日々ログ

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

riutot

2017/11/15 21:50

40年くらい前に(もっと前か)とあるSF小説を読んだ。
作品はその時点ですでに古典的なSFと言われていた名作だったように思う。


その小説は「タイムリープで過去に行った」のだったか、もしかしたら「異次元に移動した」だったかもしれない、たしかそのような設定だった(記憶が曖昧)。


主人公は家族持ちの男性。

今まで暮らしてきた世界とは違うところで生活を始めるにあたり、彼は、

「この世界で暮らしていくために必要なものは何か」と考える。


その中に、「妻の生理用品をなんとかして調達しないといけない」

というふうに考える箇所があった。

「おお」とわたしは思った。

何故そう思ったのかよくわからないのだが(笑


作者もタイトルも主人公の名前も覚えていない。

その一行がずっと心に残っている。


イヤそれだけの話。


2017/11/15 10:08

アイコンのモデルさん。あらら、見ると色柄がずいぶん違うな〜
ま、いっか〜〜てきとーなわたしであることよ。

2017/11/14 22:28

riutot

2017/11/14 22:28

舌って不思議。という話。


家族のうち、半分以上が香辛料アレルギー持ちなんですよ。

微量でも、唇周りが真っ赤に腫れてしまったり。


なので、家庭料理もコショウと唐辛子とショウガを使えないんです。

カレーはこの20年ほど作ったことも食べたこともない。
外食もほとんどできませぬ。
かろうじて和食はいけます。

なんでだろう、わさびは大丈夫。助かった…。

買い食のとき原材料名をしっかり見ます。

香辛料と香辛料抽出物の記載のないものを選ぶんです。
危ないのか大丈夫なのか判断に迷う食材の場合、 買ってみて、私が食べてみて、辛さ判定。
大丈夫なものだけ食卓へという流れ。

辛味センサーみたいなわたしなのだった。


でも、たまに「香辛料」の記載がなくても、

「ん? 辛くないか? もしかして入ってる?」

と思うときがあって。

一度だけ、メーカーさんのお客様相談窓口に尋ねてみたことがありました。


「辛みを感じるんですが…書かれてはないんですが…気のせいかもしれません、でもそちら様のパスタソースのシリーズが好きなので、できればこれからも食べたいので、でもアノソノわたくしどもじつは香辛料にちょっとアレルギーありまして、すいません調べていただけますか」

クレーマーにならないようにと祈りつつ、へどもどとお尋ねしまして。


そうしたら、調べてくれました。

一時間後、電話をいただき、

「原材料の『調味料他』で、数種類のトマトソースをブレンドして使用しています。そのソースのひとつの原材料に、0.03パーセント・チリソースという表示が(外国語らしい)見えます。ご指摘のとおり香辛料入りでした」

材料の一部、調味料他の中の、10000分の3。


人間の味覚って……

人間の舌って……

すんげー。


と思いましたとさ。めでたし。


2017/11/13 09:43

両思い的な片思いですね。やったぜ。ババアの百合展開。誰徳かというとそれは「好きだなあ」をそのまま伝えられる私徳です。伝えないとねー好意。ありがとうございます。このあと私が至らなくても、私のことを少しは好きでいてくださいね。

2017/11/12 00:22

わたしもささきさんが好きだよ

2017/11/11 23:55

りうとさんが好き(意味のない告白 

2017/11/11 23:36

こんばんは、お邪魔します。

碧(みどり)るいじと言う通りすがりの仮面クリエイターです。


イラスト&デザイン座談会は誰かをお招きするのでしょうか?

ビギナーのための基礎講座だと、分かりやすければ誰でも構わないと思うのですが、センスのお話になると人それぞれですし、出来るだけアクの強い方がいい気がしますね。

そういう考え方もあったのか、という感じ。


たぶん後者はここでしか聞けないノリになるので、参考書にはない読み物としても楽しめる感じになると思うのですが、ビギナーのための絵を描くキッカケにはなりにくい気もしますね。

出来れば基礎編と、ゲストによって異なる応用編の両方あった方がいいですが……。


ビギナー向けはペンと紙を実際に用意してもらうまでが最大のハードルなので、それを煽るための座談会もアリな気がします。


「下手でも描くようになったらこんな反響が得られました!」


とサプリメントのCMみたいに。

いや、誇大広告ではなく実際あると思うんだ……。

2017/11/11 20:56


【お知らせ】  座談会開催

11月24日から、精華大漫画部の講師陣によるマンガ講座を開催します。


教えてマンガのこと! その1・高山瑞穂編 マンガ遠近法+大きなロボを動かそう


京都精華大講師陣による講座形式での座談会です。

作画技法の他にも、見せ方、ストーリー展開のテクなどもレクの中に盛り込まれる予定ですので、文章書きさんもぜひ見に来てください。
一般ユーザーさんからの疑問質問も受け付けます。


たけうちも進行のお手伝いで参加します。

よろしくです〜


2017/11/11 17:16

描きのほうも一個…


写真と音楽、絵と本、海と風とで書いてきて、たぶんこれからも。

2017/11/07 18:26

riutot

2017/11/07 17:49

今日は介護じゃなくて書き描きな日々のことを。


久しぶりに同人誌を出しました。
昨日今日と、発送作業をこつこつと。

うすい本……ではなくてですね。

A5二段の282ページ。

むかーし、物書き友達から

『イベントで色気のない表紙ベストテンを選んだら半分はたけうち本だな〜』

と言われたことがあり。

あ、それそのままもらおう。うちの特色にしましょう。

ということで、相変わらず色気のないまま今も創ってます。


『百年の千振』

厚い。白い。
表紙文字だけ。

本文改行少ない。

字ぎっしり。


今回、中身は娘小説といいますか、友情濃いめの娘たちの同志愛なストーリーです。

大正〜昭和〜平成までのあれこれを書きました。


長い休筆期間を終えたときに書いた一作でした。

書き終えて、ああ良かった、まだ書けると、ほっとした……。


そして本を買ってくださる読者さんに感謝です。

ありがたいことです。


まだ書ける。また書こう。

うん。

2017/11/07 17:49

しゃべログはテーマを作れるので「日々ログ」とは別に「介護」というテーマ作ってもいいかもしれないですね。一番上にどの文を固定するかとか、使い方、自分のやりたいようにやってくといいのかも。

2017/11/05 14:14

こんにちはー。

2017/11/05 14:14

いけそう。やれやれ。


2017/11/05 12:29

使いかたで初手から迷走。これでどうかな〜

2017/11/05 12:28

プロフィール

小説とエッセーを書き、イラストとマンガを描き、写真を撮ってみたり、曲を作ってみたり。
アニメを創りたい。夢。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ