• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
閑話休題。余談です。


傷跡の部分がごわごわしてしまっているのと体質がかわってしまったのかの胸まわりの皮膚が弱くなって乾燥かゆかゆになったため病院でヒルドイド軟膏を定期的に処方してもらってます。乾燥しがちでアトピーっぽくなったときなどはあちこちに塗るし、お顔にも塗ってるよ……。


ステロイドは弱いものでもできるだけ使いたくないなーと思っているので、でもひどいときはたにリンデロンを塗る。昔はキンダベートで対処してたんですが、いつのまにか医者がリンデロン出してきたので、深く考えずそれで対処してます。だいたいリンデロン塗ると数日で治るので。


いまさっきネットでヒルドイドが処方さられづらくなつて入手困難になるかもという記事を見て「いつのまにー」って思って、とりあえずヒルドイドと同じ成分の市販処方薬を検索してきたよ。


ヒルドイドと同じ効果の市販薬。


本当、乳がんの後の後の後みたいな感じの余談ですが。

ヒルドイドなくなると困る人にむけて「まあ、いろいろとがんばろう」みたいなブログ……。


無駄に薬の名前、自分が使っているたった一部だけ詳しくなっていく……病気すると……。


2017/10/27 12:32

広島で、広島レモン鍋の素を購入し、おうちで作って食べてみた。よしの味噌さんのもの。食べてみたかったんだよね。


さっぱり、まったり。

白菜と長ネギと豚肉にウィンナーも入れてみました。レモン鍋は私は、豚肉が美味しいと思うな。そして好みとしては前に食べたほうが好き。でも同じ鍋を囲んだ友だちはこっちのほうが好きっぽかったので、完全にここは「好みの問題」ですね。

くばらさんのレモン鍋のもとのほうが酸味が立ってる気がした。私、酸っぱいの好きなんですよね。


そういえば、ここのブログってどれくらいの人が見てるのか不明ですが私はインスタもやってて、食べ物と観光とおうちでたまに飾ってるお花とうちの実家の猫の写真はおもにインスタにのってるので、気が向いたらインスタのチェックもしてみてください。食べ物の話について興味もって読んでくれてる人がいたら……の話ですけど。

といいつつ、インスタのアカウントが自分でもよくわからんのでここでハルでもなく……。cheb1988で検索したら出てくるんじゃないすかね。投げやり……。



商業的なものとはまったく関係なく、自分が好きなものと友人しかフォローしてないけど、食べ物は好きなので美味しげな食べ物の画像と店情報を出してくださ人のは気づいたらフォローするインスタです。インスタ映えつーか、食べ物がもっと綺麗に移せる技は欲しいんだよなあ……。記録として。

センス。

2017/10/26 13:29

東京に戻ってきた。呉を見て宮島にいって広島で平和公園とか資料館とか。平和とか自然とかについていろいろ考えてきた。美味しいものもたくさん食べました。宮島が晴れてたので登山もしたよ。気持ちよい眺めを見てきました。

久しぶりに友人と一緒の旅で、小食な私は、誰かと共にだと「半分こ」で二種以上の味がたべられるのでありがたいです。

台風を心配していたけれどお天気は恵まれてちょうど台風に巡りあわない感じで旅ができました。雨の隙間を縫って旅をできたね。


ここから月末まではほぼ仕事中心で、とにかく新作進めていかないとです。

2017/10/25 09:40

友達と広島に来ました。観光しておいしいもの食べて頭と気持ちをリセットしてから残り月を働きます。ふらり休養旅。


歌会、夜に寝る前にみた。楽しいね。楽しい。


コネ座談会。コネについては、これも、案外、人それぞれなので一本化はできない気がしますし、小説は、地方でも困らない気がするなあ。

小説以外の仕事をしたいときはまた別ですが。ライター的なものとか。

興味深く、へ~って読んでる。


気づいたのは、作品がおもしろかったり、唯一無二であったり、たくさん売れてたりじゃなく、人脈だけ欲しがるのは恥ずかしいという意識がわたしにはあるということだった。


旅先で、わけわからん羞恥に身悶えた。

2017/10/23 07:48

くばらのレモン鍋の素を見つけて、レモン鍋。


これ、一人前ぶんのスープ×三なんですね。最近こういうの多いね。ひとり鍋の人が増えてきたのかな。

うち、鍋のときは、ふたりで食べるのですべて投入したけど。


国産の皮も食べられるレモンも購入しスライスして散らした。あまり煮込むと皮の苦みが混じるので盛り付け間際のトッピング的な扱いで。


さっぱりしてて美味しかったです。

パクチーやミニトマトにエビなどを入れてエスニック仕立てにしてラストに春雨とか麺とかフォーっぽい〆にするのも美味しいだろうなー。


レモン鍋の素はいま有名なのが三種ほどあるようなので、残り二種もそのうち食べてみて、どれが一番好きか決めてみたい。

2017/10/19 09:36

期日前投票にいってきたり髪を切ったりしつつ働いてます。


いたんだ毛先を切ってもらって「ヘアドネーションで30センチ寄付したいとしたら、どれくらいでのびそうですかね」って美容師さんに聞いたら「二年かなあ」って。最低、二年。いたんだりして、うまくのばせなかったら、もっとか。気長にやっていきます。

流れで「私、ガンの治療で一時ウィッグにお世話になってて、必要だよなーって思ったんで、子どものためのウィッグに寄付できるならと思ったんですよねー」っていう話したら、美容師さんの親御さんがいまガンの闘病中だそうでした。

病気のお話などもしつつ、できることを無理しないで、なんとなくまわりのためになれたらいいですよねえみたいな話もしたり。

無理しなきゃできないことは、続かないので。


寒かったので帰りにキャベツやら挽肉やらシチューの素やらを買ってきて、ロールキャベツのホワイトシチュー味を作ってはふはふ食べた。


仕事もしています……。誰にともなく。

2017/10/16 17:55

最近は、愛と個性と資産について考えている。


私、恋愛の先にある共同生活スタイルのちょっとめんどくさい点は、そういうの長引かせることための努力点って個人の資産価値を高めることだと思ってるんだ。

これ、個性も含めて資産で。

男性視点からみて話すと「若くて美人でナイスバディの女の子」が好みで結婚したとすると、その若くて美人でっていうのが投資してもいいっていう資産なんだろうという考え方。それでこの考えかたは、女性である私からすると「いやだなあ」なのは、長期のご利用にあたり「若くて、美人で~」のひとつひとつの資産は目減りしていって、経年劣化で資産価値が減るのはっきりしてるじゃん。



で、そうなったときの私の考えだと「減った資産のぶんを補填するために、別な方法で自分に投資して自分の資産価値をあげていく」=自活できるようになっていく・家事能力あげていく・・運を上げていく(笑)← わりと真剣・その他いろいろ、に、なっていくんだが。


一般的には、その資産価値の減りを補填するのが「愛」という、うまく数値化できないものじゃろ?

そんなことないかな。どうかな。



まあそれはそれでいいのさ。私も「愛」というものはちゃんと知ってる。その価値もしっている。しってますとも。


で、愛と尊敬ってどこかで似てませんかね。


ここで私が考え込んでる「年とったら労られたい」ってのは、「愛されたい」か「尊敬されたい」かのどっちかっていう感じで、年を取って目減りした資産価値の自分を適度に放置しつつしかし認められていたいみたいなもんで。


たぶんそこのところで「どうしたもんなのかなあ。私の精神的に」みたいなのをずーっと考えている。茫漠としているなあ。これ。


昔から「人として役に立つところを評価されてもあまり嬉しくない」という特質があり、たぶん私自身の根深いなにかが「年をとったら労られたい」という一言に凝縮されているような気もしないでもなく、成長過程でのあれこれ含め熟考したら止まらないし、あまりきちんとした手段ではなく、当面の問題でもなく、どっちかっていうとここをつきつめると作品になっていくような気がしないでもなかった。


思春期かよ。


気づいたらもう秋なんじゃないかな。私今年も途中からあんまり記憶がないな。なのでこうやって外部に記録しとくとあとで「こんなことしてたなー」と思えていいな。本を出してもらえると「本が出てるからこの年も働いてたんだな」って思えていいな。


Theピーズの武道館のDVDが届いた。あれはいい夜でした。思いだしてぶり返して、たまロカの別冊も読んで、ハルさん他人なのにところどころ他人じゃねーなと思うけど、似てるわけでもないのに不思議なもんだ。昔の写真かわいすぎかよ。「やっと大人か。虫ケラに戻るかな」って、わかんないのに、とてもわかる。ずっと好きでいるし曲ができたら聞くしライヴ行くし足腰立たなくなるまでそれまで鼓膜すり減るまで。さて今日もがんばりました。明日もがんばりましょう。

2017/10/14 17:07

スイーツセルクルが日本橋高島屋の北海道展に来ていたので買いにいった。

ずっとこのシュークリームが食べたかったのだが食べそびれていて。

甘くないスイーツは邪道だという人にはすすめないけれど、私は、この上品な甘みは好きだー。私、だいたいのものがB級の味が好きなのに、スイーツに関してだけは「高いもののほうがあきらかに美味しい」のだと思ってしまう。不思議だ。

2017/10/11 14:29

セブンイレブンの大人の白いチョコミントのジャイアントーン食べたった。限定たった。ふらふらとコンビニに寄ったらあったのでギラキラして買った。チョコミン党だ。改稿終えたのでチョコミントで乾杯だー。

2017/10/10 17:35

ありがとうございます!!(`・ω・´)ゞ

2017/10/09 06:11

プロローグ選手権チェックして私はヒトデさんに入れました。あそこに書き込みしなさいよっていう話だけど「入れました」だけ書き込むのもあれなんで。細かい感想とか書く余力なくて。えーと、好みの問題で一番ビビッときたのに入れました。

2017/10/08 19:31

閑話休題。


治療時にウィッグのお世話になったこともあり「病気でウィッグが必要な子どもたちのために髪を寄付する」というNPO団体の活動を知り、


ヘアドネーションの寄付をしたくて髪をのばしはじめてます。


三十センチは……先が長い。

他には21センチから寄付可能というのがあるのでそれを目指そうかな……。

のばすためには痛んだ毛先を適度に切っていかねばならず、がんばってのばして、再来年くらいにショートボブにしたらどうにか?

2017/10/06 09:11

改稿の見通しがやっとたったので整理のために停止。よかった。これエンドマークつけられそうだ……。商業作家になってはじめて「これは書き上がらないのでは」という迷路に突入してましたが、書けそうです。うわー。編集さんに相談してよかった。整理してもらえてよかった。

これが世にいうスランプというものなのだろうかと、先月はひとりで呆然としていたのですが……。

良い経験でした。

ってまだ安心してはならぬ。


しかし皆さんスランプというものはどのような形で訪れるのだろう。そしてどうやって脱却したんですかね。たぶんはじめてまともなスランプというものの「切れ端」を見た今回の私。切れ端でこれなら本物はどうなのよー。

陥らないように気をつけよう。スランプ。

2017/10/05 17:15

大文字で訴えるようなことなのだろうか、これ。まあいいや。
ある程度、脳内で自分の隠居生活の設計図を描いて「それに向けて-」と考えていたら……。


想定していたよりおもしろ案件がいくつか提案されたので、もうちょっと……しばらく……現役で歯ぁ食いしばっていくぞーみたいな流れに急展開してきた最近です。


あらまあ。まだまだ夢は広がるのね。楽しい。


いくつになっても勝手におもしろがって生きていく。


でもみんなに労られたい。

お月見なのでお月見っぽいご飯を作った。


卵の黄身の醤油漬けを作る。好みで味の素をちょっと振った醤油のなかに「黄身」をぽとんと落としてつけ込む。半日くらいから食べ頃です。一日以上つけると、線香花火の落ちるときの先端みたいにぽてっと黄身が凝縮して熟してるよ。好き。

白身は、長ネギとニンジンの千切りと小麦粉テキトウとで混ぜ合わせて簡単チヂミにして焼く。今回はまだいぶりがっこタルタルが残ってるのでそれとあわせてもいいかなと、ふわっふわな感じに焼いた。


鶏挽肉で大きなつくねを作る。本日は「黄身」をメインにしたいので、味付けは、しょうがと醤油ちょっと。甘いタレのつくねじゃないのだった。

自分ちの料理だから大胆に大きめにハンバーグ的にまとめて、真ん中を少しへこませて焼きます。メインはこれだけなのでけっこう大きめに作りました。

焼き上がったらくぼみに「醤油につけた黄身」をぽとんと落とす。あと、醤油も振りまく。長ネギの青いところを切って散らす。

残った油で、カボチャとエリンギもさくっとソテーに。ズッキーニは輪切りして蒸し焼き風にして丸いとこ見せて盛り付ける。


写真は撮ってない……。


ススキとセッコウボクをお花屋さんで用意して、あと月見団子は作らず、お店でおまんじゅうを買ってきたよ。


ただし悲しいかな今夜は曇天っぽいですね。


月のなかに餅つきうさぎを最初に見つけた人は……想像力が豊かだったんだなあと思います。

2017/10/04 16:56

トクメ歌会の参加表明の時点ですでに私は長文だった。そぎ落とすの下手だな。


2017/10/04 13:52

ありえない新人賞がはじまった……。


ほへーって言いながら、私は今日も改稿をしています。このあいだ担当さんにいろいろと打ち合わせで整理してもらったおかげで出口が見えてきた気がする。


ここのところ総菜を買ってきて食べたり、人に作っていただいて食べたりで、忙しくなったり、原稿に没頭して心と頭が現実にむきあわなくなったりすると、なんというか、こう、退行していく……。


でも明日のお月見は、月を見るよ。夜空。

2017/10/03 18:52

「クリエイターで食べていく!  複業でサバイブ!! 『器用裕福』のススメ


こちらトークメーカーさんでやらせていただいた女性作家座談会のものを読みやすくまとめてキンドル配信しております。アンリミテッドにもなってるよー。

手前味噌ながら「これはいい読み物だ」と思ってますので、ダブル、トリプルとたこ足配線でクリエイター業をやっていこうと思っていらっしゃる方におすすめしたいので日記に書いてみたよ。

これ、たけうちりうと先生が座談会開催してくださったので、私のしゃべログのページの右側には出てこないんだね。


だいたいの内容はつまりこれ ↓ これでピンときて、そのうえでまだ目を通してない方はぜひ読んでみてくださいな。

漫画家、イラストレーター、大学講師、展示会主催、同人誌出版、電子書籍出版、各種イベント参加等々、複数の仕事をこなしながら創作活動歴40年のbelne(ベルネ)さんに、マルチプルワークの極意をお聞きします。


2017/10/01 10:09

プロフィール

佐々木禎子(ささき ていこ)
作家。
札幌出身・東京と札幌を行ったり来たりしています。
1992年雑誌JUNE「野菜畑で会うならば」でデビュー。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ