宗教に詳しくて「この機会に活字を読むのが好きで、宗教に不案内だという人たちに啓蒙したい」と思われている方たちは別として、そうじゃない層は、ここは素直に「自分の好きなものを主軸に置いて、そこに乗っけられるキリスト要素を乗っけてみよう」でいいような気もしました。つーか私なら、そうする。


だって、おもしろいものならあとでキリ神さんがフォローしてくださるということなので。


なにがおもしろいのか。おもしろいとはなにか。

という部分については、どの創作においても悩みどころですけれどね。


社運を賭けた……とおっしゃっている部分に「そうですか」とのけぞりましたけれど。


ただ、そもそも新聞というものがあまり読まれなくなってきている時代なので。

「減少している読書人口」といわれつつも、読む人は、私みたいにとにかくなんでも読むし、ひとりで何冊も月に書籍買ってたりもするしで、そういう「文字を読むのが好きだという人に、お試しであってもキリ神新聞をたまに買ってもらおう」という趣旨なのだろうし=新聞連載するもしれないというなら、そういう意味で新規開拓したいってことなのかなと受け取った=ので、読者対象として架空で想定するならば「いまキリスト教新聞を購入していない人」なのかね……。そしてそれは年齢と性別問えないわなあ。


などと考えながら、私も働かんとなー。


昨日は通院日で、病院ってとくになにもしてなくても妙に疲れるのでだらだらしていた。相変わらず「転んだら骨折する老人なみに骨がもろいので、絶対に転倒しないでね。特に尻餅がやばいからね」と言われた……。うっうっ……う゛っ……。

2017/09/14 12:47

本気で「なにを優先すべきか」「生き方をどうするか」を数年単位の可動式で設定していかないと自分が詰まるなと思いました。

なにを優先するかってけっこう悩むんだけど。

みんなそうでもないんですかね……。

2017/09/13 16:31

プロフィール

佐々木禎子(ささき ていこ)
作家。
札幌出身・東京と札幌を行ったり来たりしています。
1992年雑誌JUNE「野菜畑で会うならば」でデビュー。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ