日々ログ

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
共幻社座談会・えっちぃのは世界を救う、かもしれないけれど楽しいのは確か
・濃かったですね!


【トークノベル作家になろう!】第2回「エッチと下ネタの上手な使いかた」


 普段なかなか聞けないお話が盛りだくさん。そのボリューム……なんと10万字! うひぃー!


 R18界隈で駆使されているテクニックや、そこのみに留まらない小説の企画書についても言及があったりと、作家さんと編集者さんが入り乱れての(乱れての!)、質量ともにすさまじい座談会でした。えっちぃ作品に興味がないかたでも、(嫌悪感がないのであれば)ぜひ読んで頂きたい内容でした。


 ちなみに次回は、作家の『契約関係』にまつわる談義になるそうで、ゲストは弁護士さんとのこと。これも興味のあるクリエイターさんは多くいそうですね。


・自分では、ライトノベル的な官能描写の練習がしたくて、別名でR18小説を書いていました。ほとばしるリビドーを指先に乗せてキーボードを叩きつつも、きちんと情景が伝わるようにと脳みそはクールにしなければならなくて、かなりしんどくもありましたが……それはそれで、とってもきもちよかったです。ある意味バトルシーン。心情描写が伴うバトル……だからこそ、官能描写を練習すれば、バトルシーンにも逆輸入(逆か?)できそうでもあります。


・トークメーカーでは、


ラブホの女王とビッチちゃん


 を載せています。タイトルからしてアレですけど、こちらはエッチさそのものが売りではなく、完全にコメディ重視。『ラブホ×女子トーク』。ツッコミ専門の女の子と、ツッコまれるのに忙しい女の子の会話劇。笑えるか笑えないかは貴方次第。


 もとはカクヨムの企画に寄せた作品〔外部リンク〕で、完全テキストオンリー、地の文ゼロの会話劇でしたが、「ん、会話劇?……じゃあトークメーカーのほうがいいんじゃね?」となって転載した代物で、トークメーカーで執筆する楽しさを実感した作品でもあります。


 とはいえテキストオンリーも別の味があるよなぁ、とか思いつつ。あちらでのキャッチコピーは、『ケダモノはいても犯人はいない』。ラブホはとっても平和な世界。

つどえ!「汚いトキワ荘」!

・なんと!TM版ダンゲロスSSが新人賞に!


共幻社×トークメーカー ダンゲロスSSトークノベル大賞


 参加するだけで書籍化審査してもらえる……。要項には「お声がけ」とあるので、書籍化はNGという方でも引きつづき問題なく参加できるはず。時間制限下での、しかもキャラが縛られた中での執筆バトルはいい訓練にもなります。


 もっと気楽に、トークメーカー内で仲間が欲しい、もっと交流したい、というユーザーさんにもオススメ。皆さん優しく迎えてくださいます。さあ、「汚いトキワ荘」へと集まろう!


 エントリーや、現行のルール確認はこちらから



・そして、これを機にダンゲロスSSへの参加を考えている人には滝口先生の『攻略本』がオススメです。何を準備したらいいか、どう戦えばいいか、そして勝つには…すべてが詰まっています!あと普通におもしろい。


勝ち抜け! 執筆闘技・ダンゲロスSS!


 この作品も書籍化されたっていいクオリティ。大丈夫。TMの攻略本だよ。



・せっかくなので自分の参加回もアッピィーール。バックナンバーも審査対象になるのかは分かりませんがね。


【8/11】ダンゲロスSS(32) 岡田拓也VS米洗ミノル


【5/20】ダンゲロスSS(16) 米洗ミノルvs東山ききん☆



・一方で架神先生のコメントにもある通り、ダンゲロスSSの本質はゲーム。しかも毎回の勝敗はユーザー同士の採点で決まるもの。


 ストーリーの執筆にあたっては、「ぜったいに勝ってやる!相手のキャラを■■にしてやるぜーッ!」なんて熱くたぎってはいますが、ゲームの運営はあくまで有志同士によるものなので、ギスギスせずに楽しく盛り上がるのが吉なのです。


 新人賞の要項にも「優れた作品にお声がけをいたします」とあるように、おそらくは執筆バトルにおける勝敗自体は審査結果を決定づけるものではないと捉えていいと思うので(ですよね?)、「楽しく気軽にバチバチ戦えるダンゲロスSS」であり続けて欲しいなと願うのでした。

・今日は1日フリーでした。ので、いつも通り5時すぎに起きて午前中は原稿書いて、その勢いでイブヤバ!にも参加しちゃいました。僕の書いたパートはこちら→【フェン02】米洗ミノル


・お祭はやっぱり楽しい。次は寝る犬さん&東雲さんのカクヨムでの企画にも寄稿したい……間に合うかな?


・んで、午後からはサーフィン。

 東向きのポイントでは夕暮れどき、水平線からのぼる白い月に向かって漕ぎだし、山際に沈む太陽に向かって波に乗る形になります。うす紫の海面がゆらめいてそれは幻想的な風景が広がるのです――が、それはそれとして。波が良いとひたすら有酸素運動と無酸素運動をくりかえすので息は切れるは鼻水は出るわ、アドレナリンはドバドバだわで、そんなスピリチュアルな雰囲気に浸れるような状態ではないのです。脳内ではメロウなウクレレではなくて戦闘用BGMが流れます。ボス戦です。あとは運動をしていると書きたいことが増えるので、明日は朝にでも走ろうと思います。がんばって起きろ。

なるほど、原稿としてのPDF化ですね。それは便利かも!
あー……さすがに本文はまだやってないですね。


書き下ろしとかあとがきとかで、トーク形式の文章を公開せずに送りたくて使いました。

>しゃりおっとさん

情報ありがとうございます!

確かにクロームだとPDF書き出しができますね。

トークメーカーの作品を1話ごとバックアップするならこの方法が一番ラクかも!

……しかし、『ミレちゃん』のように話数が多いと大変そうですね(笑)

>バックアップ


結構前の話ですが、必要になって調べていたら見つけたのでひとつ


クロームだとpdfでwebページをそのまま保存できました。

印刷→pdfに保存


……知ってる人は普通に知っていそうですが(汗)

先週のダイジェスト

・汁粉うめぇ

・かさぶた剥げる

・筋肉痛が翌日にきた!

・ 朝から1時間半で4000字、なろうで『風使い』を更新。時間制限があると速度は上がりますわね!でーかーけーるーぞー!
・ 久しぶりの日記。今日は1日フリーだったので家にこもって創作創作、ときどきSNS、昼寝に読書。わーお、インドアだね。


・ しかし【キタノステラpresents】北海道系作家座談会にもお邪魔させて頂いて、北海道に想いを馳せたりもしたのです。ああ、夏の北海道……行きたい。


・ 創作のほうは設定案を数時間ほど、息抜きに小説を2000字。あとはトークメーカーでクリスマスイブから開催予定の『聖書 × トークメーカー4コママンガ大賞』。4コマ! 大好き! なので、応募したいです。ネタも浮かんだので書き殴ってメモ。アイコンはきゃらふとかなぁ。

ありがとうございます。

今欲しい情報だったのでとても参考になりました。


>バックアップ

私の場合はプロットとは別に原文データがあり、それをトークメーカーに貼り付けているのですが、その過程で誤字や気に入らない表現を修正した場合、原文にはそれが反映されておらず放置してますね。

本当は両方修正しながらの方がいいんだろうけど、どうせ別フォーマットに移植する過程でまた微調整したくなると思うので……。

ああ、すみません!


>エピソード

これはトーク形式も同じ箇所までです。なので、小説形式にトーク用の修正を加えて、アイコンなども追加される、という感じですね。


>バックアップ

僕の場合、トーク作品だとそのまま書き込んでしまいます……。


以前は『下書き→トークメーカーにアップ』でやっていたんですけれど、アイコンを選びながら書いたほうがそのキャラっぽいセリフになるのと、あとは単純にコピペの時間を余分に感じ始めて、直接書き込むようになっちゃいました。なまけ癖。


トークメーカーの形式って、小説を書いているというより漫画の吹き出しにセリフを乗っける、みたいな感覚がして、それが楽しくもあるのでついつい。


とはいえ、それはそれとして、どこかのタイミングで、なんらかの方法で保存しておいたほうがいいのかもですね。

こんにちは。現状で僕はほぼ余所からの転載なので、最初にテキストありきです。

で、それをコピペしてるわけですが……


現状でTMにバックアップ機能やDL機能が存在しない以上、テキストで作成しておくのが安全だとは思います。

あとはアイコンの使用状況を保存するためにスクショを取るとかかな。再現は手作業になっちゃいますけどね。

書き方が悪かったですね。すいません。

トーク形式の1巻に収録されるエピソードも小説形式と同じところ(第一部の終わり)までなのでしょうか?

そのようなメディアミックス展開を見たことないのでちょっと気になりました。


オリジナル原稿を用意しておくと便利ですよね。

いろんな形式に変換したり掲載場所変えたりする時作業が減るので。

私もそうするようになりました。

「小説形式→トークノベル形式」のほうが、「トークメーカー版→トークノベル形式」よりは比較的簡単ですが、これは単にコピペの作業量の差でしかないので、もとの原稿さえ出来ていればどちらでもそんなに苦労はないと思いますよ!
お忙しいところすいません。

参考になりました!


ちなみにそれは小説形式の場合、と考えてよろしいですか?

ああ、気づくのが遅れてすみません!


拙作の場合は、第40話、第1部の終わりまでです。


ここにエピソードを加えたりしながら進めているところです。


…で。小説形式からトークノベル形式への作業は、ぜひやってみたい、とワガママを言わせてもらったのと、実際はアイコン指定などをササっと出来る人ならばそんなに手間の掛からない作業だと思うので、もしこれから取り組むという方はあまり負担に感じなくていいかと思います。


勇者アプリのほうも何やら動かれているのですね…楽しみです!

同時展開……

しかもまだ終わってないので、これからもそれを前提に作っていくんですね……


トーク形式の出版作業がどの程度進んでるのか分かりませんが、分量的に今公開中のところまでを一冊にまとめるわけではないですよね?

もし差し支えなければ、トーク形式で第一巻に収録される予定のエピソードがどの辺までなのかお伺いしてよろしいですか?

だいたいで構いません。

>両方出版


あらまー((((;゚Д゚)))

それは大仕事……


ふきだしのあるなしで、表現そのものが変わってくるので、調整大変ですよね-。

・ 小説は書きつつも、合間合間にキリスト教関連の本などは引きつづき読んでおります。で、ある程度の予備知識を持って世界史の教科書を開くと……うおお、こんなに面白かったの!? って感じになります。あんなに嫌いだったのに……!


 さすがに自前の教科書はもう手元にないので、通販で買った中古の教科書。とはいえ2016年版なのでカラフルで、写真や地図を眺めながらホクホク。


 重要な点だけを抜き出したダイジェスト版、にしても、その背後の細かなエピソードを知ってから読むと、「そうそう、あのときコイツ、こんなことしたんだよね!」的な感じで興奮して読める。読める、読めるぞ……!! 今なら世界史のテストで点が取れそうだよティーチャー。

プロフィール

(こめあらい・みのる)コメディを執筆する宿命を背負った悲しき機械人形。燃料は大好物のフランスパン。

...

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ