思いがけない冒険 感想

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
 指輪物語を見ようかなあと話していたら、友人から「ホビットがアマゾンプライムで無料だからとりあえず見れば?面白いよ!」と言われたので見てみたよ。

 正直あまり面白くなかったので、今後その友人の映画評は信じないようにしようかなと思います。
 下から書いてある感想もネタバレ有りだし割とボロクソに言ってるので苦手な人は注意してほしい。
 簡単にあらすじを言うと、大昔ドワーフの王国がとんでもねえクソ悪党ドラゴンに襲われて崩壊。

 ドワーフの奴らは命からがら逃げ出して王国を取り戻す機会を伺い、遂にその時がやってきた!

 さあデカトカゲドラゴンをぶっ殺して祖先の復讐をするぜ~!と意気込んで旅にかかったものの、ドワーフは腕っ節は立つけど頭の悪いおとぼけ脳筋種族。

 このままではドラゴンのもとに辿り着く前に全滅してしまうだろう。

 そこで人間の魔術師ガンダルフ君は「ホビットの奴ら、小さいし器用だし勇気も有るし、斥候に最適じゃね?」と言って若きホビットのビルボ・バギンズを旅の仲間に加えようと決める。というお話。
 とまあ別に仲間に加えるのはいいんだけど、このガンダルフの野郎がマジでクソ野郎で、なんの連絡もよこさずいきなりビルボの家に尋ねてきたと思いきや、
「わしわし!え~?覚えてないの?わしだよ~!?ほら花火打ち上げてたじゃ~ん!旅行こうよ旅~!一緒に~!」
 と詐欺集団も真っ青な凄まじく雑な勧誘でビルボを連れ出そうとする。
 ビルボが嫌がっても、
「いやお前のためにもなるから!お父さんに恥ずかしくないの!?一緒にいくぞ~楽しみ~!」
 と勝手に決めつけて、それでも嫌だと断るとブチ切れて玄関に魔法の文字を残してドワーフ達を勝手に家に招いてくる有様。
 現代だったら不法侵入と器物損壊、騒音被害で間違いなくしょっぴかれてる場面だ。
 最悪なのがその後。ガンダルフが招いたせいでビルボの家の中にガンガンドワーフ達が足を踏み入れてくるんだけど、こいつらも話を聞かない。
「ヒャ~ッヒャッヒャッヒャ~!飯はどこだ~!飯飯!飯を寄越せ~!」
と、ビルボの夕食を勝手に食い、食料庫に足を踏み入れてワインやチーズ、保存食を片っ端から食い荒らしていく。この食いっぷりがまた凄まじく、お前ら食ってばかりかよ……と思わず突っ込みたくなるほどだ。
結局やってきたドワーフは15人。驚くことに誰ひとりとしてビルボの話を全く聞かない。ほとんど野盗。
 食べ終わったあとの片付けで愉快に歌い、騒ぎ、一応綺麗に部屋を形付けてくれたドワーフ達を見て
「ね?こいつらも実はいい奴らだろ?」
みたいな顔でガンダルフが微笑んでくるんだけど、見てるこっちからしてもビルボからしてもドワーフはファック野郎どもにしか思えない。
 この時点で好感度最悪なのに、遅れてやってきたドワーフの王様トーリンは
「おまえ忍びっていうか八百屋ー!マジ役立たず~!こんなやついらね~!」
 といきなり全開の罵倒を浴びせてくる。
 いやお前らの旅に付いていくなんてこっちから願い下げだわ……

 絶対ビルボもそう思っていたはずだ。俺もそう思う。実際、その日の晩はビルボもついていかないと頑なに主張していた。
 なのに、なぜかビルボはドワーフ達の後を追って旅に同行することを決める。

 理由はもうおわかりだろう。彼が着いていかなければ、映画がこの場面で終わってしまうからだ。

 こいつに人の心はない……ビルボ!この物語の操り人形めが!と思い出すのはこの辺りからである。

プロフィール

ダンゲロスプレイヤーの一人。
映画の感想などをつぶやいていきます。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ