• ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

riutot

2017/11/11 17:14

固定されたセリフ
たけうち先生、私が札幌にいるときなら私がアテンドしますよ~!
ヤドナシさん、こんばんは。いらっしゃいませ。
クリスマス企画にご参加いただけるとのこと、嬉しうございます!

楽しい会にしたいです、よろしくお願いします〜 *(^-^)ノ”

こんばんは〜ヤドナシと言います。クリスマス企画楽しみです!「宇宙人さんも人外さんもOK」ということなので、幽霊も遠慮なく参加させてもらいます。(*・ω・)ノ
女性作家座談会トークメーカーCheers!チームよりお知らせです。

この月末から、チアーズ主催のクリスマス企画、始めます。

ハロウィン企画に続いて、藤沢チヒロ先生がセッティングを担当してくださることになりました。


クリスマス企画は参加型です!

トークメーカーのユーザーさん、ぜひご参加ください。

チアーズチーム主催ですが、女性作家だけでなく、女子男子男性女性、その他宇宙人さんも人外さんも、こぞって楽しめる企画にしたいな〜〜と。


もうひとつ! ちょっと面白げな新企画も同時進行しますのよ。

公式発表をお待ちくださいな。


てこさん、ありがとう〜

犬橇と、寒さ体感が目標です。

本当はあれもこれもと思うし欲張る気持ちもあるのだけれど、体力がねー(笑


これから体勢ととのえて日程を。と思ってます。

>碧るいじさん、ご質問ありがたかったです。

これから描こうとするかたがたが、まさに「そこも知りたい!」という疑問点でした。

これからもよろしくお願いします。

お疲れさまでした。いろいろと準備と打ち合わせありがとう。


私がいるときに札幌に来てくれたら、なにかご案内できるかもしれないけれど……も……冬の犬ぞり。わし今回札幌帰省しないんや冬。あーん。まあ、私がいてもたいした案内はできないけれども。あーん。犬そりがメインなんすか??

わざわざ準備しとけーって言ってくれたのに、咄嗟に思いついた質問があんなのですいません。

とても貴重な技術や、基礎の再確認、すごくタメになりました。

何より憧れてるロボット漫画家の方とお話出来たのが凄く嬉しかったです!


次回も楽しみにしております。

司会、進行お疲れ様でした!

座談会、『教えてマンガのこと! 高山瑞穂編』、終了しましたー

ホントに、今さら聞けないマンガのあれこれを、もう一度基礎から教えていただくことができて、ありがたい体験でした。

トークメーカーのユーザーさんも質問に来てくれて、嬉しかった。

ここ見てくださってるかな。お礼を申し上げます。参加してくださってありがとうございました。

次回は1月ですよ。講師は日高トモキチ先生ですよ。


そしてわたしはこのあと、ちょっとしっかりめに書きに入ります。

取材にも行きたい。ほっかいどー! 


行けるかな。行きたいなー。

多くは望まないけれども何かしら行動を起こせば結果はついてくる…行けるような気がする…

と、自分に言い聞かせてみる毎日。


座談会、2日目を終えました。

密な内容でちょっと興奮しまして、ただいまクールダウン中。

明日が最終日です。

丁寧にトークしていただいているので、盛り込みきれないテーマがありそう。どうなるかなー


ほぼ高山先生ひとりで頑張っていただいてるのですが、もう1日。頑張ってください。


そしてトークメーカーのユーザーさん、それ以外のかた、漫画家志望のかた、学生さん、皆さま見に来てくださいまし。

質問も受け付けます。

よろしくお願いします。


てこさん、ペーパーにエッセイいただいてます! サンクスです〜

ふたりでチヒロさんに感謝しませう、何もかもありがとチヒロさんーー。

文学フリマ私はなにもしていない……すみません。

りうとさんとチヒロさんに感謝……。

文学フリマ東京での「トークメーカー新書Cheers!」初参加、いい感じの一日となりました。

無料配布ペーパーと、藤沢チヒロ先生のイラストカード、手にとっていただけて配布ペースの感触がよかったので嬉しい。

来てくださった皆様、ありがとうございました。

申し込みから準備、手配、設営を藤沢先生がおひとりでこなしてくださって。

わたしは後乗りでくっついていっただけという…反省。


トークメーカー女性作家座談会、また新しい企画も考えていますので、乞うご期待です。


そして今夜から始まる座談会
『教えてマンガのこと! その1・高山瑞穂編 マンガ遠近法+大きなロボを動かそう』
もよろしくです。


というわけで今夜のために昼寝してコンディションととのえようと考えたりする朝。

明日23日、文学フリマ東京に「トークメーカー新書Cheers!」が参加します。

トークメーカー座談会のKindle書籍の表紙の三種類のイラストカード(イラスト:藤沢チヒロ先生)無料配布。

佐々木禎子先生の書き下ろしエッセイと、たけうちの書き下ろしショート(小説)を載せた限定ペーパーも無料配布です。

たけうちのSSは可愛い野蛮な百合です。


『キタノステラ』も持ってこられるそうですよ。

たけうちも(行ければ。行きたい。頑張る)昼頃に会場入りめざします。


スペース忘れておったわい(汗

オ-49

ですよ


グループホームの入居&退去


グループホームに入居するためには、そのグループホームのある市町村に住民票が必要です。

うっかりして不動産を処分して、遠地の子世代の住所に住民票を移してしまったりすると、入居できない〜なんてことになるかもしれないですから、気をつけましょう。


今回は

父が入居していたグループホームを例としてあげておきます。

グループホームといっても、いろいろなので、一例として。


ワンフロアに9名の高齢者さんが生活。

要介護1か2で入居。
→施設差、地域差ありかもしれません。

要支援の場合でも受け入れてくれる場合もあるそうなので、問い合わせてみてください。


共同生活型です。

6畳ほどの個室をひとりで使います。

食事室と集会室などがあります。
風呂は共同(交代で使用)。

トイレも共用(ワンフロアに2カ所あった)。


入居時一時金は30万円ほどでした。(ホーム差。地域差あり)

入居金は敷金のようなもので、退去時に返金されます。

室内清掃費用や、設備補修のために差し引かれることもあります。

一か月の利用料は17万円前後。(施設差あり)

介護度が上がっても利用料は変わりません。


家具は自分で用意して持ち込みです。

家で使っていたものなどを持っていくと、高齢者さんは安心。


*用意するもの

生活に必要な日用品全般(歯ブラシタオル・せっけんシャンプー、シェーバーなどなど)

衣類・靴・室内履き

大型のものは無理ですが箪笥一竿程度(チェストにしました)

デスク・椅子・本棚(?)(必要に応じて)

介護ベッド、車椅子

お好みで(ラジオとか…)

診察券・介護保険証・健康保険証

おこづかい(月1万円前後)


グループホームは基本、”空き部屋を作らないで運営する”施設です。

なので、入院2週間を超えるような場合は「退去」となります。


入院したら二週間以内に使用していた家具等を運び出し、部屋をからっぽにします。

→家族が荷物を引き取るか、高齢者の家に戻すか、業者さんを呼んで廃棄するか。

→入院している高齢者の容態を見ながらとなるので、家族はちょっと大変です。


一旦退去すると、再入居は困難です。(部屋がすぐに塞がるので)


* 利点

もともと暮らしていた地域で生活するため、高齢者が安心できる。

自分でできることは自分でするというスタイル。
入居金がリーズナブル。


*気をつけたい点

入退院の多い高齢者さんには不向き

通院受診は基本的に家族が全部付き添い。

入院を理由に二週間で即時退去の手配等…厳しい〜と感じたことがありました。



認知症の高齢者さんの視力のこと

及び障害者手帳に関するあれこれ


タイトルわかりにくいでしょ。すんません。

えっとまず、

高齢者で認知症で目が見えないかた

視力低下中のかた

障害者手帳は出ません。


視力検査の方法が

医師:記号を指して「これは見えますか?」

高齢者:「わからない」

これ、本当に見えていないのか

見えているけれど認知症だから返事のしかたがわからなくなっていて「わからない」のか、眼科医には判断できないそうです。

なので、視力低下を理由に障害者手帳の申請のための診断書を眼科医に書いてもらうことはできません。

現在、緑内障や視野狭窄等の疾患がある高齢者さんで視力低下中というかたは、認知症診断が下りる前に、障害者手帳の申請をしておいたほうがいいと思います。

一度申請して手帳が来ていれば、取り消しになることはないと思うので、たぶん安心です。


で、なんで障害者手帳が必要かというと

施設やグループホームに入居すると、介護点数は全点、施設側に差し出します。

ということは、介護タクシーを使うとき、全額自己負担になる。

障害者手帳があれば、民間のタクシーであっても5パーセントないしは10パーセント割引してもらえます。(自治体によって割引率が違うかも?)


介護タクシーは会社によって、もしくは車両によって割引率が違うかもしれません。

たとえば

酸素付き等、特殊介護タクシーを使用した場合、走行ぶんの料金は割引がきくが、酸素代、機械使用量は割引対象外。

遠隔地から長距離乗車した場合、高速料金は割引対象外。

というような感じです。


段階割引ということもあるので、それぞれ事前に調査なさるといいと思う。

月四回の介護タクシー往復で遠方含む交通費、50000円前後というとき、これが一割サービスになれば、5000円が戻ってくるのになーと思った経験があるので。


あと、障害者手帳は紛失した場合、再発行されません。

(認知症の高齢者さんはそうしたものをどんどん無くすので、できれば何もかもをコピーして取っておくのが良いと思う)

でも、役所に行って

家族と本人の関係を示す戸籍

家族側の免許証等、印鑑、

本人の健康保険証・介護保険証など

を用意して、手帳無くしましたと申告すれば、A4の紙で証明書を出してくれます。

(タクシー会社にもよりますが!)この紙の証明書で5パーセント割り引きしてくれたところもありました。


父は視力障害がありましたが、その前に心臓で障害者手帳を得ていました。

手帳は紛失しましたので、再発行はできませんでした。

視力低下のほうは前述したように、障害者としての申請の理由になりません。


市役所でA4の証明書ひらっと一枚もらって、介護タクシー数社に示し、民間タクシー会社のときは乗車のたびに「使えますか?」とお聞きしてみたところ、「大丈夫ですよ」が七割くらいでした。


付記:視力低下は医療の問題なので、目が見えなくても介護度には反映されません。

ご注意めされ。


アランパーソンズ・プロジェクトの『アッシャー家の崩壊』を無性に聴きたい。
レコードを探したけれど、見あたらず。

でもストアに行ったらあったからダウンロードして聴きました。


むかしむかし、漫画アシに行ってたとき、修羅場の目覚ましにこの曲をかけて

「きゃーッ、来た! あれが来たわ! 閉めて、扉を閉めて!」とか

「みんな早く逃げて! ここはわたしが!」とか。

「だめよ、皆で逃げるのよ! あなただけ犠牲にするなんてことできないわ!」

「お願いせめてこのベタ塗り終わるまで待って!」

って、臨時劇場になって。

わけわかんないテンションで盛り上がった…


今はもう徹夜もしないし漫画の〆切りの現場に立ち会うこともないのであの異様な盛り上がりと愉しさと、天井知らずの体力が無性になつかしいのじゃ(婆談


むやみと長いのでよそでコラム書きましたーん


いつか来る『決断』のとき


介護をテーマに5回連載の予定です。

まず最初のひとつ。施設入居について。


機種依存文字を使うと投稿できないということがわかりました。

ひとつお利口になった!

『区分変更』で危機脱出


介護申請についてぽそぽそと書いてきました。

さらってみますね。

介護申請(役所へ)

かかりつけ医の診察→主治医の意見書を市役所へ送ってもらう

聞き取り調査

(審査)

介護度決定・認定

ケアマネージャー選定

介護計画

介護業者(施設・タクシー等も)選定

介護実施


これが一連の流れです。

最初の申請から実施まで、早いと二か月くらいでできます。

でも、半年たっても何も進んでいない…ということも事情によってはね。

家族の機動力や家族間の意見の相違、自治体の対応などでも差は生じます。


それと、最初の申請のあと、半年後に介護度の見直し、更新というものが入ってくるので、最初の一年は、家族側もてんてこてんてこします。

(半年で更新、ホントやめて欲しい


で、この更新や見直しで、介護度が変更になることがあります。

たとえば

要介護1だったのに

更新したら

要支援1になってしまった。

これはわたしの父の例です。


半年のあいだに視力低下が進み、視力はほぼゼロ

せん妄も激しくなって、幻覚らしきものが見える

一日中こたつ暮らし

杖を使って家の中を歩ける

風呂を冠水させることができる(おい

食器用洗剤で卵焼きを作ろうとする(やめて

ご近所の家に勝手に上がり込んでその家の奥様を驚かせる(こらっ

意味の通らない会話ができる(…


この状態でも要支援1でした。

視力低下は医療の領分であり、介護とは関係ない。

「見えない」ことを理由に介護度があがるということはない。

「歩けているわけですから」

「寝たきりではありませんから」

「見えなくても歯を磨いたり顔を洗ったりできていますから」

ということは、聞き取りのとき調査員から聞いていましたが

まさか要介護が要支援になるとは思っていなかった。

これがランク落としということか。唖然。でしたね。


要介護1→要介護1なら、介護計画も活きますが

要介護1→要支援1となると、最初から全部練り直しということになります。


もう少し、介護内容を厚くしたいと考えていたときだったので、

「区分変更の申請」をすることにしました。


たまたま、父の言動のおかしさに気付いた市立病院の看護師さんが、

「心身医療課に専門医がいますから、受診してみてはどうですか」

とアドバイスしてくれて、その場で受診が可能になり(奇跡)

専門医から市役所に意見書を提出してもらえるという運びとなりました。


二か月後、要介護2で認定。

それに合わせて介護士さんの訪問日数を増やせました。


つまり、この例では、『専門医の意見書が効いた』ということです。

街のお医者さま、かかりつけ主治医の先生の意見書が劣るということではありません。

たぶん、審査のシステムが「専門医の診察を受けている」ことをデータ上で重視するようにプログラムされているんだと思う。

審査員の問題ではないんじゃないかな。と推測ですけれども。



それやこれやで、その時期わたしはほぼ半年のあいだに父母含めて四回の介護申請をしましたよー。

ひーはー。

いざ行けーカイゴリアーン♪

ザ・区分変更・フラッーシュ!


長文書くと吹き飛ぶ現象がここでも起きる…

やはり他で(メモとかで?)書いてコピペが確実かな。

今朝から書いてた文章、投稿したら20行くらいしか表示されず。

もう一度書き直して投稿して、まただめ。

困ったね〜

とにかく書類。なんにでもサイン。


介護申請から介護実施まで、何をするにしても書類がついてまわります。

介護を受ける本人が、自筆で書類にサインできない状態であれば、家族が書くわけです。

大変な枚数で、中にはよく読んで注意しないといけないものもあります。

施設入居時の一時金が高額だったりする場合

入居者本人だけでなく、家族のほうも実印と印鑑証明が必要になることも。

記入間違いがあるとあとで何かと困ることになるので、慎重に。


とりあえず、以下の情報は用意して、いつでも参照できるようにすると便利。


高齢者さんの

氏名

生年月日(年号と西暦)

住所

本籍

電話番号

介護保険証コピー

健康保険証コピー

各医院の診察券コピー

障害者手帳(該当者さんのみ

かかりつけ医の名前、住所、電話番号

全処方箋

既往症・病歴・入院歴一覧表

家族全員の氏名・連絡先

利用している介護施設・内容


あと、提出用ではなく各一通でいいので

住民票世帯全部の記載

戸籍謄本全部記載

所得証明

あたりを常時持っていると、何かと役に立ちます。


高齢者さん自身の預貯金を介護費用にする場合は

銀行名・通帳・印鑑

こちらは必ず必要になります。


A4サイズ程度のカレンダー(記入欄のあるもの)

→とにかくなんでも記入する。

地図

→介護施設、病院、介護用品の買い出し、施設備品の買い出しなどなどに走り回らなければならないことがあります。

買い回りや病院の梯子は事前の計画が大事。

計画をたてるときはナビより地図。


*出納帳

親子間・家族間で金銭に関してオープンで

かつ、信頼関係があれば、

さほど気にしなくていいのかもしれないけれど。

認知症の状態のひとつ、『お金に関して強い警戒心を持つ』。

介護は必要ないと考えている高齢者さんですと、介護費用を払うことに抵抗感があったりも。

申請から認定のあいだの暫定時の介護費用も、明細があれば請求できます。

自己負担額意外は支給されるので、領収書、施設利用記録等は保存しましょう。

介護に関して、誰が何にいくら出費したか、なるべくきちんと明細をつけたほうがベター。

面倒だなーと思っても、記録しましょうねー。



介護申請について。


申請は市役所、町役場等の介護課へ。


手続きは簡単。書類数枚に必要事項書き込む程度。

自治体によって提示する書類、提出する書類が違うかもしれないから(このさき、変わる可能性もあるので)、何が必要か事前に調べましょう。

高齢者さんが被保険者証をどこかにしまい込んでしまってわからない、手元に見あたらないっていうような場合でも、理由を説明すれば大丈夫です。


申請したその日から認定前の『暫定』というものが出ることがあります。

暫定が出ると、介護度がわからなくてもとりあえず介護制度を使えます。


ただし、あとで暫定と違う介護度になったり(あるいは認定されなかったり)した場合、介護費用は自己負担になることもあるので注意が必要。


あと、わたしの体験したところでは

『申請する時点で、入院等の予定がある』

というようなことを自己申告すると、申請そのものを受け付けてもらえない。


これは理由があって、

介護申請をすると、そのあとで役所から「聞き取り調査員」が来ます。

本人や家族の希望を聞いたり、状態を調べたりします。

入院すると高齢者の認知症が急激に進むことがあるので、入院前の聞き取り調査結果が、実情に合わなくなる可能性がある。

たぶん、申請〜医師の意見書提出〜聞き取り調査〜介護度の審査会という一連のスケジュールに、介護申請者の入院という事態が想定されてないんだと思う。



ただ、すでに介護度の認定を受けていた母の、

「介護度の見直し・更新」のとき、

たまたま母が市内の病院に入院していた…

このケースでは、聞き取り調査員が病院まで来てくれました。


介護度変更手続きや更新手続き時、遠隔地の病院に入院中だったらどうなるのかは試したことがないのでわかりません。

たぶんだめなんだろうなという気がする。

入院しているあいだに介護度の有効期間が過ぎて、認定が失効した場合は、

申請→暫定→医師の意見書→聞き取り→(審査会)→認定→介護計画→介護実施

→半年後の介護度の見直し更新→申請→暫定→医師の意見書→聞き取り→(審査会)→認定→介護計画→介護実施

これを繰り返すことになります。


介護をしながら、入退院の世話をしながら、多重介護で申請ダブルみたいなことになると、辛抱強いひとでも

「いいかげんにしてくれ!! キー!」ってなるから、気をつけてね。


このあたり、実際に聞き取り調査しているひとから、お知恵がもらえると有り難いけど…そういう立場のかたがここを見ているとも思えないし……。

それぞれの要介護・要支援のひとの状態に添って、申請の計画をたてることをお勧めします。


申請が済むと介護度が確定します。

それに添って介護計画を立てるという段階に進みます。

そのへんのことはまた次回に。


申請のとき、あるいは申請を迷うときでも、地域包括支援センターが助けてくれることもあるので、相談してみるといいかな。

わたしの両親の申請のとき、地域包括の職員さんが本当に親身になってくださって、助かりました。


40年くらい前に(もっと前か)とあるSF小説を読んだ。
作品はその時点ですでに古典的なSFと言われていた名作だったように思う。


その小説は「タイムリープで過去に行った」のだったか、もしかしたら「異次元に移動した」だったかもしれない、たしかそのような設定だった(記憶が曖昧)。


主人公は家族持ちの男性。

今まで暮らしてきた世界とは違うところで生活を始めるにあたり、彼は、

「この世界で暮らしていくために必要なものは何か」と考える。


その中に、「妻の生理用品をなんとかして調達しないといけない」

というふうに考える箇所があった。

「おお」とわたしは思った。

何故そう思ったのかよくわからないのだが(笑


作者もタイトルも主人公の名前も覚えていない。

その一行がずっと心に残っている。


イヤそれだけの話。


アイコンのモデルさん。あらら、見ると色柄がずいぶん違うな〜
ま、いっか〜〜てきとーなわたしであることよ。

舌って不思議。という話。


家族のうち、半分以上が香辛料アレルギー持ちなんですよ。

微量でも、唇周りが真っ赤に腫れてしまったり。


なので、家庭料理もコショウと唐辛子とショウガを使えないんです。

カレーはこの20年ほど作ったことも食べたこともない。
外食もほとんどできませぬ。
かろうじて和食はいけます。

なんでだろう、わさびは大丈夫。助かった…。

買い食のとき原材料名をしっかり見ます。

香辛料と香辛料抽出物の記載のないものを選ぶんです。
危ないのか大丈夫なのか判断に迷う食材の場合、 買ってみて、私が食べてみて、辛さ判定。
大丈夫なものだけ食卓へという流れ。

辛味センサーみたいなわたしなのだった。


でも、たまに「香辛料」の記載がなくても、

「ん? 辛くないか? もしかして入ってる?」

と思うときがあって。

一度だけ、メーカーさんのお客様相談窓口に尋ねてみたことがありました。


「辛みを感じるんですが…書かれてはないんですが…気のせいかもしれません、でもそちら様のパスタソースのシリーズが好きなので、できればこれからも食べたいので、でもアノソノわたくしどもじつは香辛料にちょっとアレルギーありまして、すいません調べていただけますか」

クレーマーにならないようにと祈りつつ、へどもどとお尋ねしまして。


そうしたら、調べてくれました。

一時間後、電話をいただき、

「原材料の『調味料他』で、数種類のトマトソースをブレンドして使用しています。そのソースのひとつの原材料に、0.03パーセント・チリソースという表示が(外国語らしい)見えます。ご指摘のとおり香辛料入りでした」

材料の一部、調味料他の中の、10000分の3。


人間の味覚って……

人間の舌って……

すんげー。


と思いましたとさ。めでたし。


両思い的な片思いですね。やったぜ。ババアの百合展開。誰徳かというとそれは「好きだなあ」をそのまま伝えられる私徳です。伝えないとねー好意。ありがとうございます。このあと私が至らなくても、私のことを少しは好きでいてくださいね。

プロフィール

小説とエッセーを書き、イラストとマンガを描き、写真を撮ってみたり、曲を作ってみたり。
アニメを創りたい。夢。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ