思いがけない冒険 感想

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る
恐らくこのエルフの王はイヤミを言ってくるポジションの人だと思うのだが、それが正論に聴こえてくるくらい、とにかくドワーフ達が役に立たないのだ。
と忠告するのも頷ける。俺でも同じことを言う。
「いや絶対無理だから止めろよ……ガンダルフも馬鹿言ってないでこいつら止めろよ……死ぬぞこいつら……マジで……」
 途中で出てきたエルフの王子が
 このように、お前らそれでどうやってドラゴン殺すつもりだったの!?トカゲか何かと勘違いしてない!?と突っ込みたくなる位、ドワーフ達は弱い。
 王であるトーリンはかつて戦争でオークの親玉アゾグに勝った!と言っていたが、その後の一騎打ちでは一太刀も浴びせられるボロボロに負ける。
 オークと出会った時にも逃げるだけで全然反撃できないし、谷でゴブリンの群れに出くわしたときも為す術なく連れて行かれて死にかける。
 だが実際にはたった三匹のトロルに十五人のドワーフは手間取り、結局ビルボを人質に取られて負ける。荘厳な音楽が流れ、完全に勝利ムードに入っていたのにも関わらず負ける。

 あわや全滅化思われたその時、別行動していたガンダルフが駆けつけ九死に一生を得るのだが……

 このようなシーンがこのあと何度も続く。
 途中、トロルに盗まれた馬をビルボが取り返しにいくシーンが有る。ビルボは失敗して危うく食われそうになるのだが、そこにドワーフ達が駆けつけてくる。

 ビルボは彼らの強さに感心し、ドワーフたちも馬を取り返そうとした勇気を認める。不仲解消!お互い持ち味を認めあってウィン・ウィンだ!

……と、誰もがこのシーンを見た時には思うだろう。
 とビルボ君を貧弱だなんだのと罵っていた割に、戦いになったら一瞬でやられる。

 いや、正しくはしばらく粘るのだが、タフネスが高いだけでロクに相手を倒せる気配がない。
「細腕~!」「ホビットじゃあ一晩も持たねぇ~!」「この役立たずが!すっこんでな!」
 そしてさらに困ったことに、このドワーフ共、頭が悪く短気な上に、なんと自慢であったはずの戦いにおいても全くと言っていいほど役にたたない。
 なのに、なぜかビルボはドワーフ達の後を追って旅に同行することを決める。

 理由はもうおわかりだろう。彼が着いていかなければ、映画がこの場面で終わってしまうからだ。

 こいつに人の心はない……ビルボ!この物語の操り人形めが!と思い出すのはこの辺りからである。
 といきなり全開の罵倒を浴びせてくる。
 いやお前らの旅に付いていくなんてこっちから願い下げだわ……

 絶対ビルボもそう思っていたはずだ。俺もそう思う。実際、その日の晩はビルボもついていかないと頑なに主張していた。
「おまえ忍びっていうか八百屋ー!マジ役立たず~!こんなやついらね~!」
 この時点で好感度最悪なのに、遅れてやってきたドワーフの王様トーリンは
みたいな顔でガンダルフが微笑んでくるんだけど、見てるこっちからしてもビルボからしてもドワーフはファック野郎どもにしか思えない。
「ね?こいつらも実はいい奴らだろ?」
 食べ終わったあとの片付けで愉快に歌い、騒ぎ、一応綺麗に部屋を形付けてくれたドワーフ達を見て
結局やってきたドワーフは15人。驚くことに誰ひとりとしてビルボの話を全く聞かない。ほとんど野盗。

プロフィール

ダンゲロスプレイヤーの一人。
映画の感想などをつぶやいていきます。

  • ツイート
  • ツイート
  • シェア
  • LINEで送る

更新中のテーマ

完成テーマ

完成テーマはありません

トークメーカー

アーカイブ

ページトップへ